スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月03日

運転免許の履歴書への書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで

タウンワークマガジン 運転免許の履歴書への書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで
アルバイトやパートに応募する際に必要な履歴書。自動車の運転免許を持っている人は、履歴書の資格欄に運転免許の種類を記載する人が多いでしょう。特にタクシー会社や運送会社のドライバーのバイトに応募する際は、運転免許の正式名称を書き込むことが大切です。
では、どのように書くのが正しいのでしょうか。
今回は運転免許の種類と履歴書への書き方についてご紹介します。

【目次】
1. 運転免許の14種類
2. 履歴書の資格欄に記載する運転免許の正式名称
3. 複数の運転免許を持っているときの書き方
4. 2017年3月、準中型自動車免許が登場!
5. 履歴書には正式名称で記載する

運転免許の14種類

タウンワークマガジン 運転免許の履歴書への書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで

このカードは本物ではありません


運転免許には、一般的な目的で自動車を運転する「第一種運転免許」9種類と、タクシーやバスなどのように営業目的で客を運送するのに必要な「第二種運転免許」5種類の計14種類があります。免許の種類は次の通りです。

●第一種運転免許
①普通免許
②大型免許
③中型免許
④大型特殊免許
⑤大型二輪免許
⑥普通二輪免許
⑦小型特殊免許
⑧原付免許
⑨牽引免許
●第二種運転免許
⑩普通第二種免許
⑪中型第二種免許
⑫大型第二種免許
⑬大型特殊第二種免許
⑭牽引第二種免許

第二種免許を取ると、同じカテゴリーの第一種免許も取得したのと同じ扱いとなり、第一種の自動車も運転できます。また、普通免許があれば、小型特殊自動車と原付自転車の運転が可能です。このように、上位免許は下位免許の範囲を含む点が特徴です。

履歴書の資格欄に記載する運転免許の正式名称

タウンワークマガジン 運転免許の履歴書への書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで
14種類ある免許について、履歴書の資格欄に記載する正式名称と、それぞれの免許で運転できる自動車の種類を説明します。

①普通免許

・正式名称:普通自動車第一種運転免許
車両の総重量が5トン未満で、最大積載量は3トン未満、乗車定員が10人以下の条件を満たす自動車を運転できます。最も一般的な免許で、軽自動車やミニバンも含まれます。

・履歴書への書き方
平成○年○月 普通自動車第一種運転免許 取得
「普通自動車免許」「普通自動車運転免許」でも可。

・AT限定免許の場合
応募先の会社からマニュアル免許所持の有無を求められていない場合は、AT限定であることを省略できます。
AT限定免許であることを記載する場合は、「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」、または「普通自動車運転免許(AT限定)」と表記します。

・運転できる自動車等
普通自動車、小型特殊自動車、原付自転車

②大型免許

・正式名称:大型自動車第一種運転免許
車両総重量が11トン以上、最大積載量は6.5トン以上、乗車定員が30人以上の自動車を運転できます。例えば、大型バスやダンプカーが該当します。

・履歴書への書き方
平成○年○月 大型自動車第一種運転免許 取得
「大型自動車運転免許」でも可。

・運転できる自動車等
大型自動車、中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原付自転車

③中型免許

・正式名称:中型自動車第一種運転免許
車両総重量が5トン以上11トン未満、最大積載量は3トン以上6.5トン未満、乗車定員が11人以上29人以下の自動車を運転できます。マイクロバスや4tトラックが該当します。

・履歴書への書き方
平成○年○月 中型自動車第一種運転免許 取得
「中型自動車運転免許」でも大丈夫です。

・運転できる自動車等
中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原付自転車

④大型特殊免許

・正式名称:大型特殊自動車免許
ショベルカーやロータリー除雪車など、特別な用途のために使用する特殊な形状をした車を運転するための免許です。

・履歴書への書き方
平成○年○月 大型特殊自動車免許 取得

・運転できる自動車等
大型特殊自動車、小型特殊自動車、原付自転車

⑤大型二輪免許

・正式名称:大型自動二輪車免許
「ナナハン」と呼ばれる750ccをはじめ、1000ccを超える「リッターマシン」など、総排気量が400ccを超えるバイクを運転できます。また、ビッグスクーターを運転できるAT限定免許も人気です。

・履歴書への書き方
平成○年○月 大型自動二輪車免許 取得

・AT限定免許の場合の書き方
平成○年○月 大型自動二輪車免許(AT限定) 取得

・運転できる自動車等
大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原付自転車

⑥普通二輪免許

・正式名称:普通自動二輪車免許
総排気量90ccや125ccの小型バイク、250ccや400ccの中型バイクなど、総排気量が50cc超、400cc以下のバイクを運転できます。ほかにAT限定免許、小型二輪限定免許、AT小型限定免許があります。

・履歴書への書き方
平成○年○月 普通自動二輪車免許 取得

・AT限定免許の場合
平成○年○月 普通自動二輪車免許(AT限定) 取得

・小型二輪限定免許の場合
平成○年○月 普通自動二輪車免許(小型二輪限定) 取得

・AT小型限定免許の場合
平成○年○月 普通自動二輪車免許(小型二輪・AT限定) 取得

・運転できる自動車等
普通自動二輪車、小型特殊自動車、原付自転車

⑦小型特殊免許

・正式名称:小型特殊自動車免許
トラクターやコンバインなどキャタピラのある特殊な構造の自動車で、長さ4.7m以下、幅 1.7m以下、高さ2m以下、最高時速15kmの車両を運転するための免許です。

