スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年11月13日

【オモシロ飲食店バイト探偵】第3回 原宿「KAWAII MONSTER CAFE」の仕事をリサーチしてみた!

6
動物のいるカフェ、ユニークなテーマを掲げるバーや居酒屋……。世の中には振り切った特徴を持つ、個性豊かな飲食店が数多く存在する。そこのスタッフさんは果たしてどんな思いで、いかなる働き方をしているのだろうか。

これは、そんな少し変わったコンセプトを持つ飲食店のお仕事について調査するコーナー。第3回目は、いまや日本が誇る世界的カルチャー、“原宿カワイイ”の世界観を体現した「KAWAII MONSTER CAFE(カワイイモンスターカフェ)」。原宿にできた話題の東京新名所で働く人たちを直撃した。

カラフルポップだけど毒がある“原宿カワイイ”の世界に迷い込む

店名にカワイイとモンスターを共存させているところが何ともハイブリッド

店名にカワイイとモンスターを共存させているところが何ともハイブリッド


キュート、ポップ。そんな言葉ではとても言い表せないほどにぶっ飛んでいるカフェ、それが「KAWAII MONSTER CAFE」である。それもそのはず、こちらのお店をプロデュースしたのは、きゃりーぱみゅぱみゅの美術演出でも知られ、原宿カワイイ文化の始祖といっても過言ではない増田セバスチャン氏。

カラフルなのに毒々しく、そしてカワイイ要素をあますところなく詰め込んだ、増田氏が掲げる次世代のカワイイ“BEYOND THE KAWAII”を表現したカフェとは一体どんなお店なのか、さっそく潜入してみよう。

店内に入るとまず目に飛び込んでくるのが、巨大なケーキ型のスイーツメリーゴーランド「SWEETS GO ROUND」。

のっけから、インパクト大な独特の世界観。カフェというか、もはやテーマパークの領域。よく見るとウサギが溶けていたり、唇から白い液体が漏れていたり、やっぱりどこか毒がある

のっけから、インパクト大な独特の世界観。カフェというか、もはやテーマパークの領域。よく見るとウサギが溶けていたり、唇から白い液体が漏れていたり、やっぱりどこか毒がある

4つのコンセプトに分かれるゾーンのうち、一番人気だという「MILK STAND」。“カフェが飼育している”動物たちが淡々とミルクを飲んでいる

4つのコンセプトに分かれるゾーンのうち、一番人気だという「MILK STAND」。“カフェが飼育している”動物たちが淡々とミルクを飲んでいる

天井が大量の哺乳瓶に覆われている。ク…クレイジー!

天井が大量の哺乳瓶に覆われている。ク…クレイジー!

ユニコーンも授乳中。ユニコーンって哺乳類だったのね

ユニコーンも授乳中。ユニコーンって哺乳類だったのね

ほかにも、マカロンやアイスクリームに囲まれた「Mel-Tea ROOM」、カラフルなキノコや宇宙植物が生える森「MUSHROOM DISCO」、怪しげなブルーの光を放つクラゲに包まれたバーカウンター「BAR Experiment」などなどの異空間があり、これまでに見たこともないような色の組み合わせや、不可思議な造形のオンパレード。目から入ってくる情報の多さにくらっときそう。

また、内装以外にも強烈に目を引く存在がもうひとつ。それが、冒頭の写真にも登場する5人の「MONSTER GIRL(モンスターガール)」たちだ。お客さんたちを原宿カワイイの世界に案内してくれる、アイコン的な存在である。

同店のビジュアルアイコンとして活躍する「MONSTER GIRL(モンスターガール)」の皆さん。「SWEETS GO ROUND」に引けをとらない強烈なインパクトだ。左から順に「ハッピーな CANDY」、「わがままなDOLLY」、「スイートなBABY」、「きまぐれな CRAZY」、「セクシーなNASTY」。コスチュームを手掛けたのは、新進気鋭のファッションブロガー&ジャーナリストのミーシャ・ジャネットさん(画像提供:ダイヤモンドダイニング)

