スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年06月24日

バイトの面接を辞退したいときの断り方と連絡方法

面接辞退の断り方
面接の日程が決まっているのに、他で採用が決まってしまうなど、事情があって面接を辞退しなければいけなくなることもあるはず。その時、いつ、どのように辞退を伝えればいいのか電話トーク例とメールの文例をまとめてみた。

連絡は、辞退を決めたらすぐにする

辞退することが分かった時点で速やかに連絡入れるのがマナー。少なくとも面接の前日までには連絡をすべき。万が一当日の連絡になってしまった場合は、メールではなく、電話で辞退を伝えること。

連絡方法は、面接日が近い場合は電話がベター

面接日程の連絡が電話で来た場合は、こちらからの連絡も電話でOK。
メールで日程連絡が来た場合は、メール内に連絡方法の記載があるはずなので、それに沿って辞退を伝えよう。
なお、面接までの日程が差し迫っている場合(目安1週間以内)は、電話で連絡するのがマナーだ。

面接の断り方のトーク例

辞退の理由もさまざま。ここでは他で採用が決まってしまった場合と、その他自己都合で辞退する場合の例をご紹介。

①他で採用が決まってしまった場合
他社での採用決定がわかった時点ですぐに連絡をするのがマナー。この時、理由や事情を詳しく言う必要はない。「他で決まってしまい、辞退せざるをえなくなった」と事実を伝えるだけでOK。

<電話トーク例>
「○/○の○時に面接をお願いしておりました、XXと申します。実は、他で採用が決まってしまいましたので、今回の面接を辞退させていただきたいと思いましてご連絡いたしました。せっかくお時間をいただいていたのに申し訳ありません」
<メール文例>
株式会社○○
○○店 店長 ○○様○/○の△時に面接をお約束しておりました、XXと申します。大変申し訳ありませんが、他で採用が決まってしまい
この度の面接を辞退させていただきたく
ご連絡させていただきました。お忙しい中、面接の時間をご調整いただいたにもかかわらず
誠に申し訳ありません。何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前をフルネームで)
〒XXX-XXXX
東京都○○○○○○○○
電話:000-0000-0000
mail:aaaaaaa@bb.com

②家庭や学校の事情など自己都合で辞退したい場合
自分の都合で辞退をしたい場合も、きちんと連絡はすべき。この時も理由を細かく話す必要はなく、シンプルに辞退を伝えることがポイント。電話なら「都合が悪くなった」「家庭の事情」「学校の都合」でOK。また、メールなら、「一身上の都合で」と打っても差し支えない。大事なのは、できるだけ早く面接辞退の事実を伝えること。

<電話トーク例>
「○/○の○時に面接をお願いしておりました、XXと申します。事情により働けなくなってしまったので、辞退させていただきたくご連絡しました。せっかくお時間をいただいていたのに申し訳ありません」
<メール文例>
株式会社○○
○○店 店長 ○○様○/○の△時に面接をお約束しておりました、XXと申します。
面接のご連絡をいただき、ありがとうございました。大変申し訳ありませんが一身上の都合により
この度の面接を辞退させていただきたいと思い
ご連絡させていただきました。お忙しい中、面接の時間をご調整いただいたにもかかわらず
私情によりご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありません。
何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前)
〒XXX-XXXX
東京都○○○○○○○○
電話:000-0000-0000
mail:aaaaaaa@bb.com

どの方法で断るにしても、誠意をもって伝えることを忘れずに丁寧に対応しよう。

▼バイト面接後、内定を辞退したい場合はコチラを参考に
バイト面接の内定後に辞退をする時の参考例!メールか電話かどうすればいい?

▼こちらもチェック▼

 

電話 電話対応 あるある 怖い 恐怖 バイト タウンワークスマホ世代は誰もが経験アリ!? 「電話が苦手な人」あるある11
アルバイト先ではまだまだ“電話対応”が必要ということも多いですよね。実はこの電話対応、怖い! 避けたい! と思っていませんか。
NO いえない DJあおい 働く人 バイト タウンワークNOと言えない人ってどんな人?【DJあおいの「働く人を応援します!」】
「頼まれると断れなくて、後で面倒なことになる」。バイト先でふられる、ちょっと面倒な雑用仕事。頼まれると断れなくて「やります」といったものの、何だか面倒くさいことに…。ああ、最初に「できない」ときちんと断っておけば…。