スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年09月28日

【居酒屋スタッフ】みんな初めは未経験。できなくてあたりまえ! 私たちこうしてバイトに慣れました

アルバイトに興味はあるけれど、「仕事を覚える自信がない」「馴染めるか不安」という人も多いはず。どのくらいで慣れたのか、どうやって馴染んだのか、バイトを楽しむ先輩たちに聞いてみました! こちらは日本酒専門居酒屋スタッフの先輩談。ぜひ参考にしてみてくださいね。

◆話を聞かせてくれた先輩

大学2年生 S.O.さん(女性)
【慣れるまでの期間】2~3ヶ月
【はじめての接客バイト】日本酒専門居酒屋
客層もスタッフも、年上が大多数を占める、高級居酒屋点で働くS.O.さん。頑張り屋な性格で、勉強熱心な姿勢は、他のスタッフも一目置かれています。

積極的なコミュニケーションで…慣れる!

STEP1 見聞きしながら真似る
『先輩の接客の仕方も、くまなく観察!』

初めはメニューだけでなく、提供時に付ける備品や、料理の説明など、覚えることがたくさん!不安なときは迷わず店長に確認し、配膳も先輩の仕方を真似して、ひとつひとつ不安要素をクリアにしていきました。

STEP2 商品知識をヒアリングする
『飲めないからこそ、細かい知識を習得』

お酒が飲めないので、日本酒の味やおすすめの飲み方などは、店長や先輩に聞き、細かくメモして覚えました。徐々に銘柄にも詳しくなり、お客さんの好みに合わせた日本酒をおすすめできるように!

STEP3 質問から話題を広げる
『幅広い年代のスタッフと、仲を深める』

仕事に関する質問は、自分から積極的にしていたのですが、それに加えて質問した流れで、自然と雑談やプライベートの話もできるように。今までは一回り年上の先輩スタッフとも、恋愛トークするほど仲良くなりました。

STEP4 「こうしたらよいかも?」を大事に
『感じたことを伝え合い、より仕事をしやすく』

2~3ヶ月経ったころには気持ちに余裕が出てきて、仕込み方法の効率化やドリンクの提供時間短縮など、仲間と業務改善にも取り組むように。みんなで意見を出し合うことで忙しい時でも働きやすくなり、仕事でのチームワークが高まりました。

頑張る姿を見せれば先輩やバイト仲間もフォローしてくれる

誰だって新しいバイト先では緊張するし、慣れるまでには時間がかかるもの。積極的に仕事を覚える姿勢や、バイト仲間のことも知ろうという気持ちが見えれば、周りのスタッフもフォローしてくれるはず。先輩の体験談も参考にして、あなたに合ったバイトライフを楽しんでくださいね!

 
イラスト/うのき
※本記事は2017/11/20発行のタウンワークの中面記事をもとに再構成しています。