スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年09月28日

【カフェスタッフ】みんな初めは未経験。できなくてあたりまえ! 私たちこうしてバイトに慣れました

アルバイトに興味はあるけれど、「仕事を覚える自信がない」「馴染めるか不安」という人も多いはず。どのくらいで慣れたのか、どうやって馴染んだのか、バイトを楽しむ先輩たちに聞いてみました! こちらはカフェスタッフの先輩談。ぜひ参考にしてみてくださいね。

◆話を聞かせてくれた先輩

大学三年生 S.S.さん(男性)
【慣れるまでの期間】1ヶ月
【はじめての接客バイト】カフェ
現在、カフェバイト2年目。専門学生や主婦、フリーターなど、立場も年齢もさまざまなスタッフの中で、持ち前の明るさとリーダーシップを発揮し、頼れる兄貴分として慕われています。

ひたすら実践を繰り返し…慣れる!

STEP1:覚えたことはすぐ実行!
『慣れるまではメモを活用しながら接客』

「~になります」ではなく「~でございます」など、初めは言葉遣いが難しかったので、慣れるまでレジ横にメモを貼っていました。また先輩たちの接客トークを真似して、言い回しなども実践で身につけました。

STEP2:反復して叩き込む。
『できるだけシフトの間隔を空けないように!』

初めは反復練習が大事と考え、シフトの間隔を短めに設定。また店にマニュアルがなく、ドリンクやサンドウィッチのつくり方も、やりながら覚えました。体で覚えると効率的だし、忘れにくいのでおすすめ!

STEP3:飲み会を企画する。
『距離を縮めて、職場を楽しくする工夫を。』

まずは自分をあだ名で呼んでもらえるようにすると、一気に距離が縮まります。その後は、みんなのあだ名や呼び名を提案したり、飲み会を企画したりするなど、自ら積極的に仲間と交流。今ではスタッフみんなと仲良しです!

STEP4:周りをフォローする。
『まわりの作業状況にも目を向けて』

仕事に慣れると、まわりの作業スピードが気になるように。ドリンクを早く作るアドバイスや、忙しい時間帯のフォローなど、仲間のサポートに回ることで、信頼を得ることができました。

頑張る姿を見せれば先輩やバイト仲間もフォローしてくれる

誰だって新しいバイト先では緊張するし、慣れるまでには時間がかかるもの。積極的に仕事を覚える姿勢や、バイト仲間のことも知ろうという気持ちが見えれば、周りのスタッフもフォローしてくれるはず。先輩の体験談も参考にして、あなたに合ったバイトライフを楽しんでくださいね!

 
イラスト/うのき
※本記事は2017/11/20発行のタウンワークの中面記事をもとに再構成しています。