スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年12月11日

咲人(JAKIGAN MEISTER)インタビュー『卒業文集に書いた“ミュージシャン”という夢。それが1つの指標になっている』~俺達の出発点vol.1~

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン

華麗な容姿とそれに劣らぬ実力で、日々メロディアスな音楽を奏でるヴィジュアル系バンドのアーティストたち。そんな彼らは、過去のどんなことを経て今の活躍を手にしたのか――。この連載では、過去から現在に渡って彼らを支えてきた音楽や思い入れのある品物について赤裸々に魅せていきます。

2020年の復活を発表したNIGHTMAREの咲人さん。現在は、ソロプロジェクトJAKIGAN MEISTERとして全国ツアー中。音楽やギターとの出会いから、今を形成するまでに彼を支えた物や想いについて伺いました。
※記事下部にチェキプレゼントも!最後まで要チェック!

中学卒業時の文集に書いた“10年後の自分”——その時の想いが今でも支えになっている

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
——“自分を支えてくれた物”を中心に、咲人さん自身の変化を伺いたいと思います。

中学時の卒業文集に、10年後の自分を“ミュージシャン”と書いたんですけど、その想いはずっと変わらないという意味で文集を持ってきました。

——他の方は、会社に勤めているとか結婚とか現実的なことを書いていますね。

当時の自分もミュージシャンは特別というより、なるものだと思っていました(笑)。

——では、ミュージシャンを目指したキッカケから教えて下さい。

音楽をやる以前に、中学時代に学校にCDラジカセを持ってきた人がいて、カセットしか知らなかった自分からすると“CDってなんだ!?”って、音楽より先にそこで衝撃を受けました(笑)。それが、すごく大人びてカッコよく見えたから、親に頼んで買ってもらったのが最初のキッカケ。そこからCDを買うようになって、自分で初めて手にしたCDがToshiさん(X JAPAN)の「PARADISE」。そこで新しい世界を知ってロックミュージックにはまっていきました。

——そこからギターを始めたのは?

ギターはもうちょっと後で中2くらいですね。当時、仲の良かった友だちに「エレキギターを買った」って言われて、“なにそれ!?”って、第二の衝撃を受けて(笑)。漠然とギターは知っていたけど、“すげぇなコイツ、やたらかっこいいな”って。今でもそうだけど、形から入るところがあるんです(笑)。中2のクリスマスプレゼントで親に買ってもらうまでは、父親が持っていたガットギターで、“なんか違う”って思いながらXを弾こうとしていたのを覚えています。

夢中になる時のパワーは自分の理性さえも超越してくれる

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
——それが、いつから夢へと変わるんでしょうか?

ギターを練習して弾けるようになってくると夢中になって。そういう瞬間って自分を疑わないんですよ。1曲弾けるようになるたびに、音楽仲間の家に行くんだけど、小さいアンプを自転車のカゴに積んでギターを持って“早くアイツに聞かせたい!”っていう一心(笑)。夢中になった時の強い願望とか、疑わない気持ちにはすごいパワーがあるし、自分の理性でも逆らえない。その感情がずっと中学校から高校まで続いていった感じですね。

——ギターと出会った中学時代は、まだバンドは組んでいないんですよね?

はい。でも、中学の時に同級生のドラムの子と初めて音を合わせた時のことは忘れられない。各自が家で練習してきて、学校の音楽室でLUNA SEAの「ROSIER」を弾いたんだけど、2人の音が合わさった時の高揚感がすごくて、“バンドやりたい!”って。ドラムとギターだけだったけど、あの時の気持ちは、未だに何も越えていないかもしれない。それくらいのインパクトでした。

もう1つの支えになった物——イベント出演時にもらった缶はずっと使ってた

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
——そして高校では念願のバンドを始めると。

高校に入ってからは、学校の空き部屋を借りて防音性もなにもないところでやっていました(笑)。高1の時に、先輩が出られなくなった音楽の大会に誘われて、オリジナルもないのにコピー曲を演奏して賞をもらったんです。それで、翌年のTEEN’S MUSIC FESTIVALに出る権利を得て、そこで始めてオリジナル曲も作りました。

——ある意味、初めての認められた体験?

そうかもしれないです。TEEN’S MUSIC FESTIVALに出られたのは嬉しかったし、参加賞でちっちゃい缶の入れ物をもらったんだけど、それをずっとピックとかギターを調整するための道具入れにしていました。あまりにボコボコでガムテープで止めてたくらい。NIGHTMAREの初期のツアーもまだそれを使っていたけど、その後スタッフもつくようになって、缶にもこれ以上は無理させられないなと思って今は家に仕舞ってあります。

音楽や人との出会いが学生時代の自分を導いてくれた

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
——その賞をとったことで何か変化はありましたか?

