スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2018年05月21日

アーティスト・The Super Ballインタビュー 『いろいろな経験を通して“やりがいを感じられる”バイトに出会ってほしい』

インタビュー the super ball

キャッチーなメロディーと2人の織り成すハーモニーが魅力のThe Super Ball(ザ・スーパーボール)。自身で作詞作曲も手がけるツインヴォーカルユニット。バイト経験が豊富だという佐々木陽吾さん吉田理幹さんに、記憶に残るエピソードについて教えてもらいました。さらに、新曲「Second」の制作エピソードも要チェック!

新曲は“恋愛の葛藤”を描いた2人の新境地!

——4枚目のシングル「Second」は新しい挑戦をされているそうですね。

吉田「はい、今回は“恋愛の葛藤”を描いた大人っぽい世界に初めて挑戦しました。物語を描いて、そこに少し実体験をいれたり、情景が見えるものや、心情に寄せる部分を考えながら作っていきました」

——レコーディングはいかがでしたか?

吉田「僕はサビの最初に出てくる“愛したい”っていう言葉に、すごくこだわりました。家で一人で“愛したい”を50パターンくらい試して、レコーディングでも全パターン録ったんです!」

佐々木「僕は、Dメロの“僕なら君の心を〜”の部分のハモりですね。たぶんカラオケで歌うと難しいと思うんです。メロディー的に下がりたくなるけど“そこをグッとこらえて!”っていう感じですね(笑)」

——通常盤には、アコースティックバージョンも収録されますね。

吉田「表題では、感情がストレートに表に出るように歌っているんですけど、アコースティックはピアノとギターだけなので、より切ないバラードに仕上がったと思います」

——まったく違う曲に聴こえて新鮮でした。

佐々木「音数を減らしただけで、実はテンポは一緒なんですよ。でも違って聴こえるのは嬉しいです。曲の雰囲気に合わせて歌い方も変えているので、“俺のものになってくれよ!”みたいなちょっと強気な感じと、“僕を好きになってくれないなぁ”っていう気弱な恋心の両方を感じてもらえると思います」

——普段は、どんなふうに曲作りしているのでしょうか?

佐々木「僕たちは一緒に暮らしているので、お互いに常に作っている感じなんです。たとえば、理幹(佐々木)が弾いているピアノが聞こえてきて、いいなと思ったら“今のなに?”って部屋に行って声をかけたり」

——相手が部屋を訪ねてきたら……。

吉田「“この曲いいんだ!”って(笑)」

佐々木「あとは、良い曲ができたなと思ったら自分から“これどう!?”ってもって行ったり。ちなみに、c/w「弘前公園」は、理幹の部屋から聞こえてきたメロディがあまりに良くて、僕が“それなに!?”って飛び込んだパターンのやつですね(笑)。メロディーの優しさから浮かんだ、“故郷”とか“思い出”がモチーフになりました」

吉田「自分でも“めちゃくちゃ良いメロディーができた!”っていう自信があったので“いいでしょ!!”って(笑)」

佐々木「弘前公園は、僕の地元の青森にあるんですけど、桜の名所なんです」

吉田「最初は“場所を限定するのはどうかな?”と思ったんですけど、写真を見たら、すごくキレイで魅力的な場所だったのでタイトルに決定しました」

佐々木「この曲はライヴで演奏するとガラッと空気が変わるんです。素朴だけど、すごく良い曲になったと思うし、いつかぜひ地元の弘前公園でも歌えたらいいなと思います」

 

研修期間から昇格するために、ひたすら餃子作りの練習をしました

インタビュー the super ball
——では、ここからはバイトについて教えてください。

吉田「僕は、中華惣菜のキッチンが一番長くて、スープ屋さんのキッチン、宅配便の配達、コンビニ店員をしました」

佐々木「僕は、牛丼屋、家庭教師、缶工場の出荷、塾講師、カフェとファミレスのキッチンと、コールセンターですね。一番長いのは、家庭教師で大学の4年間ずっとやっていました」

——お2人とも、バイト経験が豊富なんですね。それぞれに記憶に残るバイトをあげてもらえますか?

