スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年04月08日

カジュアルで人気の「カラオケバイト」。面接時の服装から質問まで総まとめ!

カラオケ バイト 面接 タウンワークマガジン
カラオケバイトといえば「接客がかんたんそう」「なんだか楽しそう」「バイトしてみたい!」。そんな気持ちはあるけど、面接ではどんなことを聞かれるんだろう、どんな服装でいけばいいんだろう……と不安に思っていませんか? そこで、カラオケバイトの面接で聞かれる質問と、見ているポイント、カラオケバイトならではの質問などをまとめてみました。コレを読むだけで面接前の不安がぐっと軽くなるはずです!

【目次】

面接時の服装と持ち物、注意点は?

カラオケ バイト 面接 タウンワークマガジン
「カラオケバイトなら、派手な金髪でもOK! 派手な服装もアリ!」なんて印象をもっていませんか? でも、店舗ごとによって違いもあり採用前の面接では自由な服装でよいわけではないようです。ポイントをしぼって解説していきましょう。

だらしのない服装は避ける

カラオケバイトには制服を用意しているところもありますが私服にエプロンという店舗も多いもの。いくら面接とはいえかっちりスーツでいくと浮いてしまいそうですし、どんな服装でいったらいいのか迷うものです。

カラオケバイトの面接では普段着用している服装で構いません。派手すぎない色味のもの(白黒のモノトーン、ベージュ、グレー、ネイビー等)の常識的な服装がよいでしょう。

ただ、胸元が大きく開いている、スカートの丈が極端に短いなど、露出度合いの高いものは避けます。夏だからといってビーチサンダルや短パンもやめておきましょう。大きなロゴのはいった洋服だと子どもっぽい印象になりますのでご注意を。また、洋服はサイズがダボダボだったり、裾がヨレヨレだったりと、あまりにも「部屋着」のようだとだらしない印象になってしまいます。サイズ感にも配慮しましょう。

男女ともに髪型や持ちものに注意

カラオケバイトといえば髪型や色についても自由度が高い印象がありますよね。ただ、染髪OKのところもあれば、長さや色についても規定があり、過度の染髪はダメなところも。面接前に不安になったら自然な色味におさえておくのが無難です。

また、アクセサリーも必要最低限がよいでしょう。持ち物も同様にかばんや時計なども個性が強いアイテムは避けシンプルにまとめましょう。

時間に余裕をもって到着すること

「楽しそう〜」な印象があるカラオケバイトですが、忙しい時間帯は猛烈に忙しく、時間にルーズなのもNG。面接時に遅刻をするなどと時間管理ができていないとバイトを無断欠勤されたり、遅刻するかもと思われてしまいます。面接の時間には余裕をもってのぞみましょう。また、5分でも遅刻しそうになった場合、迷ってしまった場合は、必ず連絡をいれましょう。

採用担当者が見ているポイントは3つ

カラオケ バイト 面接 タウンワークマガジン
カラオケバイトの面接で採用担当者が見ているポイントは大きく3つあるようです。では、バイトを応募してきた人のどこを見ているのでしょうか。そのための質問とは? さっそくチェックしていきましょう。

責任感をもって仕事にあたれるか?

カラオケの店舗の規模にもよりますが、大型店の場合や休日の前日や週末などの混み合う時間帯はバイトも確保をするのも大変です。チームを組んで店舗を運営しているため、一人が安易に欠勤してしまうと他の人にしわ寄せがいってしまいます。そのため、アルバイトでも責任感があるか、ものごとを投げ出さないか、質問されることがあるようです。

質問例)「過去のアルバイトで欠勤したことある?」
質問例)「感情的になりやすいタイプですか? お客様と喧嘩にならないように対処できますか?」

臨機応変に動けるか?

カラオケに来店されるお客様はお酒に酔っ払っていることも少なくなく、臨機応変かつ毅然と対処する必要があります。ただ、つっけんどんな対応/乱暴な対処をしていては大きなトラブルのもとになってしまいます。より柔軟な対応ができるのか、上手な交わし方ができるか、面接時の会話のやりとりをみています。また、カラオケ店は忙しくなるとオーダーが殺到し、ときに階段を何度も往復するなんてこともあるよう。走ったり、荷物や食事を持ち運んだりと精力的に仕事ができるかも見られているようです。

質問例)「階段を登り降りするの得意? 立ち仕事の経験はありますか?」
質問例)「調理も掃除、案内と一人何役もするけど、臨機応変にできますか?」

仕事を早く覚えられるか? チームワークは?

