スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2020年04月09日

ホテルスタッフ・フロントの職務経歴書の書き方と見本

ホテル フロント 受付 タウンワーク townwork

ホテルスタッフ・フロントの仕事とは

ホテルスタッフ・フロントの仕事は、ホテルの種類や部門により求められるスキルが変わります。例えば、リゾートホテル・シティホテルの場合は、宿泊部門・飲食部門(レストランなど)・宴会部門・婚礼部門など、部門が多岐にわたり、客層にあわせたきめ細やかなホスピタリティが求められることが特徴です。海外からの宿泊客の対応が多いホテルでは、語学力を求められることもあるでしょう。ここでは、職務経歴書の書き方のポイントと見本(サンプル)をお伝えします。

 

職務経歴書の書き方のコツ

ホテルの種類と部門を記載する

リゾートホテル・シティホテル・ビジネスホテルなど、ホテルの種類によってお客さまの層や利用目的も異なります。採用する側は、宿泊部門の経験があるのか、宴会部門の経験があるのかなど、得意部門や経験した部門を気にするケースが多いです。そのため、ホテルの規模と担当していた部門を記載しましょう。部署異動で複数の部門経験がある場合は、それぞれの部門を何年くらい経験したかを記入しておくとよいです。

接客に活かせる語学力は強み

海外からの利用者も多いため、語学力はアピールになります。英語であればTOEICやTOEFLの点数を書いておきましょう。英語を使用した実務経験がある場合は、何年くらい、また会話力がどのくらいあるかなど、わかるように記載するとよいです。中国語・韓国語といった他言語のスキルも企業によっては重宝されますので、英語同様に資格や使用した実務経験をアピールしましょう。

具体的なエピソードでホスピタリティをアピール

ホテル業界全般では「ホスピタリティがあるか」が求められます。ただし、ホスピタリティという言葉は漠然としていて伝わりにくいため、具体的な記述が求められます。例えば、これまでの経験のなかで、お客さまとの対応において何を意識して、どのようなおもてなしをしてきたか、またその際のお客さまの反応はどうであったかなど、具体的な行動を伴うエピソードを記載してアピールするとよいでしょう。

 

ホテルスタッフ・フロントの仕事で役立つ資格

・TOEIC®、TOEFLなどの英語に関する資格、検定
・英語以外の言語の資格、検定(漢語水平考試、韓国語能力試験など)
・ホテルビジネス実務検定試験
・レストランサービス技能士
・文部科学省後援 サービス接遇実務検定

そのほか、ホテル・サービス業務に関わる資格はいくつかあります。実務経験が重視される業界ですが、未経験者や経験が浅い方は、経験の補足としてアピールにつながります。

 

ホテルスタッフ・フロントの職務経歴書の見本(サンプル)

職務経歴書
20XX年X月X日
田雲花子(氏名)

■職務要約
○○○○株式会社に入社後1年間は飲食部門において同ホテル内になるレストランのホール業務を行い、その後宿泊部門に配属され同ホテルのフロント業務を5年間従事してまいりました。フロントでは平均して1日100組のお客さまの滞在をお手伝いしてきました。

■職務経歴
○○○○株式会社 20XX年0X月~現在 
事業内容:ホテル・飲食店の経営
資本金:〇〇〇百万円 売上高:〇〇〇百万円(20xx年)従業員数:〇〇〇名 雇用形態:正社員

○○○○ホテル
[ホテル規模] 地上○階 客室数:○○ 収容人数:○○人
[従業員数] ○○名 (所属部署メンバー数:○人)
[顧客層]法人利用○%:個人利用○%

【職務内容】
◆20XX年0X月~現在
〇〇〇〇ホテルにおいてフロント業務全般に携わっています。
・チェックイン・チェックアウトの手続き
・観光案内、タクシー、航空券の手配などのコンシェルジュ業務
・お客さまの会議・会食の手配
・PC・電話での予約受付・管理
◆20XX年0X月~20XX年0X月
・〇〇〇〇ホテル内のレストランにおいて接客業務

■保有資格
・TOEIC800点(20XX年XX月)
・中国語検定試験3級(20XX年XX月)
・ホテルビジネス実務検定マネジメントレベル2級(20XX年XX月)
・普通自動車第一種運転免許(20XX年XX月)

■自己PR
【実践してきたこと】

お客さまの属性や滞在目的に合わせ、マニュアル対応にならないよう心がけました。1日の終わりにはふり返りメモをつけ、翌日の仕事にすぐ活かすようにしてきました。このメモはリピーターのお客さまへの対応にも役立ちました。またチームワークを常に意識し、気づいたことは上司や他のスタッフと共有し迅速に対応し、ホテル全体でおもてなしできるよう努めました。2年間の留学経験があり英語での接客には自信をもっています。より多くのお客さまに気持ちよく過ごしていただけるよう新たに中国語と韓国語を学んでいます。

【実績・成果】
以前、リピーターのお客からズボンスプレッターをご要望いただいたことがあり、それ以降、そのお客さまがご宿泊の際は自分からアメニティの貸し出しについてお声がけし、信頼していただけるようになりました。会議室やお店の予約なども任されたことは、大きなやりがいにつながっています。こうした日々の積み重ねでお客さまアンケートによる社内のホスピタリティ賞で表彰を受けました。

以上

ホテルスタッフ・フロントの職務経歴書(サンプル)をダウンロード

ホテルスタッフ・フロントの職務経歴書(サンプル)をダウンロードする

 

未経験の仕事へ転職したい場合は?

ホテルスタッフ・フロントから未経験の仕事に転職する場合、職務経歴書の「自己PR」に、転職希望先で役に立ちそうな経験やスキルを書きましょう。接客経験で培った「ホスピタリティの高さ」や「マナーレベルの高さ」は、小売業での販売等のスタッフ・店長や、ウェディングプランナーなどの場合にも強みとなるでしょう。
 

監修
壷井央子
(キャリアコンサルタント、ダイバーシティコンサルタント/W40代表)
採用コンサルティング会社を経て、(株)リクルートエージェントに入社。法人営業、個人営業、企画部門を経て、(株)パソナにて新規事業の立ち上げ経験を積む。皆が「自分のキャリアをデザインする時代」という信念を持ち、独立後はキャリアカウンセリング、転職支援、大学でのキャリアデザインの講義、企業の採用コンサル・D&I推進コンサルなどを展開。これまで3000名以上の個人のキャリア支援と350社以上の企業の採用・育成支援の実績がある。