・履歴書への書き方
平成○年○月 小型特殊自動車免許 取得

・運転できる自動車等
小型特殊自動車

⑧原付免許

・正式名称:原動機付自転車免許
16歳以上で取得可能というのが特徴で、最も手軽なバイクです。

・履歴書への書き方
平成○年○月 原動機付自転車免許 取得

・運転できる自動車等
原付自転車

⑨牽引(けんいん)免許

・正式名称:牽引自動車第一種運転免許
750kgを超える車を連結して目的地まで牽引する車を運転するための免許です。

・履歴書への書き方
平成○年○月 牽引自動車第一種運転免許 取得
「牽引免許」でも大丈夫です。

・運転できる自動車等
牽引自動車

⑩普通第二種免許

・正式名称:普通自動車第二種運転免許
タクシーやハイヤーなどの旅客自動車や運転代行をする場合に必要な免許です。21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。

・履歴書への書き方
平成○年○月 普通自動車第二種運転免許 取得

・AT限定の場合
平成○年○月 普通自動車第二種運転免許(AT限定) 取得
ただし、マニュアル免許を求められていない場合は「AT限定」の表記を省略できます。

・運転できる自動車等
普通自動車第二種、普通自動車第一種、小型特殊自動車、原付自転車

⑪中型第二種免許

・正式名称:中型自動車第二種運転免許
11人から29人以下の旅客自動車を運転するために必要な免許です。21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。

・履歴書への書き方
平成○年○月 中型自動車第二種運転免許 取得

・運転できる自動車等
中型自動車第二種、中型自動車第一種、普通自動車第二種、普通自動車第一種、小型特殊自動車、原付自転車

⑫大型第二種免許

・正式名称:大型自動車第二種運転免許
観光バスや路線バスなど、乗車定員が30人以上の営業用自動車を運転するために必要な免許です。21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。

・履歴書への書き方
平成○年○月 大型自動車第二種運転免許 取得

・運転できる自動車等
大型自動車第二種、大型自動車第一種、中型自動車第二種、中型自動車第一種、普通自動車第二種、普通自動車第一種、小型特殊自動車、原付自転車

⑬大型特殊第二種免許

・正式名称:大型特殊自動車第二種免許
旅客雪上車(雪上タクシー)など特別な目的のために使用する自動車を営業目的で運転するために必要な免許です。ただし、旅客雪上車は現在ほとんど走っていません。

・履歴書への書き方
平成○○年○月 大型特殊自動車第二種免許 取得

・運転できる自動車等
大型特殊自動車、小型特殊自動車、原付自転車

⑭牽引第二種免許

・正式名称:牽引自動車第二種運転免許
運転席と客席が分かれたトレーラーバスなどを牽引するときに必要な免許です。ただし、牽引自動車第二種は現在ほとんど走っていません。

・履歴書への書き方
平成○年○月 牽引自動車第二種運転免許 取得

・運転できる自動車等
牽引自動車第二種、牽引自動車第一種

複数の運転免許を持っているときの書き方

タウンワークマガジン 運転免許の履歴書への書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで
自動車とバイク、大型と普通など、複数の運転免許を持っている人も多いでしょう。その場合は、取得した時期が古いものから順次、なるべくすべて書きましょう。

平成25年3月 普通自動車第一種運転免許 取得
平成27年5月 普通自動車第二種運転免許 取得

ただし、運転免許以外にも多数の免許や資格を所持していて、履歴書に書ききれない場合は、仕事内容に関連しそうなもの以外、省略しても構いません。例えば、普通免許と普通第二種免許を持っている場合は、普通第二種免許だけで大丈夫です。

2017年3月、準中型自動車免許が登場!

タウンワークマガジン 運転免許の履歴書への書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで
2017年3月12日に道路交通法が改正され、新たに「準中型自動車免許」が設けられます。免許区分の新設は約10年ぶり。準中型自動車免許について解説します。

準中型自動車免許とは?

準中型自動車の乗車定員は10人以下で普通自動車と同じですが、車両総重量は7.5トン未満、最大積載量は4.5トン未満となっています。

準中型自動車免許が登場した背景には、これまでトラック協会が抱えてきたドライバー不足などの問題があります。
これまでは普通免許でも5トン未満の小型トラック(貨物自動車)は運転可能でしたが、コンビニ配送や宅配便の集配などで使われる小型トラックは保冷設備などを加えると総重量が5トンを超えるケースが多く、運転には中型免許が必要でした。
しかし、中型免許の受験資格は普通自動車の運転経験2年以上、つまり20歳以上にならないと得られず、ドライバー不足にあえぐトラック業界にとっては痛手でした。

これに対し、準中型免許の受験資格は18歳以上です。準中型免許の登場で2年の待機期間がなくなり、18歳の運転初心者でも小型トラックの運転が可能となります。

一方、準中型免許の登場で、普通自動車の免許の範囲が狭まります。
具体的には、これまでの最大積載量が3トン未満から2トン未満、車両総重量は5トン未満から3.5トン未満に変更になります。乗車定員は10人以下のままです。

中型自動車と大型自動車の車両総重量と最大積載量の上限は変わりません。

正式名称は「準中型自動車第一種運転免許」なので、履歴書には「平成29年8月 準中型自動車第一種運転免許 取得」と記載しましょう。

履歴書には正式名称で記載する

運転免許を持っていると、宅配など、できるバイトの幅が広がり、営業サポートや不動産業界など、外回りをするバイトでは有利になることも。
取得した免許の種類を履歴書に書く場合は、正式名称にすることがポイントです。今回の記事を参考に、正しく記載してください。