ミュージシャンになろうとは思っていたけど、親に大学進学を辞めて音楽の専門学校に行くことを伝える時の後押しになりました。進路を決めるという意味では、柩(NIGHTMAREのメンバー)との出会いも大きかったですね。高校の文化祭で演奏した後に機材を片付けていたら、見にきていた柩にいきなり「プロになるために一緒にバンドを組まない?」って言われて。俺もなにを思ったのか「いいよ!」って。そのままメンバーとして今に至ります(笑)。

——初対面にして何か感じるものがあったと。

求められるとか、頼りにされたっていう体験の1つなのかな。思春期は“自分ってなんなんだろう?”とか存在理由を考える時期でもあるけど、俺もそういうのを考えちゃうタイプの人間だったから、そこで“こっちこいよ!”って手を差し伸べてくれたり、道を示してくれる人や言葉が嬉しかったんだと思うんです。

初めて音楽を聞いて涙が溢れた時のことは今でも覚えている

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
——道を示してくれるものが人であったり音楽だったわけですね。

そうですね。音楽でいえば、進路に悩んでいた時期に、別の学校の軽音楽部の子が「先輩、最近悩んでるみたいなのでこれを聞いてください」って貸してくれたのが、INORANさんのアルバムだったんです。そこに入っている「人魚」が、“自分を信じて諦めないで”というテーマの曲で。それを歌詞カードを見ながら聞いた時に、初めて音楽を聞いてボロボロ泣きました。それが、今でも自分たちの曲で、誰かを支えられたり、後押ししてあげられたら……と思う原点かもしれないです。

——お話を聞くと、すごくたくさんの出会いをされてきていますね。

人は必ず何かの影響を受けているわけだから、その影響をどう自分に生かしていくか。出会うものに対して、自分が何を感じるかを大事にしていくと世界が広がるし、刺激を受けることで何かが生まれていくんじゃないかな。

文集に書いた想いは、今でも悩んだ時にその霧を払ってくれる

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
——当時の自分と今で変化したところはありますか?

相手の気持ちを考えて発言するようになったことですね。今でも地元に帰ると、高校時代にバンドをやっていたボーカルの子とご飯を食べに行くんです。昔の話をしている時に、当時「この曲のキーは出ないよ」って言ったら、俺が冷たく「出そうとしないからでしょ?」って返したらしくて。でも、「やってみたら声が出て“お前が正しかった”って思ったけど、あの時はすごいムカいた」って言われて、20歳を越えてから反省しました(苦笑)。

——でも咲人さんの一言がなかったら1つ可能性が消えていたわけですから、その関係性はステキですよね。

そういう意味では一緒に音楽をやっていた友だちに恵まれたんだと思いますね。俺は常に意見を出し合って、良い意味でケンカしながら前に進みたいタイプなんです。だから、その時に言ったことは間違っていなかったと思うけど、相手が受け入れてくれたから成立したわけで、言い方一つで傷ついちゃう人もいるから、そこは難しいなと思いますね。

——かといって譲るばかりでもダメでしょうし。

気を使いすぎて、“そっちの意見でいいよ”っていうのも正しくないと思うから。物創りをしているうえで遠慮をしていたら、それこそ当時の自分に“なに気を使って嘘つんてんだ!”って思われそうだし。自分の意見を持ちつつ、相手とも対峙していくバランスは心がけるようにはなりました。

——今回挙げてもらった文集や缶は、今でも手にすることはありますか?

わざわざ取り出して眺めたりはしないけど、事あるごとに思い出します。自分が立っている場所が見えなくなったり悩んだ時に、その霧を振り払ってくれるアイテムになっていますね。その当時の自分に嘘はつきたくないし、文集に夢を描いた当時の自分が、憧れられる存在になっているかは今でも大事にしている部分です。

——では、最後に読者にメッセージをお願いします。

何かに迷った時の判断基準は、直感と夢中になれるかどうか。選択肢があったら、どっちががワクワクドキドキするかを大切にしてみてください。

🎁Twitterプレゼント実施中🎁
今回のプレゼントは・・・

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン

🎁プレゼント内容
咲人さん 直筆サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼントします! 「タウンワーク」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。
※どちらの賞品が当選するかは、選択できません。

応募方法
1.「タウンワーク」公式twitter (@townworknet) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

🕒キャンペーン開催期間
2019年12月11日(水)〜2019年12月17日(火)23:59 まで
対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

■Profile
咲人(JAKIGAN MEISTER/NIGHTMARE)

NIGHTMAREのギタリストであり、JAKIGAN MEISTERのソロプロジェクトでは作詞・作曲に加えヴォーカル&ギターとしてセンターに立つ。現在は、JAKIGAN MEISTERとして全国ツアー中。2016年11月より活動休止中であったNIGTMAREも来年2月11日の横浜アリーナでの活動復帰を発表したばかり。

◆NIGHTMARE OFFICIAL SITE:http://www.nightmare-web.com
◆咲人 Official Twitter:@suck_it_nm

■リリース情報
3rd Single「Halcyon」Now On Sale!!

NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
【Type A】
(CD)
¥1,800(税抜)
NIGHTMARE_ナイトメア_咲人_タウンワークマガジン
【Type B】
(CD)
¥1,800(税抜)

◾LIVE情報
TOUR 2019『Halcyon Days』開催中
FINAL 12月25日(水)東京 新宿BLAZE

企画・編集:小川 晶/ぽっくんワールド企画 取材・文:原千夏 撮影:河井彩美 Hair&Make:松田よりこ

早速バイトを探してみよう