カラオケ店のバイトでは機械の取り扱い方を覚えたり、フードメニューやドリンクメニューづくりを手伝ったり、掃除をしたりと、仕事内容が多岐に渡ることも。会計〜掃除〜キッチン〜案内などと多数のバイト仲間と協力しながら仕事にあたることも少なくありません。一人でコツコツ型のバイトというより「状況に応じて動く」「バイト仲間と助け合う」仕事といえるでしょう。そのため部活や過去のバイトでチームワークを発揮したことがあるか、仕事の飲み込みの早さを聞かれる/見られるようです。

質問例)「カラオケのアルバイトの経験ありますか? カラオケの機械の扱い方は覚えていますか?」
質問例)「忙しい時間帯は○人でお店をまわすけれど、チームワークは得意ですか? テキパキ掃除ができる?」

面接ではシフト、過去のバイト経験、志望動機が聞かれる

カラオケ バイト 面接 タウンワークマガジン
アルバイトの人手不足が話題となる昨今ですがカラオケバイトも例外ではありません。いつから、どれだけシフトに入ってもらえるか、お互いの仕事のイメージがすり合わないと採用後に不満なんてことになってしまいます。過去のバイト経験や志望動機などはカラオケバイト面接の「鉄板質問」なので答えられるようにしておきましょう。

シフトはどれくらい入れる? 勤務開始日は?

シフトにはどのくらい入れるのか、夜は何時まで働けるのか、早朝までの勤務可能かなどの質問を受けます。ただ、採用されたいからといって「週5日働けます!」など無茶なことをいうのは避けましょう。「毎週月・木の夕方から深夜12時までは入れます」などと、軸となる日、時間帯を明確にしているとシフトが組みやすいことでしょう。

また、アルバイトが不足していると「できるだけ早くシフトに入れない?」などと急かされることもあるでしょう。現在のアルバイトや学業、サークルなどの予定を考えながら、「来週の○日から働けます!」「予定が見えるのが○日頃なので、勤務開始日は○日以降で」などと正直に伝えましょう。

今までのバイト経験、取り組んできたできごとは?

過去のアルバイトの経験(カラオケ店や飲食店)についても聞かれることが多いようです。飲食店であればフードの調理経験が役立ちますし、接客経験があって酔客への対応も慣れているのであればアピールするとよいでしょう。

また、バイトの経験がなくとも部活に真剣に取り組んでいた経験があると「責任感があるんだな」「へこたれなさそうだな」と好意的に評価されるようです。「部活でキャプテンを務めていた」「柔道の経験がある」など、過去に取り組んできたことを伝えてもいいですね。

カラオケが好きだからはアリ? 志望動機はなんて答える?

カラオケバイトの面接でも志望動機は聞かれることが多いようです。ただ、応募した側の本音では「カラオケが好きだから」という人も多いのではないでしょうか。ほかにも「ラクそう」「暇そうだから」という声もあることでしょう。ただ、面接時にぶっちゃけるのではなく、働く必然性やメリット、成長できる点などを盛り込み答えるようにしましょう。

回答例)「私もカラオケが好きなので、お客様に楽しんでもらえるような接客がしたいと思いました」
回答例)「シフトに入れる時間帯が朝〜昼までと生活にも合っているので応募しました。長く働きたいと考えています」

カラオケバイトならではの面接の質問とは?

カラオケ バイト 面接 タウンワークマガジン
「採用担当者が見ているポイント」「鉄板質問」と並んでトイレの掃除や深夜シフトなど、カラオケバイトの面接ならではの質問もあるようです。事前に想定し、答えられるようにしていきましょう。

「トイレの掃除はできる?」と聞かれたら

カラオケバイトでは単なるゴミの回収や部屋の掃除だけでなく、トイレの清掃を行わなくてはいけないことも。トイレでは、場合によって吐しゃ物の清掃もあり避けて通ることはできないといいます。「掃除は好き?」などと聞かれますが、このときに正直に「嫌いです/できません」と答えると採用は厳しいかもしれません。仕事の一部として「トイレ掃除がある」と覚悟しておくとよいでしょう。

「深夜シフトは入れる?」と聞かれたら

24時間営業のカラオケ店では深夜シフトに入れると重宝されます。「終電が○時までなので○時までなら勤務可能です」「金曜日であれば、夜〜明け方まで入れます」などと、自分のライフスタイルのなかで無理なく入れる範囲を考えておきましょう。深夜シフトが入れなくて採用されないことはありませんが、夜に入れると採用される可能性が高まることもあるようです。

「カラオケが好き?」「どんなアーティストが好き?」

カラオケのバイト面接では「カラオケ好きですか?」「どんなアーティストを聞くの?」という質問も多いようです。やはり共通の趣味「カラオケ」があると仲良くなり、それだけ定着してもらえるよう。一見突拍子もない質問にみえますが、臨機応変に受け答えできるか、その様子を見ています。正直に好きなアーティストを伝えるとともに、カラオケ店でのエピソードを交えて「自分が利用したときに、楽しんでいるお客さまの姿が印象に残っています。ぜひこのお店でアルバイトしたいと思いました」と熱意を伝えましょう。

楽しく、長く続けられるカラオケバイトをはじめよう

カラオケのアルバイトは「楽しくてもう何年も続けている」「忙しいときと暇なとき、どっちも好き」「仕事終わりに自分の店で歌ってストレス解消」など、楽しみながら続けている人が多いようです。アルバイト同士も世代が近く、仲良くなりやすいのでワイワイ働きたい人にもオススメ。緊張する面接も予習すればリラックスしてのぞめることでしょう。見事採用を勝ち取って、楽しいカラオケバイトをかなえてくださいね!

早速バイトを探してみよう