スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年02月03日

【待望の春休み!】何する? 費用はいくら? 大学生の後悔しない春休みの過ごし方と短期バイト

春休み
後期試験が終わり、多くの大学生は長い長い春休みに突入! この期間を楽しく、また充実して過ごすために遊びや資格取得の予定を立てている人も多いと思います。休みが長い分やりたいこともいっぱい。ただ、その分実際に計画を立てて実行するとなると結構なお金が必要になります。

でも大丈夫。春休みは時間の融通が利きやすいので、空いた時間に短期バイトをしながら遊ぶための費用を稼ぐことも可能です。

そこで、この時期のイベントにかかる費用と、短期バイトで稼ぐことができる目安をまとめてみました。

スキー・スノボ

必要な費用:1万6000円〜(1泊2日ツアーの場合)


●短期バイト数日分で楽しめる

冬のレジャーの王道といえばスキー・スノーボード。カップルで、仲間たちと、グループでわいわいなど、参加人数を問わず楽しめる冬の定番です。旅行会社が提供しているツアーを利用すれば1万円台(ツアー料金のみ)で参加することができます。費用の総額は1泊2日の場合、ボードやウェアなど全てレンタルすると3万5000円〜4万円程度(上記ツアー料金の場合)。日給8000円の短期バイトに換算すると4〜5日分なので、予算を準備するのは比較的簡単。ただし、ウェアなど含めてスキー・スノボ用品一式を揃える場合は10万円ほど予算が必要になります。

国内旅行

必要な費用:4万円〜(2泊3日、沖縄の場合)、5万円台〜(1週間滞在、沖縄の場合)※ともにツアー料金の場合


●短期バイト10日分で南の島に長期滞在も可能

長期休暇の有意義な過ごし方として定番なのが旅行。大手旅行会社の国内格安ツアープランを利用すれば、沖縄の場合、短期間なら4万円台、長期滞在でも5万円台から探せます。食費など滞在費を含めても、10万円もあれば十分に長期滞在が可能。長い春休みを利用して、例えば2月は旅行資金を貯めるために短期バイトを積極的にして、3月は優雅に南の島でリフレッシュ、という計画を立てるのもいいかもしれません。

アミューズメントテーマパーク

必要な費用:7000円前後(1日フリーパスの場合)


●短期バイトの日給で行ける! 春休みは学生割引も

デートはもちろん、友達同士でも家族でも楽しめるアミューズメントテーマパーク。テーマパークのなかには、春休み期間中に学生割引を行なっているものもあります。例えば東京ディズニーリゾート。2017年1月6日〜3月17日のあいだ大学生・大学院生・専門学生(18歳以上)限定のキャンパスデーパスポートが6800円(通常の1デーパスポートは7400円)で購入できます。また、春休みなら来場者数が少ない平日を狙って遊びに行きやすいのもポイント。お得にかつ満喫したいなら春休みが狙い目といってもいいでしょう。

 
春休みはレジャーのほかに、資格取得のために時間を使いやすい時期でもあります。この時期の学生にとって定番といえば自動車免許。短期バイトで全額稼ぐことは難しいかもしれませんが、ご参考までに。

運転免許取得

必要な費用:28万円〜30万円前後(自動車教習所の場合) 15万円〜30万円前後(合宿免許の場合)


●日中に時間のとれる春休みはチャンス。合宿免許は旅行気分も味わえる

日中に時間がとれる春休みは自動車免許の取得を目指すにはもってこいの時期。時間的に余裕があるときにまとめて教習を受けやすいので、短期間で免許取得を目指すことができるのもポイント。費用は教習所により前後しますが、おおよそ28万円〜30万円前後が一般的。検定や試験に合格できない場合は、これに追加費用がかかります。

短期的に集中して免許を取得する方法として、合宿免許を受ける方法もあります。最短2週間で取得できるほか、同世代との出会いがあったり、旅行気分を味わえたりメリットも少なくありません。費用は15万円〜30万円前後。繁忙期と閑散期で費用が異なります。春休み期間中の2月〜3月は繁忙期にあたるため、20万円台後半の費用がかかるところが多いようです。

春休みは稼ぎながら遊ぼう!

長い春休みを満喫するにはある程度まとまったお金が必要。今から計画的に短期バイトをチェックしはじめ、有意義な春休みを過ごせる準備をしましょう。