スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年06月30日

バイト先の人間関係で悩んでいることは?

バイト先の人間関係で悩んでいることは?
バイト先には、いろいろな人がいる。気の合う人もいれば、嫌な存在もいるだろう。そのため、人間関係で悩むケースも少なくない。事実、バイト経験のある短大生・大学生・大学院生300人にアンケートを実施したところ、45%が「人間関係で悩んだことがある」と答えた。

イト先の人間関係で悩んだことがある?
※データ:アルバイト経験のある短大生・大学生・大学院生18歳~29歳300人に調査(2014年5月14日~15日)/調査協力:株式会社クロス・マーケティング

では、バイト先でどんな人に悩まされているのか、生の声を紹介しよう。

店長&社員に悩まされた……

「気に入らないことが少しでもあると、店長が大声で怒鳴る」(19歳・女子・理学部)
「副店長が仕事をすぐにさぼる。『社員にしかできない仕事だから』と頼むと、舌打ち……」(25歳・男子・教育学部)
「2週間も前にバイトに出られないと伝えていたのに、店長が勝手にシフトを入れた。抗議しても、軽く流す感じて『ごめん』とひと言。信じられない」(20歳・男子・経済学部)
「社員とベテランアルバイトの要求が食い違っていて、どちらに従えばいいかわからない。はっきりさせてよ!」(19歳・女子・人文学部)
「マネジャーから個人的なお誘いメールが何度もきて、バイト先で会うたびに『デートしよう』と。結局、そのまま辞めた」(21歳・女子・工学部)

【編集部コメント】
バイトよりも上の立場にいるからと、威張る店長や社員に悩まされるケースが多いようだ。「せっかく見つけたバイトだから辞めさせられたくない」と我慢しているうちに、どんどん悩みが深くなっていくことも少なくない。

パート&先輩に悩まされた……

「年配のパートさんたちは、裏で悪口ばかり。その環境が嫌で辞めた」(21歳・女子・人文学部)
「少し早く入っただけで先輩面されて、仕事を押し付けられた」(21歳・男子・社会福祉学部)
「バイト初日の失敗を2年間も引きずって冷たい態度をとりつづけた先輩。そんなに私のことが嫌いですか?」(22歳・女子・農水学部)
「男子と女子で接し方が違いすぎる先輩に呆れた」(19歳・男子・工学部)
「自己中心的な先輩と社員との間で板挟みになってしんどかった」(25歳・女子・生活学部)
「先輩のミスを押し付けられた。我慢するしかなかった」(20歳・男子・工学部)
「長年勤めているパートの態度が悪い。店長よりも、勤務歴が長いからか、店長に訴えても改善されなかった」(28歳・女子・薬学部)

【編集部コメント】
店長や社員よりも身近な存在である、バイトの先輩が悩みの原因という声が多数寄せられた。バイトの先輩が嫌な人で悩まされたという声だけでなく、「先輩同士がつくりあげたコミュニティの中に入りづらく、バイトへ行くのがつらかった」と嘆く人も。

バイト仲間に悩まされた……

「職場恋愛のカップルがイチャイチャして仕事をしない。見ているこちらが恥ずかしくなる」(21歳・女子・人文学部)
「バイトリーダーが社員を非常に嫌っており、その雰囲気が後輩にも伝播していて社員とバイト間で連携ができない」(21歳・男子・工学部)
「一人で行動するのが好きなので、頻繁に話しかけてくるのが苦痛。相手が、何か悪いことをしているわけではないため、はっきりといいにくいのがつらい」(21歳・女性・人間情報学部)
「バイトの同僚と仕事以外の会話ができない」(26 歳・男性・工学部)
「何も仕事をしないおばさんがいる。後から入った人だが、年上だから注意しにくい」(22歳・男性・国際関係学部)
「バイト仲間が、店長や先輩の悪口を言ってくる。陰口みたいで嫌だから話にノリたくないが、無視すると仲間はずれにされそうだし……」(21歳・男子・経済学部)

【編集部コメント】
楽しいバイト生活を送るため、できればバイト仲間とは良い関係を築きたいもの。しかし、性格や考え方がズレていたり、仲間に加わりたくないコミュニティができあがっていたりして、どう関わっていけばいいのか分からないといった悩みが多かった。

自分を変える、それとも……

バイト先の人間関係には、さまざまな悩みの種がひそんでいる。では、どうすればいいのか? ある人は、「怒られた理由、時間帯をメモして、怒られる原因を作らないようにした」(20歳・男子・法学部)そうだ。自らの仕事ぶりや振る舞いを見直して、周囲がつけいるスキをなくしたわけだ。
しかし、自分をどんなに変えても、嫌がらせをしてくる人もいる。そんなときは、「人の粗探しばかりして常にプレッシャーをかけてきた店長。ひどかったので、オーナーに報告した」(23歳・男子・医学部)というように、さらに上の立場にいる人へ相談するのもひとつの手だろう。それでも悩みを解消できないときは、辞めることも視野にいれるべきかもしれない。