スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月01日

バイトの履歴書:「自己PR」の書き方【学生編】

自己PR学生編
学生が履歴書の自己PR欄を書く際は、社会人経験のある人とは異なるポイントでアピールする必要がある。学生ならではの強みを考え、印象に残る自己PRをしてみよう。

学生が自己PRを作成する時のポイント

抑えておくべき点は、以下の二点。社会人経験がない学生は、学業やこれまでの生活で体験してきたことを職種に合わせてアピールしていこう。

・応募職種に関係するアピール内容
・これまでの実体験を絡めたエピソードを盛り込む

アピール内容の見つけ方

①過去の職種の経験
以前に、同じような職種を経験したことがある場合は即戦力になることをアピールできる。過去の職場でしてきた仕事で学んだことをアピールしよう。
尚、アピールするとプラスになるスキルは以下を参考にしてみよう。

<接客・サービス系の仕事>
・コミュニケーション能力
・人と接するのが好き
・みんなで協力して取り組むのが好き
・機転を利かせて動ける、臨機応変な対応ができる

<イベントや引っ越し作業など、チームでやる仕事>
・人と接するのが好き
・みんなで協力して取り組むのが好き
・何かを作る作業が好き
・機転を利かせて動ける、臨機応変な対応ができる

<事務作業や工場での軽作業>
・コツコツやり抜くのが好き
・丁寧で確実な作業ができる

②さまざまな職種を渡り歩いた経験
多くのアルバイトを経験してきたのであれば、業務に対して他の人にはないスキルをもっていることをアピールできる。

③部活やサークル、学校での経験
集団に属してきたことで、チームワークを大切にすることをアピールできる。また、リーダー経験がある場合は、メンバーをまとめるための自分なりの工夫や、壁の乗り越え方などを書いておくと、コミュニケーションスキルのアピールにもなる。

④趣味や課外活動での経験
積極的に活動する「行動力」をアピールすることができる。料理やファッションなど、応募職種にうまくリンクさせられると、採用担当者もイメージしやすい。

自己PRの例文

①過去の職種の経験

■カラオケのホールスタッフ経験
カラオケのホールスタッフとして笑顔を絶やすことだけでなく、お客様の「空気を読む」ことを学びました。歌っている時、お話をしている時、様々なシーンがあるので、お声掛けする際のトーンなどを考えて雰囲気に合わせた接客ができるようになりました。

■居酒屋のホールスタッフ経験
1年間続けた居酒屋でのアルバイトでは、忙しいときこそ笑顔を意識するよう心掛けました。また、よく来るお客さまの顔と名前を覚える努力をしたところ、さまざまなお客さまから「いつもありがとう、また来るよ」と声を掛けてもらえるようになりました。

■コンビニでのバイト経験
コンビニで週3日程度のアルバイトをしていました。レジ打ちから品出しまで一通り経験していますが、最も力を入れたのはレジ打ちです。コンビニは置いてある商品も多く、会計も現金、カード、ポイントカードと複雑です。全ての商品と会計方法を覚えお客様をお待たせしないように努力しました。

■スーパーでのバイト経験
高校生の時、近所のスーパーで1年ほど棚出しのアルバイトをしていました。自分と同年代の人から、30代、自分の親と同年代の方など幅広い年齢の方が働いていました。色んな世代の方から仕事の進め方、時には厳しい言葉を掛けられたりしましたが、お陰で基本的なマナーなどは学んできたと思います。

②さまざまな職種を渡り歩いた経験

■経験から学んだ広い視野をアピール
居酒屋での接客業や、事務職を経験してきました。事務職では、表に立って接客している時には気づかなかったお客様のニーズを数字の面から知ることが出来ました。今後も幅広い視野で仕事にあたっていきたいです。

③部活やサークル、学校での経験

■部活でのリーダー経験
高校では、サッカー部のキャプテンをしていました。キャプテンとしてチームワークを何よりも大切だと考えていたので、ミーティングの回数を増やして意思疎通を図りました。アルバイトもチームプレイを意識して、積極的に意見効果をして働いていきたいと考えています。

■課題を乗り越えた経験
テニスサークルに所属しており、私は練習コートを押さえてみんなに広報する役割を担っています。せっかく練習をするなら大勢の人に集まってもらいたくて、練習スケジュールをLINEなどで送りながら、仲間を巻き込みながら、みんなを集めることにやりがいを感じています。