吉田「僕はずっと高校野球で甲子園を目指していたんですけど、引退してからすぐに始めたのが中華惣菜でのバイトでした。高校生のわりに時給が高かったのと、オープニングスタッフを募集していたので、最初から参加できることも魅力だと思ったので」

——実際に働いてみてどうでしたか?

吉田「楽しかったですよ。最初は研修期間があって、試験で時間内に決められた数の餃子を作れたら昇格っていうシステムだったんですけど、25gの肉を入れて、ひだで口を閉じてって、ひたすら作っていましたね。だんだんキレイな形に出来ていくのが嬉しくて。今でも作れますよ!」

佐々木「(餃子作りの手つきを見て)おぉ、手首のスナップが効いてる(笑)」

——佐々木さんは作ってもらったことは?

佐々木「それが、ないんですよ」

——あれっ?

吉田「そうですね……いつか(笑)。ちなみに、餃子とシュウマイと肉まんは、どれも試験があって、それをクリアしていくのが楽しかったです」

 

宅配便での苦労——梱包は丁寧にしてもらえると助かります!?

インタビュー the super ball
——大変だったバイトはありますか?

吉田「宅配便のバイトは僕には体力的に厳しくて。特にお中元とお歳暮の時期はものすごい量だし、時間指定もあるのでダッシュでしたね。ただ、大変ではありましたけど、当時から音楽をやっていたので“これをトレーニングだと思って、少しでも痩せてかっこよくなってやる!”みたいな気持ちでやっていました」

——そこでは、どのくらい働いたんですか?

吉田「2年以上やっていました。忙しい時期以外は、3時くらいまで働いて、夕方以降に音楽活動をしていたんです」

——宅配便で思い出に残るエピソードがあれば。

吉田「これはお願いなんですけど、梱包はしっかりしもらえると助かります! 僕も何度か経験したんですけど、運んでいる時に、箱が壊れたりテープが剥がれると悲しいことになるので……。あと、夏場は水の配達が多いんですけど、エレベーターがないビルで、水6箱を運んだのは大変でしたね」

佐々木「それ、すごいね」

 

なんとなく始めた家庭教師だったけど、生徒が結果を出せた時はうれしかった

インタビュー the super ball
——では、佐々木さんの記憶に残っているバイトは?

佐々木「一番最初は牛丼屋で、そこはまかないが嬉しかった(笑)。記憶に残っているのは家庭教師ですね。大学内に家庭教師募集のチラシがたくさんあって。最初は、なんとなく登録して、なんとなく始めたんです」

——経験してみてどうでしたか?

佐々木「英語の点数が一桁の男の子がいて、その子に半年間教えていたら80点くらいとれるようになったんです。その彼は、ちょっと恥ずかしがり屋だったので、そっけない感じで“けっこう出来ました”くらいの報告だったんですけど、親御さんが“先生これ見てください! ほんっとにありがとうございます”ってテストを見せてくれて、それは嬉しかったですね」

——成績をあげるための工夫もあったのでしょうか?

佐々木「その子は勉強への熱意があまりない子だったので、まずは信頼関係を築こうと思ったんです。そのためには、質問には全部答えられないといけないと思ったし、事前に予習したり時間をかけて準備はちゃんとしていました。中学から高校の節目って人生がかかっているからプレッシャーに感じる部分もありましたけど、貴重な経験だったと思います」

 

大学時代のウチの冷蔵庫は缶ジュースで埋まっていました!

インタビュー the super ball
——初めてのバイト代のことは覚えていますか?

吉田「最初から11万円もらったんですよ!」

佐々木「ほんとに!?」

吉田「うん。高校を卒業する年の春休みで時間があったから。当時は、実家だったので“こんなにもらってどうしよう。とりあえずなにかに使わなきゃ!?”って(笑)」

——結果、なにを買ったんでしょうか?

