スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年05月19日

カフェ・喫茶店のバイト面接で聞かれる質問(志望動機・シフトなど回答例)と当日の服装マナー

カフェ・喫茶店カフェや喫茶店のバイト面接では、どのようなことを聞かれるのでしょうか。ここでは、バイト経験のある大学生へのアンケート結果を基に、実際に聞かれた質問やその回答例を紹介します。そのほか、面接時の服装マナーなども解説します。

カフェバイトの志望動機・応募理由の答え方

カフェや喫茶店のバイト面接では志望動機や応募理由を聞かれます。家から近い、カフェで一度働いてみたいなど、分かりやすいシンプルな理由に加え、アルバイトとして働く意欲が伝わる言い回しを工夫しましょう。

家が近いから志望した
「家から通いやすいため、時間を気にせず閉店まで働けると思い、志望しました。よろしくお願いします」
「家から近いので、早朝や夜間など、シフトにも柔軟に入れると思い、応募しました。早く仕事を覚えられるよう頑張ります」
シフトが合うから志望した
「平日夕方からと、週末に働けるアルバイトを探しており、こちらの募集が自分の希望に合っていたので応募しました。接客は初めてですが、頑張りますのでよろしくお願いします」
「早朝の時間帯に働きたいと思っていたところ、こちらのアルバイト募集を見つけ、応募しました」
「週3日、特に土日は長時間シフトでしっかりと働きたいと考えており、希望するシフトと募集条件が近く、希望しました」
時給が良いから志望した
「普段の生活費は自分で稼ぎたいと思い応募しました。アルバイトをして教科書代や学費の一部にしたいと考えています」
「語学留学を目標にしており、その資金を貯めるためこちらのアルバイトに応募しました。しっかり働きたいと思いますのでよろしくお願いします」
カフェで働いてみたいから志望した
「前からこちらのお店の雰囲気が好きで、よく利用していました。今度は自分がお店の一員として働いてみたいと思い応募しました」
「以前からコーヒーに興味があり、知識や経験を深めたいと思い応募しました。頑張りますので、よろしくお願いします」

 

カフェバイトの面接で聞かれる質問と答え方

志望動機のほか、カフェ・喫茶店のアルバイト面接でよく聞かれる質問と回答例を紹介します。

シフトの希望について

シフトに入れる日数について聞かれた場合は、週○日程度など具体的に答えます。入れない曜日や、勤務時間も希望があれば、この時に伝えましょう。

<回答例>
「週2〜3日で、15時以降で3〜5時間程度、働きたいと思っています」
「週3~4日働けます。火曜日と水曜日以外なら、夕方以降のシフトに入れます」

年末年始など長期休暇は入れるか

年中無休のお店も多いため、年末年始や夏休み、GWなど、長期休みのときにシフトに入れるかも聞かれることもあります。わかっている範囲でかまわないので、正直に答えましょう。

<回答例>
「お盆休みや年末年始もなるべく働きたいです」
「来年は成人式があるので地元に帰るため、年末年始は難しいですが、その他は入りたいと思います」
「GWのみ、部活の合宿があって難しいのですが、年末年始とお盆休みは入れます」

早朝シフトに入れるか

カフェや喫茶店は早朝シフトに入れるどうかを聞かれることもあります。

<回答例>
「早朝は授業前の8時までであれば可能です。または土日で相談できればと思います」
「平日は早朝も働けます。朝の店舗のオープンの時間帯も入れます」
「午前中から授業があり、朝のシフトは難しいです」

試験前など休みたい期間はあるか

学生に試験期間があることは、応募先もわかっているので、シフトを減らしたい・休みたい場合はおおよその時期と期間を伝えておきましょう。

<回答例>
「試験期間は7月下旬、1月下旬なので、この期間はお休みさせていただきたいです」
「7月と1月の試験期間の2週間程度はシフトを週1〜2日に減らしたいです」

通勤手段・通勤時間

バイト先の店舗までの通勤手段と時間を聞かれることがあります。天候によって変わるのであれば、その旨も伝えましょう。

<回答例>
「自宅からはバスで30分です。バスが遅れることがあるので、雨の日などは注意したいと思っています」
「電車と徒歩で合わせて30分程度です」

いつから働けるか

カフェなどでは勤務シフトを組むため、いつから勤務できるのかを確認されます。「ちょっとわかりません」などとあいまいにせず、「採用された翌日から」でもよいですし、「○月からでも」など、明確に答えられるようにします。