■授業でのアピール
大学のゼミのディスカッションでファシリテーションをすることが多いです。気を付けないと発言が特定の人に偏ってしまい、もやもやした人が出てしまいます。そこで私は、全員が発言できるように質問を振る工夫をし、全員で納得感のある話し合いができるように気を配っています。

④趣味や課外活動での経験

■趣味×忍耐力のアピール
私は登山が趣味です。山登りを通して、体力だけでなく忍耐力がつきました。苦しい時でも頑張る根性をアルバイトでも活かしていきたいと考えています。

■趣味×行動力のアピール
ラーメンの食べ歩きが趣味です。ある美味しいラーメンを食べたことがキッカケで、食べ歩きにハマりました。休みの日は1時間以上かけて評判のお店に食べに行くこともあり、行動力が増したと思っています。

■習い事×コミュニケーション能力のアピール
私は小学生から高校生の間までサッカーを部活などでしていました。ですので、チームワークでやりきる仕事や力作業などには向いているのではないかと考えています。

■日頃のコツコツとした努力をアピール
私は大学から一人暮らしを始めました。それまで意識しなかった家計のことを管理するため、家計簿をつけてお金の流れを把握するようになりました。一人暮らしを機に、自炊をはじめ、今では毎週の予算を決めてどれだけ満足できる食事が作れるかを楽しみながら続けています。

その他、職種ごとの志望動機の書き方例

居酒屋、ファミレスなど飲食店のホールスタッフ

アピールポイント:すぐに打ち解けられる「コミュニケーション能力」
例文①:
人と接することが好きなので、初対面の人ともすぐに打ち解けて会話を楽しむことができます。お客様との会話のなかからどのようなサービスをお客様が望んでいるのか、先回りして考えられるようなスタッフになりたいと考えています。また、ホールのバイトはお客様から直接感謝の言葉を言ってもらえる機会が多いので、やりがいが感じられます。お客様に料理はもちろん、サービス面でも満足していただけるように、丁寧で気持ちの良い接客を心がけたいと思っています。
例文②:
1年間続けた居酒屋でのアルバイトでは、忙しいときこそ笑顔を意識するよう心掛けました。また、よく来るお客さまの顔と名前を覚える努力をしたところ、さまざまなお客さまから「いつもありがとう、また来るよ」と声を掛けてもらえるようになりました。

居酒屋、ファミレスなど飲食店のキッチンスタッフ

アピールポイント:食事する人に対する「真心」
例文:
料理が好きで、小さい頃から母親が料理をするのをいつも手伝っていました。学生になった今でも、休日には家族や友人に食事を作ってあげることがよくあります。料理の味はもちろん、盛り付けにもこだわるなど、五感で美味しさを感じてもらうことにも気を配っています。そして、食べてくれた人に「美味しい」と言ってもらえたり、「ありがとう」と感謝されたりすると、とても嬉しく感じます。お客様にも、料理を通して真心を伝えられるようなスタッフになりたいと思っています。

カラオケのホールスタッフ経験

アピールポイント: お客さまへの「笑顔」
例文:
カラオケのホールスタッフとして笑顔を絶やすことだけでなく、お客様の『空気を読む」ことを学びました。歌っている時、お話をしている時、様々なシーンがあるので、お声掛けする際のトーンなどを考えて雰囲気に合わせた接客ができるようになりました。

コンビニスタッフ

アピールポイント:普段の生活で身につけた「商品知識」
例文①:
私自身、飲み物やお菓子を買うためにコンビニをほぼ毎日利用しており、新商品も定期的にチェックしています。コンビニは扱う商品が幅広く、時間帯によって売れる商品が変わるなどの特徴があるので、お客様をお待たせすることがないように、品出しや会計などをすばやく行うことが大切だと感じています。また、お客様がコンビニに入店した際に、スタッフから元気良く「いらっしゃいませ」と挨拶されると、とても気持ちが良いと思うので、笑顔で明るい接客を心がけたいです。
例文②:
コンビニで週3日程度のアルバイトをしていました。レジ打ちから品出しまで一通り経験していますが、最も力を入れたのはレジ打ちです。コンビニは置いてある商品も多く、会計も現金、カード、ポイントカードと複雑です。全ての商品と会計方法を覚えお客様をお待たせしないように努力しました。

