スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年02月24日

居酒屋(ホール・キッチン)のバイト面接で聞かれる質問と当日の服装など

af9940044081l
ファミリーでも利用できる雰囲気のところも多く、大学生にも高校生にも身近な存在になっている居酒屋。和気あいあいと働くスタッフを見て、やってみたいと思う人も多いのでは?そんな居酒屋のバイトにチャレンジしたいと思ったときに、面接で押さえておきたいポイントや当日の服装についてを紹介します。

>>ホールスタッフ漫画はこちら(仕事内容編)
>>ホールスタッフ漫画はこちら(エピソード編)

>>キッチンスタッフ漫画はこちら(仕事内容編)
>>キッチンスタッフ漫画はこちら(エピソード編)

居酒屋(ホール・キッチン)のバイト面接でよく聞かれる質問

■良く聞かれる質問
・シフトの希望:週あたりの日数や曜日、時間帯、勤務開始時期
・土日祝日や大型連休、年末年始に働けるか
・志望理由
・通勤方法と時間
・バイト経験
・希望職種:接客(ホール)か調理(キッチン)か など
■自分から確認しておきたいこと
・シフトの決め方、タイミング
・試用期間の有無や期間、時給など

シフトの希望について

シフトに柔軟に対応できる人はお店にとってもありがたい存在です。これは週にどれくらい働けるかを事前に確認する意味で、よく質問される項目。営業時間や勤務シフトの体制などを求人情報で確認したうえで、希望を伝えるようにしましょう。また、高校生の場合、18歳未満は、法律により22時〜5時の就業は禁止されています。18歳以上でも、校則で22時以降はアルバイトを禁止している学校もあるので、事前に確認してから希望を言うようにしましょう。

<回答例>
「週に○日程度を希望します」
「平日は18時から、土日と祝日は17時から入れます。シフトにより調整も可能です」
「学校を優先したいため、夜は24時までの勤務を希望します」
「18歳ですが高校生なので、22時までのシフトでお願いします」

居酒屋は年中無休で営業する店がほとんど。シフトの希望を伝える時には、入れない曜日や時間など、自分の都合だけを優先する言い回しはできるだけ避けましょう。もし絶対に入れない曜日がある場合も、「できるだけ柔軟に対応したい」ことをニュアンスとして付け加えておくこと。スタッフ数の多い居酒屋では急なシフトチェンジや、忙しくなった日にもう少し残ってほしいなどのシフト調整が発生することも多いからです。また、土日祝はもちろん、年末年始や大型連休などの繁忙期に働けるかどうか聞かれる場合も。さらに、オープン準備やラストの店内掃除、洗い物作業などにも対応できるかどうかも伝えておくとアピールになるでしょう。

志望理由について

ホールの場合
<回答例>
「こちらのお店は学校から近いので、よく利用させていただいています。スタッフの方の対応がいつも感じが良くて、私もこちらでの接客経験を通して勉強させていただきたいと思いました」

居酒屋ホールのサービスで求められるのは、元気さ、快活さ。第一印象が重要ですから、ハキハキと志望理由を答えるようにしましょう。そして大切なのは、なぜこのお店で働きたいのかをしっかり伝えること。以前に利用したことがある、自分もこの店のスタッフとしてスキルアップしていきたいなど、意欲を交えてアピールするのもいいでしょう。
また自宅や学校からの近さも面接官にとっては「長く続けてくれそうだ」という好印象につながりやすい要素です。通いやすい立地なら「自転車で5分です」などと加え伝えるのもオススメです。

キッチンの場合
<回答例>
「もともと料理に興味があり、以前も○○で調理補助のバイトをしていました。居酒屋メニューは皆に好まれる料理だと思います。そのノウハウを勉強してみたくて、志望しました」

キッチンを志望する場合は、料理好きであること、食材などに興味があり勉強したいことなどを伝えるといいでしょう。また、そのお店にしかないオリジナルメニューを学びたいなどの理由を加えると、面接官にも「ちゃんと研究して応募してきてくれたんだな」と、働く意欲が伝わりやすくなります。キッチン志望の場合も、ホール志望と同様、「自宅から近い」などの通いやすさをアピールしておくのも好印象となります。