<回答例>
「シフトが合う日にちがあれば、すぐに働くことができます」
「週明けから勤務可能です」
「今月末までは別のアルバイトがあるため、来月から勤務できます」

これまでのアルバイト経験

応募先は、接客経験など、活かせるものがあるかどうかを知りたいと思っています。もし接客経験があればその内容を、ない場合は意欲を伝えるといいでしょう。

<回答例>
「居酒屋で1年間ホールのアルバイト経験があり、接客やお皿の上げ下げなどは慣れています」
「アルバイト経験はありませんが、人と接することが好きなので頑張りたいと思っています」

自己PR・長所・短所

喫茶店やカフェなどでは、声が大きい、体を動かすのが好き、人と話すのが好きといった社交的な側面をアピールするといいでしょう。短所を聞かれた場合は、どのように補っているかも合わせて伝えると印象が良くなります。

<回答例>
「人とコミュニケーションをとることが好きなので、接客のアルバイトをやってみたいと思いました。短所は話が盛り上がると長くなってしまうところがあるので、気をつけたいと思います」
「オープンな性格で、気さくだとよく言われます。短所は気さく過ぎて、距離が近すぎると思われてしまうところがあるので、適度な距離感を保つよう心掛けています」
「ピアノを10年以上続けてきました。長所は継続力があるところです。短所は少しがんこなところがあるので、人の話に耳を傾ける努力をしています」

前のバイトを辞めた理由

アルバイト経験がある人に対しては、やめた理由を聞くこともあります。人間関係や仕事への不満など、悪口になるものは避け、シフトが合わなくなったなど、環境変化などによる理由を伝えるといいでしょう。

<回答例>
「大学の校舎が変わり、シフトに入りにくくなってしまったため退職しました」
「業務時間が長くなってしまい、時間帯も遅くなってしまうため、シフトが合わなくなり退職しました」

何か質問はありますか?

面接の最後に、質問はありますか?と聞かれることもあります。ある場合は質問し、ない場合はありませんとていねいに答えましょう。

<回答例>
「シフトの希望を出すタイミングと、確定するタイミングを教えていただけますでしょうか」
「丁寧に説明していただいたので、質問は特にありません。ありがとうございます」

 

カフェバイトならではの質問や確認

実際のカフェや喫茶店のバイト面接を経験した人によると、さらに身だしなみは細かくチェックされたという声もありました。そのほか、カフェならではの質問や、面接で確認されることもあるのでご紹介します。

<カフェ・喫茶店バイト面接ならではの質問>
・髪色やカラコン、服装、身だしなみのルールの確認
・コーヒーは好きかを詳しく聞かれた
・他のチェーン店ではなく、なぜうちがいいかを突っ込まれた
・苦手な人とどうやって一緒に働くか

 

バイトの面接当日に気を付けたいこと

面接当日に気を付けたいことをいくつかご紹介します。

服装や身だしなみについて

カフェや喫茶店は飲食系の仕事なので、清潔感が大切です。きれいめな私服を意識しましょう。襟付きシャツやブラウス、チノパン、短すぎないスカートなどに、汚れのない革靴を用意しましょう。ひと目で派手だと印象づけてしまうネイルやピアス、穴の開いたデニムなどは避けます。

髪型は、前髪が目にかからないスタイル、長い髪の人は後ろにまとめます。髪色はお店によりルールが異なるため、応募前にチェックしておきましょう。化粧はナチュラルメイクが基本です。

面接当日のお店の入り方と挨拶マナー

面接当日は、お店のバックヤード(従業員用スペース)または店内の空いている席で面接を受けます。約束の5分前にはカフェへ行き、レジカウンターにいる店員に面接を受けにきたことを告げましょう。

<トーク例>
「お忙しいところ失礼します。17時からバイト面接のお約束をしている○○と申します。(店長の)〇〇さんはいらっしゃいますか?」

店長がやってきたら「○○です。本日は宜しくお願いいたします」と挨拶をして席に移動します。席についたら「履歴書です。宜しくお願いします」と一言添えて、相手が読みやすい方に向けた履歴書を手渡します。

店内の飲食スペースで面接をする場合、ドリンクを用意してもらえることがあります。テーブルに置かれた飲み物は、面接が終わったあとか、話の区切りがつくタイミングで飲むようにし、面接の最後に「ありがとうございます、ごちそう様でした」と、ひと言お礼を伝えるといいでしょう。

アンケート出典:2021年3月実施 大学・短期大学・専門学校・大学院の学生アルバイトアンケート、N=1200、調査協力クロス・マーケティング

※更新履歴
2019年1月20日公開
2021年5月19日最終更新

早速バイトを探してみよう