同店のビジュアルアイコンとして活躍する「MONSTER GIRL(モンスターガール)」の皆さん。「SWEETS GO ROUND」に引けをとらない強烈なインパクトだ。左から順に「ハッピーな CANDY」、「わがままなDOLLY」、「スイートなBABY」、「きまぐれな CRAZY」、「セクシーなNASTY」。コスチュームを手掛けたのは、新進気鋭のファッションブロガー&ジャーナリストのミーシャ・ジャネットさん(画像提供:ダイヤモンドダイニング)


夢のある世界で働くため単身上京

残念ながら「MONSTER GIRL」のみなさんは“シンボル”とのなので、深いお話を聞くことは叶わなかった。そこで、ホールで働くキャストと呼ばれるスタッフ約70名のうち、ほぼフルタイムで働いているというモモさんとユウさん、2名のキャストさんに色々伺ってみることに。どんな思いでお仕事をしているのだろう。

おもにホールを担当するキャストのモモさん(左)と、ユウさん(右)のお二人にお話をうかがった。二人とも仲良さげ!

おもにホールを担当するキャストのモモさん(左)と、ユウさん(右)のお二人にお話をうかがった。二人とも仲良さげ!

――こんなにもファンタジーなカフェで働こうと思ったきっかけは?

モモさん:ずっと人に夢を与える仕事をしたかったからです。ここで働く前は、地元静岡の結婚式場で調理師としてフランス料理を作っていたんですが、もっとお客様の笑顔を間近で見たいなぁと思っていて。地元では、なかなかそういうところがなかったので、仕事を見つける前に無職で上京しちゃいました! ひとり暮らしを始めて、求人サイトでアルバイト先を探していたところ、このカフェでキャストを募集しているのをみつけて応募しました。

ユウさん:僕は地元が宮城なんですけど、東京らしい場所で働きたいなと思っていたんです。自分自身、空間とか衣装が日常とかけ離れているようなところで働きたかったので、このカフェはまさに希望通りっていう感じでした。扉を開けた瞬間、別世界の住人になった気がするので、ここの良さをお客様に伝えたいなと思ったのがきっかけです。

こちらは、「MUSHROOM DISCO」エリアの奥にある、“おしゃべりな淑女たち”のシークレットエリア。四方八方を唇に囲まれたセクシールーム

こちらは、「MUSHROOM DISCO」エリアの奥にある、“おしゃべりな淑女たち”のシークレットエリア。四方八方を唇に囲まれたセクシールーム

――ちなみに、男性のキャストさんはユウさん以外にもいらっしゃるんですか?

ユウさん:5名くらいですね。男女の隔たりはなく、皆気が合うので仲良しですね。

――制服もかなり可愛らしくてポップですけど、抵抗はなかったですか?

モモさん:私は普段からフリフリしていたり、キャンディーカラーの洋服を着ているので、こういう系統は大好きですね。

――ユウさんはどうですか?

ユウさん:いや、ぜんぜん。もともとファッションが好きで、色んな服を着てみたいと思っているので、制服が可愛いと働くときのテンションも上がりますよね。

ちなみに、ユウさんは神木隆之介似のイケメン!

ちなみに、ユウさんは神木隆之介似のイケメン!


カワイイモンスターカフェで働く楽しさとは?

仕事が終わっても、皆でカフェのご飯を食べてから帰るくらいお店が大好き過ぎるとか

仕事が終わっても、皆でカフェのご飯を食べてから帰るくらいお店が大好き過ぎるとか


――お二人とも、まさに望んでいた職場に出会えたという感じで、すごく楽しそうですね。

モモさん:楽しいですよー。とくに、接客でお店の紹介をするときですね。お客さんが驚いたり、楽しんでくれている姿を見ると嬉しくて。ちなみに私は、「Mel-Tea ROOM」が大好き。お客様を案内するときにも「ここに蟻がいるんですよー!」とか、見どころをお伝えするようにしています。「わー!ほんとだ!」って喜んでくれたときの、嬉しそうな顔を見るのが好きです!

左下がモモさんおすすめの“隠れ蟻”。「Mel-Tea ROOM」の天井にあるデロデロに溶けたアイスクリームに群がっている蟻のうち、目を凝らしてみてみると、一匹だけ立体になっている

左下がモモさんおすすめの“隠れ蟻”。「Mel-Tea ROOM」の天井にあるデロデロに溶けたアイスクリームに群がっている蟻のうち、目を凝らしてみてみると、一匹だけ立体になっている

ユウさん:分かる! 僕の場合、おすすめするのはお手洗い。こんなに素敵なトイレはなかなかないので、ぜひ見てもらいたいですね。とにかく空間全部がカワイイので、隅々まで堪能してもらいたいです!

