スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2020年10月07日

声優・工藤晴香インタビュー『仕事は人間関係が生まれる場所。“工藤晴香の現場は楽しい”と思ってもえるような関わり方をしていきたい』

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townworkキャラクターとライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト「バンドリ!」の氷川紗夜役、Roseliaのギター担当としても活躍する声優の工藤晴香さん。身近なスタッフとの関係性や、悔しさは成長のバネだと語る仕事観について伺いました。10月7日には、2ndミニアルバム『POWER CHORD』をリリース!

 

“過去を踏まえた今、そして未来へ”。激動の時代だからこそ書けた作品になった

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork——今年3月にデビュー作をリリースし、早くも2作目のミニアルバムになりますがどういった作品にしたいと考えていましたか?

デビュー作の『KDHR』は、“工藤晴香はこういう人です”という自己紹介の要素が強い作品でしたが、今回は1曲ずつにテーマを置いて詞を書きました。今年に入り、今まで誰も経験したことのないステイホームという状況に直面したなかで、自分自身のこれまでを振り返ったり、表現者としてこれから何が出来るのか? ということを考える時間にもなりました。

——完成した作品を聞いてみていかがでしたか?

改めて聞くと、前作が現在進行形の“今を生きる”という意味合いが強かったのに対して、今回は“過去や今があり未来に踏み出す”という、今だからこそ書けたミニアルバムになったと思います。普遍性も意識して書いたので、どこかに共感していただけるポイントがあれば嬉しいです。

——楽曲に関しては、1曲目「GROOVY MUSIC TAPE」から、力強いサウンドと歌声で期待感が高まりました。

一番最初にとりかかった曲で、私自身の音楽との出会いや、初期衝動を綴っています。引き込まれるようなインパクトや、高揚する気持ちを表現したかったので、何かが始まるというワクワク感は大切にしました。

——リード曲「KEEP THE FAITH」も、前向きなパワーに溢れていますね。

年齢を重ねることで、周囲から可能性や限界を勝手に決められてしまうことに対して、“そんなの関係ないよ”というメッセージを込めました。夢を持つことに終わりはないですし、今立っているところがいつでもスタート地点。自分自身や聞いてくださる方の“挑戦する気持ち”を後押し出来るような曲にしたくて書きました。それもあって、曲中では私も初めてラップに挑戦しています。

——挑戦という点では、「Magic Love」では初の作曲もされたそうですが。

制作を始める前の打ち合わせで“作曲をしてみたい”と自分から希望を出しました。ギターを弾きながらトライしたのですが、すごく難しくて“まだ無理って言っても間に合うかな?”と何度も迷いましたね(笑)。でも、ギターでコードを鳴らしながら譜面にしたものを、アレンジャーさんが素敵に仕上げてくださったので挑戦してよかったなと思います。

——歌声のバリエーションの多彩さにも引き込まれました!

レコーディングでは、フレーズごとに何パターンも歌い方を試したりと、挑戦と遊び心を持って取り組むことが出来たので楽しんでいただければと思います。

 

読者モデル時代に、真剣に働く大人の姿を見て“仕事の責任”について考えるようになった

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork——ここからは仕事観についてお伺いします。工藤さんは学生時代からモデルとして働かれていますが、“仕事”を意識したターニングポイントはありますか?

仕事の責任について考えるようになったのは、雑誌の専属モデルの現場でした。タイアップがある撮影の場合、洋服や化粧品などの商品担当の方もいらっしゃって、色々と指導やアドバイスを受けます。その一方で、雑誌の編集の方の方針もあるので、商品担当の方と編集の方の意見が食い違った時に、バトルをされている場面も何度かあって(笑)。

あえてバトルと言いましたが、お互いが良い物を作りたいと真剣に向き合っている大人たちのそういった真剣な姿を見て、その方たちと仕事をするうえで、私も責任をもって取り組まないといけないと考えるようになりました。

 

日頃から“悔しさ貯金”をすることで、成長につなげていける

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork——声優を始めた頃はどうでしたか?

オーディションからのスタートだったので、最初は分からないことばかりで必死でした。一番苦労したのは「ん」や「えっ」という感嘆詞ですね。同じ言葉でも、たくさんの感情のニュアンスが生まれますが、最初はワンパターンな発音しか出来なかったんです。

だから収録でもなかなかOKが出なくて、最終的にはディレクターさんに、「こういうふうに言って」とお手本を提示されてしまって……。お芝居ではなく、単なる真似になってしまうのがすごく悔しかったですね。先輩のお芝居を見たり、マンガを音読してみたりと、どうしたら上手に感情が表現出来るのか、自分なりに勉強しました。

——悔しさは必要だと思いますか?