バイト経験について

<回答例>
「飲食店でのホール経験はありますが、居酒屋は初めてです。お仕事を通して接客マナーをさらに勉強したいと思っています」
「居酒屋のキッチンで調理全般を担当していました。仕込みと盛りつけ、揚げ物、焼き物の補助経験があります」

居酒屋に限らず、のバイトをしたことがある場合は、どこでどんな仕事を担当していたのかキチンと伝えられるように経験を整理しておきましょう。
ホールの場合は、接客が好きという気持ちがアピール材料となります。これまでにお客様から「ありがとう」と言われて嬉しかった経験などを交えて話すとベターです。
またキッチンの場合は、簡単な調理補助を任される場合もあれば、揚げ物を扱う揚げ場、焼き物を担当する焼き場などを任される場合もあります。これまでの経験が活かせるかどうか判断してもらうためにも、バイトで経験した調理の内容までできるだけ細かく伝えるようにしましょう。

接客(ホール)と調理(キッチン)のどちらを志望するか

居酒屋の求人では、ホールのみ、キッチンのみに限定して募集される場合、逆にどちらの限定もなく募集される場合の2通りがあります。どちらを希望するかを聞かれる場合もありますので、職種を決めておきましょう。さらに、なぜその職種を希望するのか理由もあわせて伝えることも大事です。ホールなら「接客が好きで、サービススキルを身に付けたい」など、キッチンなら「調理師免許を目指している、料理が得意」などと伝えるとやる気のアピールにつながります。

居酒屋のバイト面接の服装と身だしなみ

ホール、キッチン共に、食べ物を扱う仕事です。清潔感のある服装、髪型、身だしなみを心がけましょう。服装はスーツでなくとも構いませんが、男性なら襟のあるシャツにチノパン、女性ならブラウスに短すぎないスカートなどが無難です。特に爪はキレイに、派手なネイルやメイクはチェックされているので気をつけましょう。髪も長い人は後れ毛が出ないよう、きちんとまとめておくと好印象につながります。

シフトの決め方・タイミング

居酒屋バイト経験者の話では、「休みたい場合、いつまでに希望を出せばいいのかを事前に確認しておけばよかった」という声も聞かれます。学校の予定、家の都合などで休まなくてはいけない時はいつまでに伝えておくべきかなど、事前に確認しておきましょう。

試用期間の有無や期間、時給など

お店によっては試用期間を設けている場合もあります。その際は、試用期間が何か月なのか、また試用期間中の時給はいくらなのか、事前に確認しておくことです。試用期間中は時給を低く設定している場合もあるので、求人情報でわからなかったところは、面接時にクリアにしておきましょう。

居酒屋バイトの面接当日のマナー

<お店についたら>
「恐れ入ります。アルバイトの面接で来ました○○です。採用担当の××様はいらっしゃいますか?」

居酒屋のバイト面接は開店前か比較的お客様が少ない時間帯に、ホールのテーブル席などで行われることがほとんどです。お店に着いたらまずレジやホール付近のスタッフに声をかけ、採用担当者に取り次ぎをお願いしましょう。お客様がいる場合は、できるだけ邪魔にならないところで、お店スタッフの案内を待つようにしましょう。

>>ホールスタッフ漫画はこちら(仕事内容編)
>>ホールスタッフ漫画はこちら(エピソード編)

>>キッチンスタッフ漫画はこちら(仕事内容編)
>>キッチンスタッフ漫画はこちら(エピソード編)

▼バイト面接でよくある質問とトーク例を紹介
大学生必見!バイト面接でよくされる質問と答え方トーク

▼こちらもチェック▼

 

バイト 面接 質問 おもしろい 大学生 バイト タウンワークバイト面接でよく聞かれる&変わった質問の回答法を現役大学生に聞いてみた
新しいアルバイトにチャレンジするとき、避けて通れないのが面接。どんな質問をされるかドキドキする人も多いのでは。そこで、実際にどんな質問をされたことがあるのか、切り返しの回答例やその後の採用/不採用について現役大学生に聞いてみました。