スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月01日

バイトの履歴書:「学歴・職歴」の書き方【主婦・主夫編】

バイトの面接の際に提出する履歴書。「学歴・職歴」はどんなふうに書いたらいいのか迷うもの。主婦・主夫の方で、前職を辞めてからブランク(空白期間)がある場合についてまとめてみた。

主婦・主夫などブランクがある人の場合

①1行目中央に「学歴」と記入して、小学校卒業から順に書く。
②中学校は卒業年月のみ記入。
③高校以降は入学・卒業年月を記入。
学校名は、「同校卒業」や「〃」の記号を使わないように。また、「高等学校」を「高校」と略さず、「公立・私立」がわかるように、「○○市立△△高等学校」「私立□□高等学校」と、正式な校名で記入する。
④大学、短期大学、専門学校、高校は、学部、学科、専攻名まで書く。在学中の場合は、その旨も記入する。
⑤入学・卒業年は、元号、西暦どちらでもOKだが、年月日の表記がバラバラにならないように注意する。
⑥職歴は、学歴とは1行空けて、中央に「職歴」と記入。
⑦開始・退職年月ともに書くのが一般的。特に職歴がない場合は、中央に「なし」と書く。
⑧前職を辞めてからブランク(空白期間)が長く、気になる場合は、「自己PR」や「志望動欄」欄で前職の担当業務を詳しく書き、仕事への責任感をアピールしてみよう。
履歴書_主婦主夫自己PR活用
⑨最後に「以上」と右端に寄せて書く。

<履歴書>
履歴書_主婦主夫

主婦・主夫など、家事に専念していて、前職からのブランク(空白期間)がある人は、履歴書でその期間に何をしていたのか伝えておくと、面接がスムーズに進みやすいだろう。また、事務系のアルバイトの場合、社会人経験が大きなプラス材料となるので、「職務経歴書」を作るなどして、前職での経験を積極的にアピールしてみよう。