こちらはユウさんが是非見ていって欲しいというトイレ。カラフルなタイルが一面に敷き詰められている

こちらはユウさんが是非見ていって欲しいというトイレ。カラフルなタイルが一面に敷き詰められている

モモさん:あと、観光で来日しているお客様も多いので、日本語以外の語学でコミュニケーションができるのも楽しいです。とはいえ、語学が堪能というわけではないので、英語が話せるキャストの子に簡単な英会話を教えてもらっているところです。カタコトですけど、おすすめのメニューを紹介したり、「ほかに、どんなところに行くんですか?」とか聞いてみたりしています。

ユウさん:ほかのカフェだと接客といっても、注文を聞いて料理を運ぶだけで終わってしまうことが多かったりしますよね。でも、このカフェでは“カワイイ”を通じて、お客様との交流も生まれるので接客にやりがいを感じます。「また来ます!」って言ってもらえるとすごく嬉しいですし、ここで働けて良かったなって思う瞬間です。

東京で暮らす醍醐味を実感

カワイイモンスターカフェのオリジナル「ストロボリング」をお揃いでつけている二人

カワイイモンスターカフェのオリジナル「ストロボリング」をお揃いでつけている二人

――ちなみに、上京してから価値観や生活が変わったことはありますか?

ユウさん:地元の宮城には原宿にいるようなカワイイファッションをしている人があまりいないので、最初にモンスターガールを見たときは、ちょっとビックリしましたけど、今はカワイイなと思うようになりました。

モモさん:私は、フェイクスイーツを身に着けたりするのが大好きだったんですけど、地元では人目を気にして思う存分楽しむことができませんでした。でも、今は自分らしく、やりたいように好きな服装を楽しめています。

チャンスがあればモンスターガールにも挑戦したいというモモさん。「パステルとか綿菓子みたいな雰囲気が好きなので、BABYちゃんが憧れです」。ちなみにモンスターガールは現在もWEBより応募受け付け中

チャンスがあればモンスターガールにも挑戦したいというモモさん。「パステルとか綿菓子みたいな雰囲気が好きなので、BABYちゃんが憧れです」。ちなみにモンスターガールは現在もWEBより応募受け付け中


お仕事ぶりを拝見!

仕事もプライベートも充実している様子のモモさんとユウさん。では、そんなお二人が働く様子をウォッチしてみよう。

毎日大勢の観光客が訪れるなか、お店の顔ともいえる受付業務をこなす二人。お店に興味を持ってもらえるよう、コンセプトについても丁寧に説明する姿が印象的

毎日大勢の観光客が訪れるなか、お店の顔ともいえる受付業務をこなす二人。お店に興味を持ってもらえるよう、コンセプトについても丁寧に説明する姿が印象的

エントランスには、お店のキャラクターであるチャッピーの長い舌がベロ~ン!

エントランスには、お店のキャラクターであるチャッピーの長い舌がベロ~ン!

モモ&ユウ「これからチャッピーのお腹のなかにご招待します!」

モモ&ユウ「これからチャッピーのお腹のなかにご招待します!」

扉を開けると…

扉を開けると…

ケーキ型メリーゴーランド「SWEETS GO ROUND」がどーん! 何度見ても慣れない、このインパクト!

ケーキ型メリーゴーランド「SWEETS GO ROUND」がどーん! 何度見ても慣れない、このインパクト!