吉田「野球を引退して、ピアノと歌を始めたばかりだったので、良い音で音楽を聴きたいなと思って、高価なイヤホンとマイマイクを買いました!」

佐々木「僕は2万3000円だったんですけど、古着を買った気がしますね。音楽に使い出したのは、缶工場で働きだした頃。その頃から東京にボイトレに通いだしたので」

——缶工場というと?

佐々木「自販機に缶ジュースを補充するトラックに、倉庫から指定数を持ってきて積み込むバイトでした。トラックを待っている間はのんびりしていたし、缶に傷がついたジュースはもらえたんです。だから大学時代の僕の家の冷蔵庫は、缶ジュースで埋まっていました」

——かたや吉田さんは、夏に重たい水を運んでいたわけで。

吉田「そうなんですよね、両極端ですよね。でも、バイトをやったおかげで、僕もトレーニングになりましたから(笑)」

 

新しいバイトを迎える側も、きっとワクワクしているはず!

インタビュー the super ball
——では、最後にこれからバイトを始めたいと思っている人にアドバイスをいただけますか?

吉田「色々なバイトをしたからこそ思うんですけど、合わないと感じたらちゃんと謝って別のバイトに移るのもアリだと思うんです。嫌々やっても仕方がないので、何回失敗しても、やりがいを感じられるものを探してみることをおすすめします」

佐々木「これから始める人は不安だらけだと思うんですけど、先に働いているほうも、転校生を迎えるみたいなワクワク感があったので、きっと先輩たちも“楽しみに待ってるよ!”って伝えたいですね」

吉田「僕が働いていた中華惣菜のバイトもすごく仲が良くて、閉店してからボーリングに行ったり、カラオケに行ったり、すごく楽しかったんです。僕自身、人見知りな部分もあるんですけど、一緒に働くことで仲良くなれたし、店長のこともすごく好きでした。きっと、そういう出会いもあると思うので」

佐々木「Let’s Try!!」

 

🎁Twitterプレゼント実施中🎁
今回のプレゼントは・・・

スーパーボール superball 佐々木 吉田 バイト タウンワーク チェキ プレゼント

🎁プレゼント内容
The Super Ballお二人のサイン入りチェキを、抽選で2名様へプレゼントします!「タウンワーク」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。
※どの賞品が当選するかは、選択できません。
応募方法
1.「タウンワーク」公式twitter (@townworknet) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

🕒キャンペーン開催期間
2018年5月21日(月)〜2018年5月27日(日)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

◾Profile
The Super Ball(ザ・スーパーボール)

小学校1年からピアノを習い、高校時代はコピーバンドを結成。小学校・中学校の教員免許を取得した佐々木陽吾(ささきようご)。強豪・桐光学園高校野球部に所属し、大学時代は早稲田のアカペラサークル“ストリート・コーナー・シンフォニー(SCS)“に入部していた吉田理幹(よしだりき)。2人によるツインヴォーカルユニット、略称“スパボ”。2015年に、The Super Ballとして都内のライヴハウスや路上ライヴ活動を本格化。2016年TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』の主題歌「トモダチメートル」でメジャーデビュー。

Gt.Vo 佐々木陽吾(Yogo Sasaki)
1990年11月19日生。青森県つがる市出身

Pf.Vo 吉田理幹(Riki Yoshida)
1991年4月2日生。神奈川県横浜市出身

♦The Super Ball OFFICIAL SITE:https://supabo.com/
♦The Super Ball OFFICIAL Twitter:@supabol
♦佐々木陽吾OFFICIAL Twitter:@supabolyogo
♦吉田理幹OFFICIAL Twitter:@supabolriki0402

◾リリース情報
4th Single『Second』Now On Sale!!

初回限定盤(CD+DVD)
TKCA-74652/¥1,389+税

インタビュー the super ball
通常盤(CDのみ)
TKCA-74653/¥1,111+税

*すべての詳細は、https://supabo.com/

企画・編集:ぽっくんワールド企画 撮影:青木早霞(PROGRESS-M) 取材・文:原 千夏