スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月01日

バイトの履歴書:「学歴・職歴」の書き方【主婦・主夫編】

バイトの面接の際に提出する履歴書。「学歴・職歴」はどんなふうに書いたらいいのか迷うもの。主婦・主夫の方で、前職を辞めてからブランク(空白期間)がある場合についてまとめてみた。

主婦・主夫などブランクがある人の場合

①1行目中央に「学歴」と記入して、小学校卒業から順に書く。
②中学校は卒業年月のみ記入。
③高校以降は入学・卒業年月を記入。
学校名は、「同校卒業」や「〃」の記号を使わないように。また、「高等学校」を「高校」と略さず、「公立・私立」がわかるように、「○○市立△△高等学校」「私立□□高等学校」と、正式な校名で記入する。
④大学、短期大学、専門学校、高校は、学部、学科、専攻名まで書く。在学中の場合は、その旨も記入する。
⑤入学・卒業年は、元号、西暦どちらでもOKだが、年月日の表記がバラバラにならないように注意する。
⑥職歴は、学歴とは1行空けて、中央に「職歴」と記入。
⑦開始・退職年月ともに書くのが一般的。特に職歴がない場合は、中央に「なし」と書く。
⑧前職を辞めてからブランク(空白期間)が長く、気になる場合は、「自己PR」や「志望動欄」欄で前職の担当業務を詳しく書き、仕事への責任感をアピールしてみよう。
履歴書_主婦主夫自己PR活用
⑨最後に「以上」と右端に寄せて書く。

<履歴書>
履歴書_主婦主夫

主婦・主夫など、家事に専念していて、前職からのブランク(空白期間)がある人は、履歴書でその期間に何をしていたのか伝えておくと、面接がスムーズに進みやすいだろう。また、事務系のアルバイトの場合、社会人経験が大きなプラス材料となるので、「職務経歴書」を作るなどして、前職での経験を積極的にアピールしてみよう。

 

▼こちらもチェック▼
文豪のように宿にこもってバイトの履歴書を書く文豪のように宿にこもってバイトの履歴書を書く
履歴書は一般的に自宅などで執筆する。ただそこに疑問が浮かぶ。果たしてそれでいいのだろうか。履歴書は文豪で言えば原稿である。小説が読み手の心を揺さぶるように、履歴書もまた読み手(雇用主)の心を掴まなければならないのだ。
朝日新聞ベテラン校閲記者に聞く、誰でも簡単に文章が上達する方法朝日新聞ベテラン校閲記者に聞く、誰でも簡単に文章が上達する方法
アルバイトの履歴書の志望動機など、少し長い文章を書くときに頭を悩ましてしまうことも多いのでは。朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長の前田安正さんに誰でも簡単に書ける文章のコツを教えてもらいました。
東大生の8割は鉛筆を正しく持っている。点数UPにつながる鉛筆の正しい持ち方とは?東大生の8割は鉛筆を正しく持っている。点数UPにつながる鉛筆の正しい持ち方とは?
大量の文字を、長時間効率よく書き続けるために大切な、正しい「持ち方」、「姿勢」、文字を書く時の「リズム・テンポ」の3点について、どうすれば正しく身につくのかを、書写ラボ代表「速書・書写書道教育研究家」の河野玄龍先生に聞いてみました。