スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2020年02月19日

清掃員・掃除の職務経歴書の書き方と見本

清掃 職務経歴書 タウンワーク townwork

清掃員・掃除の仕事とは

清掃・掃除の仕事現場は、ビルやホテル、病院のほか、駅や列車内の清掃、ハウスクリーニングなどさまざまです。時間内に清掃を行うスピードや正確性、人通りのある場所で清掃するケースも多いため、周りへの配慮や気配りも求められます。ここでは、職務経歴書の書き方のポイントと見本(サンプル)をお伝えします。

 

職務経歴書の書き方のコツ

どんな清掃業務を行ってきたか、具体的に書く

前職(現職)で経験した清掃場所および業務内容、取り組んだ期間を具体的に記載しましょう。さらに、その清掃場所・業務に特化したスキルや工夫点をわかりやすくアピールするとよいです。例えば、「人の往来がある場所を清掃する際に、時間帯ごとの人の動きを観察して清掃の順番を工夫した」など。場所に応じて扱う清掃用具も変わるため、清掃用具を適切に扱う知識やスキルもアピールポイントになります。

周囲への配慮へ清掃員同士の連携をアピール

清掃業務には公共の場における業務があるため、周囲の環境への配慮が重要です。人の往来がある場所を清掃する際、担当業務を遂行しながらも周囲に対して配慮したエピソードがあれば記載しましょう。また、ほかの清掃員とペアを組んで行う業務もあるため、ペア相手との連携も大切です。ペアで清掃した経験があれば、どのようなコミュニケーションをとっていたのかをまとめるとよいです。

リーダーシップを発揮した経験があれば記載する

清掃員をマネジメントした経験があれば、マネージャーやチームリーダーとして工夫した点を記載しましょう。「各スタッフの得意分野をふまえて担当場所を割り振った」「スタッフどうしの相性を考慮してペアを組ませた」など、全体を見てリーダーシップを発揮したエピソードをアピールするとよいでしょう。

 

清掃員・掃除で役立つ資格

・ハウスクリーニング技能士
・ビルクリーニング技能士
・日本生活環境支援協会認定 ハウスクリーニングアドバイザー
・日本生活環境支援協会認定 ハウスクリーニングインストラクター

など、清掃場所に特化した資格があるとより専門性をアピールすることができます。それぞれの資格によって清掃分野が異なるため、有資格者であれば資格がどのような業務で役立ったのかを記載するとよいです。

 

清掃員・掃除の職務経歴書の見本(サンプル)

職務経歴書
20XX年X月X日
田雲花子(氏名)

■職務要約
20XX年までビルメンテナンスを行う〇〇〇〇株式会社で清掃業務を7年間経験しました。毎日複数箇所所にて清掃業務に取り組み、来館者の方に迷惑が掛からないよう、すみやかにかつ丁寧に清掃を行っておりました。

■職務経歴
○○○○株式会社 20XX年0X月~20XX年0X月
事業内容:ビルメンテナンス業務
資本金:〇〇〇百万円 売上高:〇〇〇百万円(2017年)従業員数:〇〇〇名 雇用形態: 契約社員

【職務内容】
○○○○株式会社に所属し〇〇ビルで清掃業務を行っておりました。

主な職務内容としては以下の通りです。
・建物内部の床、トイレ、洗面所の清掃
・ビル内各所のごみの収集
・建物外部の環境整備
・窓、サッシなどの清掃

■保有資格
・ビルクリーニング技能士3級(20XX年XX月)
・第一種普通自動車免許(20XX年XX月)

■自己PR
【実践してきたこと】

お客さまの信頼を失わないよう、人目に付かない箇所を一人で清掃している場合もしっかりと丁寧に、かつ時間内に清掃をこなしてきました。清掃用品や資材・清掃用薬品の知識の習得、適切な管理・保管に努めてまいりました。また、清掃場所によってはロビーなど人通りの多い箇所もあり、通行の邪魔にならないよう清掃道具を工夫する、人通りが少ない時間を中心に作業を進めるなど臨機応変に対応してまいりました。ペアや複数の清掃員でチームを組む現場では、スムーズに清掃が進められるよう、事前に役割分担をするなど細かなコミュニケーションを図り、大きなトラブル無く業務を遂行しておりました。

【実績・成果】
ビルクリーニング技能士の3級を取得しており、清掃の段取りや用具の理解に役立っていました。

以上

 

清掃員・掃除から未経験の仕事へ転職したい場合は?

清掃・掃除から未経験の仕事へ転職する場合、職務経歴書の「自己PR」に、転職希望先で役に立ちそうな経験やスキルを書きましょう。そのため、清掃業務を通して身につけた時間管理スキルや計画性・効率性、忍耐力は製造業に転職する場合もアピールポイントになります。効率的に業務を完遂するスキルはもちろん、継続的・計画的に業務を行うために心がけたメンタルケアやモチベーション維持の工夫などがあれば記載するとよいでしょう。

 

まとめ

清掃業務には、時間内で確実に業務を遂行する正確性や効率性のほか、清掃場所に応じた周囲への気配りや清掃員同士の連携や協調性が求められます。場所や業務に特化した清掃スキルや特殊な清掃用具に関する知識に加えて、専門的な知見がある場合は積極的にアピールするとよいでしょう。

 

監修
小宅 美那子
(カウンセラー、転職アドバイザー)
わかばカウンセリングルーム 代表。職場内の対人関係の相談やメンタルヘルスだけでなく、職場内の人間関係の構築や環境に適応するためのスキルなどの相談や、転職を希望する方向けの履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスなども含めカウンセリングを行っている。