スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年03月28日

Q.バイトの履歴書はA4・B5どちらを選べばいい?写真や封筒のサイズは?

履歴書サイズはB5、A4 どちらがいい?

A.B5判、A4判が一般的

B5・A4どちらを選んでもよい

履歴書のサイズは、A4やB5のものがメジャーで、どちらを選んでも問題ない。だが、アルバイトではB5が使われることが多いので、選択に迷ったらB5判を選ぶのが無難だ。もちろん、応募先からサイズの指定がある場合は、それに従おう。

サイズよりも、むしろ見るべきは項目だ。住所氏名や学歴・職歴欄はどの用紙にもあるが、自己PRや趣味・特技、課外活動などの欄は、無い場合もある。ある場合も、用紙によってスペースの大小が異なるので、見比べてみるとよいだろう。

たとえば、課外活動に力を入れていてそれをアピールしたい場合や、採用担当の興味を引けるような趣味・特技がある場合は、その欄が大きい用紙を選ぶとよい。反対に、あまりアピールすることがない項目が大きい用紙を選んでしまうと、空いたスペースが目立ってしまう。長所はたくさんアピールでき、短所が目立たない用紙を選ぶのがコツだ。

履歴書の用紙はどこで手に入れられる?

履歴書の用紙は、書店、コンビニ、文具店などで購入することができる。また、PCで自作することも可能だ。履歴書用の無料テンプレートはインターネット上で多数配布されているので、検索してみるといいだろう。自宅にB4、A3サイズをプリントできるプリンタがない場合は、ネットプリントなどを利用することもできる。

履歴書をPCで自作すると、一度作った履歴書を再利用することができる。志望動機や自己PRなどは応募先ごとに書き換える必要があるが、住所氏名、学歴などの基本項目を書き直す必要がないのが利点だ。また、手書き文字に自信のない人でもきれいに仕上げることができる。

採用担当者の中には、PCで作成してあるもののほうが読みやすいと捉える人と、手書きのほうが熱意や丁寧さが伝わり好印象と考える人、さまざまだ。PCでの自作は便利だが、応募先の雰囲気や業種によって使い分けるのもいいだろう。

写真や封筒のサイズはどうすればよい?

履歴書を提出する際には、写真や封筒など、履歴書以外のものも必要になる。サイズは次のように選ぼう。

◎履歴書に貼付する証明写真
用紙がB5、A4どちらの場合も写真は縦4cm×横3cmが基本。ただし、B5の場合用紙自体が小さいので例外的に一回り小さいサイズが指定されている場合もある。

◎履歴書以外の書類(職務経歴書・送付状など)
ビジネス文書はA4が基本。これらの書類もA4で作成しよう。

◎英文履歴書
実はB判は日本独自の国内規格サイズ。英文履歴書は国際規格のA4判で作成しよう。

◎履歴書を入れる封筒
同封する書類があるので、A4判が折らずに入る角形A4か角2号を選ぼう。

大切なのはサイズよりも内容!

B5サイズもA4サイズも市販されているものなので、どちらを選んでも問題ない。大切なのはアピールしたい項目があるかどうかなど、自分に合ったものを選ぶことだ。