スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年06月26日

時給?シフト?etc.大学生「バイト選び」の重視条件

時給?シフト?etc.バイト選びの重視条件は?
バイトは何を基準に選ぶのか。時給?シフト?仕事内容?場所?など迷う人もいるだろう。そこで今回は、バイト経験ありもしくは探している300人の短大・大学・大学院生を対象に「バイト選びで何を重視するか」について聞いてみた。

バイト選びで最も重視することは?

第1位 やっぱり「時給」

最も多かったのが、「時給の良さ」で22.7%。その理由はこちら、

「バイトする一番の目的はお金だから」(男性/24歳/工学部)
「お金を貯めたいから」(女性/19歳/理学部)
「どうせ働くのならたくさんお金が欲しい」(女性/20歳/芸術学部)
「短時間で効率よく稼ぎたい」(女性/23歳/医学部)
「多少仕事が大変でも、時給が高ければ頑張れるから」(女性/21歳/法学部)
「時給がよかったら、嫌な仕事でも頑張ろうと思う」(女性/19歳/保健衛生学部)

まずは、バイトとは「お金をもらうためにやる」という大前提に立つと、やはり「時給が大事…」ということだろう。

第2位 大学生は忙しい!? 「シフトの柔軟さ」

次に多かったのが、「シフトの柔軟さ」。

「生活の中でバイトが最優先事項にはしたくないから」(男性/23歳/医学部)
「学校が最優先なので、その隙間に入れられるバイトの方がよいから」(女性/21歳/人文学部)
「いろんなことをしているので、予定が変わることが多いため」(女性/21歳/人文学部)

コメントで目立ったのが「忙しいから」というワード。学業、サークル活動、遊びに恋など、盛りだくさんの大学生活。いろいろやりたいから、バイトの時間も柔軟性を持たせたいという人が多いようだ。一方、「働けるときにいっぱい働きたいから(男性/20歳/経済・経営・商学部)」と、柔軟さゆえにバイトにがっつり入り込みたいという人もいる。

第3位 どうせやるなら「面白い仕事 」!

「興味が持てない仕事だと続かないから」(男性/21歳/法学部)
「面白ければ長く続けられるから」(男性/21歳/法学部)
「やりたくないことをだらだらと続けるのは時間がもったいないから」(女性/22歳/農水学部)
「自分が面白い、楽しいと感じられれば、時給が安かろうが、拘束時間長かろうが、気持ちが楽だから」(女性/22歳/国際関係学部)
「自分のモチベーションが低くては仕事がはかどらないから」(男性/18歳/理工学部)
「お金を稼ぐためだけに時間を使うのはもったいないので、少しでも楽しい環境がいい」(女性/21歳/社会学部)

「面白くなければ続かない」「どうせやるなら面白い仕事」という意見。卒業後、社員で働くとバイトほどは仕事を変えるのは難しくなる。今のうちにたくさん経験して興味のあることを探すのも将来のカテになりそう。

その他の理由もご紹介…

以下、「場所の便利さ」「人間関係の良さ」「仕事のラクさ」と続く。それぞれの理由は以下の通り。

【場所の便利さ】
「バイトに行くのに遠出をするのが手間だから」(女性/18歳/経済・経営・商学部)
「勉学との両立のためにも、通いやすいところがいい」(女性/20歳/総合管理学部)
「夜が遅くなった時に帰りやすいから」(女性/21歳/生活学部)

【人間関係の良さ】
「人間関係が良くなければどんな仕事でも苦痛だから」(女性/21歳/法学部)
「学生バイトは社会学習の一種でもあると思う。コミュニティのしっかりしたところは相互に支えあえるし、急な用事にも対応してもらえるから」(男性/20歳/工学部)
「人間関係が良かったら ほかの事は我慢できると思うから」(男性/21/医学部)

「人間関係が良ければ他は何とかなる」という意見が多かったのが印象的…。

【仕事のラクさ】
「仕事が楽だと続けやすいから」(男性/19歳/保健衛生学部)
「バイトで頭を使うのは面倒」(女性/19歳/理学部)
「アルバイトで大変な思いをするのはバカらしいから」(男性/22歳/法学部)
「アルバイトだから責任は負いたくない」(男性/22歳/工学部)

全体的に「バイトなのに大変な思いはしたくない」といった、割り切った(?)意見が目立つ。

いかがだっただろうか。ちなみに、男女別に集計してもこの順位は同じだったが、女子学生の方が「人間関係の良さ」をより重視する人が多いのが面白い(女性14.7%、男性8.7%)。時給や時間、場所などの物理的な条件よりもソフト面が気になるようだ。重視条件は人それぞれだが、さて、あなたは何を重視する?

※データ:アルバイト経験のある、もしくは探している短大生・大学生・大学院生18歳~29歳300人に調査(2014年5月14日~15日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング