スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年07月15日

【大学生の夏休み】バイト、旅行、資格取得…。2ヶ月をどう過ごす? 夏休みの有意義な過ごし方を調査

【大学生の夏休み】バイト、旅行、資格取得…。2ヶ月をどう過ごす? 夏休みの有意義な過ごし方を調査

もうすぐ待ちに待った夏休み! 大学生は2ヶ月もある休みですが、みなさんの予定は?ボーッと過ごして気が付いたら終わり…なんてもったいない! 

そこで、就職活動で時間を割くことが少ない大学1年生~3年生の夏休みで“やって良かった”と思うことを卒業生にアンケートしてみました。

【やって良かったこと】
夏休みにバイトをして良かったという人が多数。サークル活動や旅行など仲間と過ごす人も

Q 最も「やって良かった」と思う過ごし方を教えてください。(3つまで選択)

夏休みの過ごし方 最も「やって良かった」と思う過ごし方を教えてください

多くの人があげたのがアルバイト。普段は学校やサークルなどで忙しくシフトに入れない分、夏休みでガッツリ稼ごうとする人が多いようです。

また、サークル活動や国内旅行など仲間たちと過ごしたり、フェスや花火大会など夏ならではのイベントを楽しむ人も。

勉強や読者などひとりで知識を深めるのもいいけれど、バイト仲間や友人と過ごすことを“良かった”と感じる人が多い結果になりました。

その詳しい理由を聞いてみると

アルバイトは、「社会人になる準備ができた」「2ヶ月間でしっかり稼げた」
サークル活動は、「大学生ならではだから」「友情が育まれた」
国内旅行は、「時間がとれる今だけだから」

という声目立ちました。

実際のコメントはこちら!

◎アルバイトが良かった!
まとまったバイト代を頂いたことで、両親からの仕送り額を減らすことができ、親孝行できたと思うからです。 また、交際費を増やすことができたので、プライベートも充実できたことも理由として大きいです。(24歳/男性)

大学時代は何をするにもお金がかかってしまうのでバイトは重要。また、就活時期になるとバイトができなくなるので、出来るときにバイトをして貯金していた方がいいので。そして、バイトはお金を稼ぐだけでなく、バイト先で友達ができたり、社会勉強もできて、沢山のことを学べるので。(25歳/女性)

◎サークル活動が良かった!
サークルの合宿! 人生の中で複数の人と宿泊することはなかなかなく、その中で感じられることが多かったため。大学生の今しかできないことをしている充実感があった。(25歳/男性)

卒業した今でもサークルのメンバーとは交流があり、大切な友人になっています。(25歳/女性)

◎国内旅行が良かった!
若いうちに若者同士で旅行をすれば普段学校で話さないようなことも話せますし、感性も養えます。(23歳/男性)

海外旅行に行く人も多かったけど、国内はそこまでお金もかからないし、思っているより日本国内にも知らないことや刺激的なところが多いことが分かった。日本を知れるし、単純に楽かった!(24歳/女性)

充実の夏休みを過ごした卒業生も、いまだから思う「もっとやっておけば良かったこと」があるよう。大学生の夏休みに「もっとやっておけば良かったこと」も聞いてみました。

【もっとやっておけば良かったこと】
海外旅行、資格取得、短期留学など知識や感性を磨きたい人が多数

Q「もっとやっておけば良かった」と思うことを1つあげるとすれば何ですか?

夏休みの過ごし方 もっとやっておけばよかったことは何ですか?

同率で多かったのは海外旅行と資格の取得・勉強の2つ。長期休暇だからこそできたことを「やり残した」と感じているよう。続いて短期留学。海外で視野を広げたり、資格の勉強をするなど、知識の底上げをしたかったと考える人が多いことが分かります。

そして、どの意見にも共通していたのが「時間がある大学生のうちに」やっておけば良かったということ。社会人になって2ヶ月の休みがとれる機会はほとんどないため、貴重な時間だったことが改めて分かるようです。

実際のコメントはこちら!

◎海外旅行に行けば良かった!
社会人になると旅行に行ける時間が減るだけでなく、一緒に行ける友達も減ってしまうから。行くなら大学生のときだったと思う。(25歳/男性)

もっと様々な場所を訪れ、現地の人たちとの交流や、文化について学んでおけばよかったと思います。そうすれば語学力ものびたはず。(26歳/女性)

◎資格取得をすれば良かった!
現在、勤めている職務が資格必須のため、資格取得の勉強をする必要があるのですが、社会人になると勉強時間を確保するのが難しい! 時間に余裕のあった大学生時代にやっておけばよかったと少し後悔しています。(24歳/男性)

就職してから司書資格を取得したが、やはり仕事との両立は大変だった。学生のうちから興味があったので、時間のあるうちに挑戦しておけばよかった。(25歳/女性)

◎短期留学をすれば良かった!
社会に出ると語学力を求められるシーンも多いので、大学生時代の時間がある時期に英語力の向上をしておくべきだった。(24歳/男性)

留学したいとは思いつつ、遊び通してしまった。学生時代に行くのが一番安いし、奨学金制度などもあるので、ちゃんと努力しておけば考え方や世界観が全く違うものになっていたんだろうなと思った。(23歳/女性)

夏休みは「大学生の今だから」できることにチャレンジ!

「夏休みの過ごし方」参考になったものはありましたか?

「やって良かった」という声で多かったのはアルバイトやサークル活動など日常の過ごし方を少しパワーアップさせるというもの。夏休みだからいつもより頑張る、といったところでしょうか。

一方「やっておけば良かった」ことは海外旅行や短期留学など日常から飛び出して、夏休みだからこそできることがあげられました。どちらにしても共通しているのは「大学生の今だからできる」こと。

もしかしたら人生の中で一番長く、そしてアクティブに過ごせるかもしれない大学生の夏休み。後悔しないように有意義に過ごしてください!

※データ/大学もしくは大学院を卒業した22歳~27歳までの男女(200人)を対象に調査(調査期間:2016年6月24日~6月29日)
調査協力/株式会社クラウドワークス

文/中屋麻依子