スーパーのレジ

アピールポイント:自分の魅力は「明るさ」
例文①:
人見知りせず、誰にでも明るく接することができる性格なので、老若男女問わずさまざまなお客様が訪れるスーパーのレジは、楽しみながらできるバイトだと思いました。明るい接客を心がけるのはもちろん、商品のバーコードの位置やレジの操作方法などをきちんと覚えて、早く正確にレジが打てるようになるのが目標です。また、早さだけでなく、カゴへの詰め方に気をつけるなど、仕事の丁寧さにも気を配れるようになりたいと思っています。
例文②:
高校生の時に、近所のスーパーで1年ほど棚出しのアルバイトをしていました。自分と同年代の人から自分の親と同年代の方まで、幅広い年齢の方が働いていました。色んな世代の方から仕事の進め方、時には厳しい言葉を掛けられたりしましたが、お陰で基本的なマナーなどは学んできたと思います。

イベントスタッフ

アピールポイント:部活動で身につけた「体力と忍耐力」
例文:
大学ではサッカー部に所属しており、引越しのバイトを経験したこともあるので、体力や忍耐力には自信があります。屋外イベントでの長時間の立ち仕事なども差し支えありません。また、イベントスタッフのバイトではチームワークが大切になってくると思うので、部活で培った協調性や責任感を生かせるのではないかと思っています。仲間と協力して1つのことを成し遂げる達成感は、何度味わっても楽しいものなので、やりがいをもって働くことができると思います。人見知りをしない性格なので、単発の仕事など、一緒に働くメンバーが変わってもすぐに打ち解けることができます。また、今までは観客側の立場でイベントに参加していましたが、大勢のスタッフとともに、開催する側として参加するのは貴重な体験になるだろうと考えています。

塾講師

アピールポイント:得意なのは「工夫した勉強法」
例文:
これまで先生や友人に、ノートの取り方や勉強方法などを褒めてもらう機会が多くありました。この特技を活かして、受験のために勉強を頑張っている学生たちの役に立ちたいと思っています。塾講師のバイトは、自分が受験する気持ちで生徒に向き合い、成績を上げるためには何をすればよいのかを考えることが大切だと思っています。また、生徒に勉強が楽しいと思ってもらえるように、いろいろ工夫していきたいと考えています。例えば、日本史や世界史は、ただ参考書を眺めるだけでは年号や人物名が頭に入りにくいですが、歴史漫画や語呂合わせのCDなどを活用すれば親しみやすくなります。定期的に勉強内容を見直して、本人のモチベーションが下がらないように、精神面でもサポートできる講師になりたいです。

食品や雑貨などの販売業務

アピールポイント:どんな仕事も積極的にする「ポジティブな性格」
例文:
私の長所は元気で明るく、常に前向きなところです。そのため、お客様と直接コミュニケーションがとれる販売の仕事は、自分に向いているのではないかと思い志望しました。また、細かい作業も好きで苦にならないで、商品を見栄え良く陳列したり、早く丁寧に包んだりすることができます。人の顔や名前を覚えるのも得意なので、一度来てくれたお客様には買ってもらった商品の感想を聞いてみるなど、リピーターを増やすことにも貢献していきたいです。お客様に「このお店で買ってよかった」と思ってもらえるように、商品知識を正確に覚えるのはもちろん、お客様に最適な商品をおすすめできるようなスタッフになりたいと考えています。

▼学生向けの志望動機の書き方例はこちら
バイトの履歴書:「志望動機」の書き方例【学生編】

▼コンビニ、スーパー、ファミレス…職種別の志望動機はこちらをチェック
職種別、バイト面接の質問集

▼フリーター、主婦・主夫の志望動機の書き方例はこちら
バイトの履歴書:「志望動機」の書き方【フリーター編】
バイトの履歴書:「志望動機」の書き方【主婦・主夫編】

▼フリーター、主婦・主夫の自己PRの書き方例はこちら
バイトの履歴書:「自己PR」の書き方【フリーター編】
バイトの履歴書:「自己PR」の書き方【主婦・主夫編】