スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年05月21日

Q.バイトの履歴書はA4・B5どちらを選べばいい?写真や封筒のサイズは?

タウンワークマガジン Q.バイトの履歴書はA4・B5どちらを選べばいい?写真や封筒のサイズは?履歴書にはA4とB4のサイズがあります。アルバイトの応募で履歴書を提出する際、どちらのサイズにしたらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。一般的に履歴書のサイズは企業側からの指定がなければ、どちらにしなければならないという決まりは特にありません。とはいっても、それぞれのサイズの特徴や自分に合ったサイズをおさえておきたいものです。ここでは、履歴書のサイズを選ぶ上で役に立つ情報をご紹介します。

A4とB5、どちらを選んでもいい

履歴書のサイズは、企業側から特に指定がなければ、A4、B5どちらのサイズを使っても構いません。このことは、アルバイトだけでなく、社会人や就職活動の場合にも同様ですが、アルバイトの場合は、B5が使われる場合がほとんどのようです。では、A4サイズとB5サイズの履歴書はどのように違うのでしょうか。

A4サイズの特徴と向いている人

A4サイズは記入するスペースが広く、B5サイズに比べたくさんの内容を記載することができます。自分の長所や仕事への熱意をアピールしたい人におすすめです。社員登用制度のあるバイトや倍率の高い人気のバイトに応募する場合などは、A4を使って強くアピールするのもよいでしょう。

B5サイズの特徴と向いている人

B5サイズはコンパクトにまとまっているため、記入する内容が少ない場合や長文を書くのが苦手な人に適しているといえます。アルバイトの場合は、正社員への応募に比べて記載する内容が少ない場合が多いのでB5がよく使われているようです。

履歴書の手に入れ方は?

履歴書は、文房具店や書店、コンビニ、100円ショップ、ネット通販などで購入できます。履歴書の主な項目はどのメーカーのものでもほとんど同じですが、各項目の内容やサイズ、レイアウトなどはメーカーによって多少なり違うので、たくさんの種類の履歴書から自分に合ったものを選びたいという方は、大型の文房具店に行くとよいでしょう。

希望に合った履歴書が見つからない場合はインターネット通販での購入もおすすめです。

また、履歴書を自作したいという方は、コンビニのネットワーク・プリントサービスを利用するのも一つの方法です。履歴書はA3、B4を2つに折って、A4、B5サイズとして使用しますが、家庭用のプリンタでは、A3やB4サイズの出力ができない場合がほとんどです。まず、自宅でwordやPDFなどで履歴書を作成し、各コンビニのネットワーク・プリントサービスにログインし、データをアップロード。それからお店のレーザープリンターで印刷します。データはUSBメモリに入れて店への持ち込みも可能です。この場合、一般的な履歴書は厚手の紙を使用していますので、印刷する紙の厚さに注意しましょう。

B5の履歴書であれば、駅やスーパーなどで無料配布されている求人誌にも付いている場合がありますので、求人情報のチェックと合わせて利用できます。ただ、用紙が薄い場合が多いので気になる方は、別に購入するなどしたほうがいいかもしれません。

写真や封筒などの履歴書以外のサイズはどうしたら良い?

履歴書以外のサイズについては、証明写真はA4、B5のどちらも3cm×4cmです。ただし、B5の履歴書の場合、用紙が小さいため、2.4cm×3.6cmの少し小さな写真が指定されている場合もあります。送り状や職務経歴書など同封する応募書類は、市販のフォーマットがありませんが、ビジネス文書と同じA4サイズで作成するのが一般的です。

また、履歴書を入れる封筒は、同封する書類があるので、履歴書がA4の場合も、B5の場合も、A4サイズの書類を折らずに入れることができる角形A4(228mm×312mm)か角2号(240mm×332mm)を選ぶのがよいでしょう。一部の市販の履歴書には、履歴書を三つ折りにして入れるための長封筒が入っていますが、応募書類を折り曲げるのはマナーに反しているので、大き目の封筒を使いましょう。

大切なのはサイズよりも内容!

自分に合った履歴書のサイズを選ぶことも大切ですが、一番重要なのはその内容です。履歴書には、JIS規格の履歴書、転職者用の履歴書、パート・アルバイト用の履歴書といった種類があります。JIS規格の履歴書は、学歴や職歴など自分の経歴を記入する欄が多いのが特徴です。コンビニなどでは、このタイプの履歴書だけしか売っていない場合もあります。

転職者用の履歴書は、転職理由などを記入する欄があるのが特徴なので、アルバイトの場合はこのタイプを選ぶケースは少ないでしょう。

パート・アルバイト用の履歴書は、働くことができる曜日や時間を記入する欄があるのが特徴です。アルバイトの場合はこのタイプを選ぶことが多いと思われますが、シンプルな内容ですので、物足りない方はJIS規格の履歴書を選ぶとよいでしょう。

気になる方はこの記事も参考に!

「履歴書の証明写真が30円で作れるって知ってた?【履歴書カメラ】アプリでお金も時間も無駄にしない!」
コンビニでプリントできる便利なアプリ「履歴書カメラ」(無料)。履歴書に貼る証明写真(3cm×4cm)をスマホで自撮りし、補正してコンビニで印刷できる便利なアプリです。スマホさえあれば、いつでもどこでも撮影が可能。証明写真がなんと30円でできます。

「服装・髪型・姿勢…バイトの履歴書写真のキレイな撮り方」
証明写真でキレイに撮るコツを、NG例、OK例を見本に紹介しています。
同じモデルでも撮影の方法によって、イメージががらりと変わります。この記事を見て、撮影のコツをつかみましょう。

「Q.バイトの履歴書、修正液で直して良い?正しい訂正方法は?」
履歴書に修正液が使えるかどうかという疑問に対する回答などを紹介。書き直す時間がない場合の修正方法、消せるボールペンなどについても解説しています。

まとめ

バイト応募のための履歴書は、一般的にはB5サイズが使われることが多いようですが、実際には、A4、B5どちらを使っても構いません。記入スペースの多いA4、コンパクトにまとまっているB5、それぞれの特徴を理解し、自分に合った履歴書サイズを決めましょう。また、履歴書の種類や内容もチェックし、自分がアピールしたいことが記載できるものかどうか確認し、最適な履歴書を選びましょう。

協力会社/ウィルゲート