スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年06月19日

Room2: 久保田悠来×桐山漣 インタビュー5/6 【僕らの休憩室】

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント

今話題の俳優二人に、バイト先の休憩室のように楽しくアルバイト経験を語ってもらう「僕らの休憩室」。久保田悠来さんと桐山漣(※正しくは、サンズイに連)さんの対談をお届けしているRoom2も、残すところあと2回となりました。今回は、桐山さんが久保田さんのバイト時代に迫ります!

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント

役者じゃなくて、焼肉屋の店長になろうかと本気で考えた(久保田)

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
桐山:インタビューする側ってなんか新鮮ですね!

久保田:謎の緊張感ね(笑)。

桐山:なんか上下関係逆転してみたいで気持ちいい(笑)。じゃあ早速ですが、悠来くんが今までしてきたバイトを教えて下さい。

久保田:一番最初は蕎麦屋だね。

桐山:あー、いそう!蕎麦屋のあの和な感じの制服に会いそうだよね。

久保田:ところがまさかのTシャツだったんだなこれが(笑)。

桐山:Tシャツ?なんで?

久保田:そこの蕎麦屋、ちょっと異質でさ。店長の彼女が外国籍の方だったのよ。内装や店舗システムも彼女のアドバイス満載だったから、和の要素が激薄。店長の呼び方も「マスター」だったし(笑)。

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
桐山:ウケる(笑)。蕎麦屋入って店員が「マスター」って呼んでたら二度見するわ。

久保田:なかなか個性的でしょ。で、その後に居酒屋でバイトして、次は焼肉屋とかバーテンダーをやったな。飲食店が多いね。例外なのは、パチンコ屋くらいかな。

桐山:結構たくさんバイトしてたんだね。その中でも一番好きだったバイト、一つ選ぶとしたら?

久保田:焼肉屋かな。オープニングスタッフで入ったから、みんな同期というか、すごい仲良くなったね。めちゃくちゃ居心地もよくて、気がつけば5年もやってた(笑)。

桐山:長っ!そんだけ仲いいと、仕事以外でも会ったり遊んだり?

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
久保田:もちろん。バイト終わりは、毎回のように別の焼肉屋行って、食ってはしゃいで。そのままイチサンヨン(神奈川県の海沿いを走る国道134号線)ドライブしたりね。夜の湘南走るのマジで気持ちいいんだよ。

桐山:うわ、それ最高だね。聞いてるだけで、楽しいのわかるわ。

久保田:ホント最高よ。だからこそ、今思うと当時は危なかったなって思う。

桐山:そんな飛ばしてたの?

久保田:いや、そういう意味じゃなくて(笑)。毎日楽しかったし、心地よすぎて、役者じゃなく「このまま店長になっちゃおっかな」って本気で思ってた(笑)。もちろん、店長として働くことも立派なキャリアで、全然ありだとは思うけどね。

桐山:じゃあ、店長になっちゃえばよかったのに。

久保田:それはまた話が別(笑)。だって、店長になりたいのが、この生活が楽しいからって理由だよ? 本気で店を良くするために店長になりたい人たちに対して失礼でしょ(笑)。それに、やっぱり役者やりたかったし。

桐山:たしかにね。しかも、そもそも店長になれたかわからないしね。

久保田:いやいや!実際、最後の方とか俺がシフト組んだりしてたからね。

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント

アルバイトは楽しみながらの方が長続きする

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
桐山:話聞いてると、めっちゃ楽しそうなバイト生活送ってたみたいだけど、辛かったこともあった?

久保田:ちょっとしんどいかもな、って思うことはあったよ。でも、どうにかして楽しんでやろうっていうのは、ずっと意識してたんだよね。これは今もだけど。だから、辛いエピソードは少ないね。どんなことも、最終的には「楽しい」って思えてた。

桐山:それ大事だよね。俺も、自分なりのやりがいを見つけるっていうのはすごい意識してたし。多分そういうことだよね?

久保田:そうそう!

桐山:だよね。でも、辛いエピソードはなくても、失敗したなってことはあるんじゃない?

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
久保田:それなら山ほどあるわ(笑)。例えば、そうだな。パチンコ屋でバイトしてたとき、箱の玉全部ぶちまけちゃったとか?

桐山:大惨事じゃん。

久保田:フロア中に転がってったわ(笑)。で、そういうときに使う、玉集める機械があんのね。磁石みたいな。それがめっちゃ面白いのよ。玉がバンバン吸い付く。その楽しさを知ったね。

桐山:たしかに、最終的に楽しんでる。お客さんには怒られなかったの?