そうですね。昔は悔しい思いをすると“どうしてこんなに辛いんだろう”とか、怒られて“もう何も考えたくない!”と思っていた時期もありましたが、成長をするうえで必要なものだと思っています。今でもたくさん悔しい思いをするし、あえて“悔しさ貯金”をしているところがあるかもしれないです(笑)。

——“悔しさ貯金”とは、名言ですね(笑)。

大人になると、昔ほど悔しい思いをしなくなる気がするんです。それは、きっと“まぁいっか”と諦めるのが上手くなったり、何かのせいにして逃げるのが得意になっていくからだと思うんです。そうならないためにも、悔しいという感情には敏感でいたいと思います。

 

自分からアドバイスを求めると周囲からの協力を得られることを学びました

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork——人からのアドバイスは素直に受け止められますか?

最初の頃は厳しく注意されたり怒られた時に、その理由を考えられなくて“なんで?”と思ったりもしました。怒ってもらえることが有難いことだと考えられるようになったのは、大人になってからかもしれないです。

それと、芸能事務所にいた頃のスタッフさんが厳しくて、育てるという意味もあり悪いところはちゃんとストレートに指摘されました。たとえば、「写真の写りが良くなかった」とか、オブラートに包まずに言われると傷つきますが、確認すると実際に良くないことが多かったので反発が出来なかったというのもありますね(苦笑)。

――そういった場合はどうしていましたか?

その時は、編集の方やカメラマンさんに相談に行きました。そうすると、アドバイスをもらえたり、先輩の撮影がある時は声をかけてもらえることもありました。怒られた時に、一人で拗ねたり誰かのせいにしても仕方がなくて、自分からアドバイスを求めることで周囲の方たちの協力を得られるということは、その時に学びました。

 

バイト先の店長に言われた「イヤなことがあった時に相談できる仲間を大切に」という言葉が今でも響いている

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork——今回は、アフレコ現場にお邪魔しての取材になりましたが、現場の空気が柔らかいのも、工藤さんが周囲の方たちを大切にされているからなのかなと。

必要以上に現場がピリついていたり、感情的に怒っている人がいると、みんなが萎縮してしまって良いものが出来ないと思うんです。自分自身も楽しく仕事をしたいですし、スタッフさんにも“工藤晴香の現場は楽しい”と思ってもらいたいんです。問題が起きた時も、自分や周囲を追い詰めるより、あえて「いやぁ、大変だぁ!!」と声に出してみたり、みんなで解決していくほうが自分には合っている気がします。

――そのほうが良いアイディアも浮かびそうですね。

表現者として、作品やステージでお客さんに笑顔になってもらいたいというのは大前提にあるのですが、そのためにも、スタッフさんを含めて作り手が楽しんで向き合うことが大事だと思っています。仕事に向けた熱意は伝染すると思うし、楽しさが作品を通して、みなさんに伝わっていたら嬉しいなと思います。

——では最後に読者に向けて、仕事を上手に楽しむためのアドバイスをお願いします!

昔バイトをしていた時に、店長が「イヤなことがあった時に話を出来る同期や仲間を大切にしてください」と挨拶していたのを今でも覚えているんです。それは“仕事終わりに、ちょっとした雑談とかグチを話せる相手がいるだけで楽になるよ”というニュアンスだったんですけど、振り返ると本当にそうだなと。

仕事は人との関わりを生むものであり、身近な人たちを尊敬したり大事にすることで自分自身が笑顔でいられると思うので、みなさんにも楽しみながら色々な経験をしていっていただけたらと思います!

 

■Profile
工藤晴香
(くどう はるか)

高校時代からモデルとして活動し、2005年にテレビアニメ『ハチミツとクローバー』の花本はぐみ役で声優デビュー。その後も数多くのアニメに出演。2016年からは、『BanG Dream!』の氷川紗夜役を担当し、Roseliaのギターとしてライブ活動も展開。声優、イラストレイター、デザイナーとしても活動。2020年3月には、ミニアルバム『KDHR』でソロ・メジャーデビューを果たす。

◆工藤晴香 OFFCIAL SITE:https://kdharoom.com/
◆工藤晴香 Official Twitter:@Kudoharuka910

■リリース情報
2nd Mini Album『POWER CHORD』10.7 Release!!

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork
【TYPE-A】
(CD+M-CARD)
価格:¥3,182(税抜)

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork
【TYPE-B】
(CD+M-CARD)
価格:¥3,182(税抜)

工藤晴香 声優 インタビュー タウンワーク townwork
【TYPE-C】
(CD Only)
価格:¥2,273(税抜)

 
●工藤晴香「POWER CHORD」全曲試聴トレーラー

 
●工藤晴香「KEEP THE FAITH」MUSIC VIDEO(short ver.)

企画・編集:ぽっくんワールド企画 撮影・河井彩美 取材・文:原 千夏

早速バイトを探してみよう