注文はこちらのケーキ型電子パットで。モモさん一押しのパフェ「カラフル ポイズンパフェ エクストリーム!」(2,300円)をオーダーすると…

注文はこちらのケーキ型電子パットで。モモさん一押しのパフェ「カラフル ポイズンパフェ エクストリーム!」(2,300円)をオーダーすると…

なんかすごいのがきた! 加えて、ユウさんのキラキラした笑顔たるや! 女子は悶絶必至。なんでも、ユウさんに会いに通うファンも多いのだとか。「最初は気恥ずかしかったけど、また会いに来てくれるって言ってもらえるのは嬉しいです。ちなみにお客様からは、よくジャニーズJr.の松村北斗くん似ているって言われます」

なんかすごいのがきた! 加えて、ユウさんのキラキラした笑顔たるや! 女子は悶絶必至。なんでも、ユウさんに会いに通うファンも多いのだとか。「最初は気恥ずかしかったけど、また会いに来てくれるって言ってもらえるのは嬉しいです。ちなみにお客様からは、よくジャニーズJr.の松村北斗くん似ているって言われます」

「カラフル ポイズンパフェ エクストリーム!」って、必殺技みたいな名前。食べ物の名前にポイズンとは、なかなか大胆……。

「カラフル ポイズンパフェ エクストリーム!」って、必殺技みたいな名前。食べ物の名前にポイズンとは、なかなか大胆……。

パフェの器の周りについてるカラフルなクリームを舐めると舌がこうなります。ちなみに、こちらの鼻下美人は運営元であるダイヤモンドダイニングの広報さん。ご協力ありがとうございます!

パフェの器の周りについてるカラフルなクリームを舐めると舌がこうなります。ちなみに、こちらの鼻下美人は運営元であるダイヤモンドダイニングの広報さん。ご協力ありがとうございます!


マニュアルにないホスピタリティでおもてなし

なんだか色々自由な感じだが、聞けば、こうした空気感はスタッフみんなで作り上げているものなのだそう。全員が誰に指示されるわけでもなく、「こうしたらもっと楽しいんじゃないか」というアイデアを出し合い、お店づくりに生かしているとのこと。素晴らしい。

何やらお二人がペンで何かを書き書き…

何やらお二人がペンで何かを書き書き…

なんと、コースターを持って帰りたいというお客さんに、手書きの絵を描いてプレゼントすることもあるそう

なんと、コースターを持って帰りたいというお客さんに、手書きの絵を描いてプレゼントすることもあるそう

来店記念にと、とってもカワイイ絵をプレゼントしてくれるお二人。キュン死にしそうだ

来店記念にと、とってもカワイイ絵をプレゼントしてくれるお二人。キュン死にしそうだ


キャストはお店の大黒柱

カフェに訪れる人を全力で喜ばせようとするその姿は、働く人たちの鏡です。そんな一生懸命なお二人を、モンスターガールはどのように見つめているのだろう。

オーディションで200人以上から選ばれたうちの一人、CANDYちゃん。好きなものはK-POPの防弾少年団とドラクエ。「原宿のカワイイはカラフルで意外性のある組み合わせが魅力です!やり過ぎでも全然アリ!」

オーディションで200人以上から選ばれたうちの一人、CANDYちゃん。好きなものはK-POPの防弾少年団とドラクエ。「原宿のカワイイはカラフルで意外性のある組み合わせが魅力です!やり過ぎでも全然アリ!」

「キャストさんは本当に頼りになります!というか、キャストさんがいないとこのお店は成り立たないですね。皆に支えてもらってこそ、オラたちが働けているんだと思います」と、一人称が独特なCANDYちゃん

「キャストさんは本当に頼りになります!というか、キャストさんがいないとこのお店は成り立たないですね。皆に支えてもらってこそ、オラたちが働けているんだと思います」と、一人称が独特なCANDYちゃん

プライベートでも仲良しだという三人。つい先日も一緒にディズニーランドにも行ってきたばかり

プライベートでも仲良しだという三人。つい先日も一緒にディズニーランドにも行ってきたばかり

というわけで、今回は原宿の最先端スポットで働く人たちを取り上げた。
一見、華やかで異次元の世界に見える「KAWAII MONSTER CAFE」だが、働いている人はホスピタリティに溢れていて、お店を訪れる人を喜ばせるため思考錯誤している様子が好印象。

何より「ここで働けてよかった!」と話すお二人の弾けんばかりの笑顔が、この場所で働くことの楽しさを物語っていた。

撮影・取材・文:末吉陽子(やじろべえ)

店名: KAWAII MONSTER CAFE
URL:http://kawaiimonster.jp/
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエアビル 4F
電話番号:03-5413-6142
営業時間:11:30〜22:30( L.O 22:00 )
定休日:年中無休