スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年11月01日

バイトの面接を辞退したいときの断り方と連絡方法

面接辞退の断り方面接の日程が決まっているのに、他で採用が決まってしまうなど、事情があって面接を辞退しなければいけなくなることがあります。その場合、いつどのように辞退を伝えればいいのか電話トーク例とメールの文例をまとめました。

面接辞退を決めたらすぐに連絡する

辞退することが分かった時点で速やかに連絡入れるのがマナーです。少なくとも面接の前日までには連絡したいところです。
連絡は、早ければ早いほど応募先としては助かります。連絡せずにそのままバックレるような無断欠席はしないよう、必ず連絡は入れましょう。

面接当日の辞退連絡は電話でする

辞退の連絡方法は、バイト面接の当日の場合は、確実に連絡が取れる電話でするのがマナーです。直前のキャンセルは、メールだと気付かれないケースもあるため、必ず電話で伝えるようにしましょう。面接前日の場合も、電話の方がよいケースが多いです。

面接の3日以上前ならメールでも可

バイトの面接日まで3日以上ある場合は、応募先から面接の連絡が来た方法で連絡します。面接日程の連絡が電話で来た場合は、こちらからの連絡も電話でOKです。メールで日程連絡が来た場合は、メール内に連絡方法の記載があるはずなので、それに沿って辞退を伝えましょう。

面接の断り方の電話・メール文面例

辞退の理由はさまざまあると思います。ここでは、他で採用が決まってしまった場合と、その他自己都合で辞退する場合の例をご紹介します。

他で採用が決まった場合

他社での採用決定がわかった時点ですぐに連絡をしましょう。この時、理由や事情を詳しく言う必要はありません。「他で決まってしまい、辞退せざるをえなくなった」と事実を伝えるだけでOKです。

<電話トーク例>
「○/○の△時に面接をお願いしておりました、XXです。実は、他で採用が決まってしまいましたので、今回の面接を辞退させていただきたいと思いましてご連絡いたしました。せっかくお時間をいただいていたのに申し訳ありません」

<メール文例>
件名:アルバイト面接の辞退について(名前をフルネームで)

株式会社○○
○○店 店長 ○○様

○/○の△時に面接をお約束しておりました、XXです。
大変申し訳ありませんが、他で採用が決まったためこの度の面接を辞退したく、ご連絡いたしました。
お忙しい中面接の時間をご調整いただいたにもかかわらず、誠に申し訳ありません。
何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前をフルネームで)
〒XXX-XXXX
東京都○○○○○○○○
電話:000-0000-0000
mail:aaaaaaa@bb.com

その他の理由で辞退したい場合

他のバイト先が決まった以外の理由で辞退したい場合も、きちんと連絡するようにしましょう。その際、理由を細かく話す必要はなく、シンプルに辞退を伝えれば良いです。電話なら「事情により働けなくなった」「家庭の事情」「学校の都合」で、メールなら、「一身上の都合で」として構いません。大事なのは、できるだけ早く面接辞退の事実を伝えることです。

<電話トーク例>
「○/○の△時に面接をお願いしておりました、XXです。申し訳ありません、アルバイトをすること自体を考え直したく、面接を辞退させていただきたくご連絡しました。せっかくお時間をいただいていたのに申し訳ありません」

<メール文例>
件名:アルバイト面接の辞退について(名前をフルネームで)

株式会社○○
○○店 店長 ○○様

○/○の△時に面接をお約束しておりました、XXです。
大変申し訳ありませんが、一身上の都合によりこの度の面接を辞退したく、ご連絡いたしました。
お忙しい中面接の時間をご調整いただいたにもかかわらず、誠に申し訳ありません。
何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前をフルネームで)
〒XXX-XXXX
東京都○○○○○○○○
電話:000-0000-0000
mail:aaaaaaa@bb.com

どの方法で断るにしても、誠意をもって伝えることを忘れずに、丁寧に対応するようにしましょう。

バイト面接後、内定を辞退したい場合はコチラを参考にしてみてください。
バイトの採用内定を辞退したい時の断り方<例文あり>

※この記事は2015年6月24日に公開したものを更新したものです。

早速バイトを探してみよう