久保田:もちろん、急いで玉集めて、お客さんにはめっちゃ謝ったよ。だから、クレームにはならなかったね。お客さんの玉ぶちまけて笑顔で楽しんでるだけだったら、店員としてヤバイ奴だからね(笑)。

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
桐山:そこはちゃんとしてて安心した(笑)。

久保田:そういう基本的なことは、しっかりやった上で楽しむっていうのがミソです。楽しむとふざけるは全然違うからね。バイトをしている人も、これからする人も、正しく楽しんでくれたらいいなと思います。

桐山:どうせ働くんだったら、楽しみながらの方が長続きするもんね。

久保田:そうね。長続きするし、一緒に働く仲間と仲良くなれるし。未だに、焼肉屋のバイト仲間と飲んだりするからね。あれから15年くらい経ってるのに。それも、みんなで楽しみながら働いたからこそだと思うよ。

−ここまでのお話を聞いて、桐山さんに質問です。

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
久保田:なんか思ってたのと違う(笑)。

桐山:違う違う(笑)。パチンコ屋の玉ぶちまけ事件の話もそうだけど、辛いことがあっても、後から楽しく思えるように、自分なりの楽しさを付け足してるなって。

久保田:それはそうだね。

桐山:そういう意味を込めて、悠来くんは後付けアルバイターです!

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼント
たとえ辛いことがあっても、楽しもうとする姿勢が大事だと語ってくれた久保田さん。そこには、周りの人も楽しませようとする久保田さんの優しさがあるのでしょうね。さて、次回はいよいよ最終回!お二人の描く未来についてお伺いします。更新は6月22日(木)。どうぞお楽しみに!

★久保田悠来さん・桐山漣さん★

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン 衣装 Tシャツ プレゼント 
久保田悠来さん・桐山漣さんのサイン入り衣装(上下セット)を、抽選で2名様へプレゼントします!「タウンワークマガジン」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、エントリーしてください。
※どちらの賞品が当選するかは、選択できません。

<エントリー条件>
1.「タウンワークマガジン」公式twitter (@townwork_mgzn) をフォロー(既にフォローしている場合も対象になります)
2.指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

<キャンペーン開催期間>
6月12日(月)〜6月25日(日)23:59 まで

<対象のツイートはコチラ>


※「タウンワークマガジン」公式twitter (@townwork_mgzn) をご確認ください。
※Room2の第6回連載時にも、プレゼントキャンペーン開催予定です。ご期待ください!
※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

■Profile
久保田 悠来 Yuki Kubota

1981年6月15日生まれ。2007年舞台『switch』で俳優デビュー。舞台『戦国 BASARA』シリーズ、ドラマ『仮面ライダー鎧武』等で人気を博す。近年の出演作に映画「KIRI‐『職業・殺し屋。』外伝‐」『内村さまぁ~ずTHE MOVIE エンジェル』、『忘れ雪』、『絶壁の上のトランペット 』、『SCOOP!』、 テレビドラマ『警部補・杉山真太郎』、『三匹のおっさん3』等がある。最近の出演作に映画『新宿スワン』シリーズ、ドラマ&映画『トモダチゲーム』、ドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』、『宇宙戦隊キュウレンジャー』など。

【公式ページ】 http://www.japanmusic.jp/2012/11/post-408.html
【公式Twitter】 @yuk1_kbt

■Profile
桐山 漣 Renn Kiriyama

2013年『韓国ソウルドラマアワード2013』 (JAPAN俳優部門1位)ネチズン人気賞受賞。
主な出演作:ドラマ『傘をもたない蟻たちは(CX)、『まんまこと~麻之助裁定帳~』(NHK)、『ロストデイズ』(CX)、『37歳で医者になった僕』(CX)、『仮面ライダーW』(EX)、
映画、『新宿スワンⅡ』(園子温監督)、『カノン』(雑賀俊朗監督)、『呪怨-ザ・ファイナル-』(落合正幸監督)、『群青色の、とおり道』(佐々部清監督 )、『L♥DK』(川村泰裕監督)
現在『CODE:M コードネームミラージュ』(TX他)OA中。2018年は『曇天に笑う』(本広克行監督)の公開が控えている。

【公式Instagram】 http://instagram.com/renn_kiriyama_official
【公式ブログ】 https://ameblo.jp/renn-kiriyama/

◆二人が共演しているドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』はテレビ東京系で現在放送中◆
http://code-mirage.jp/

文:恩田貴行、寺本涼馬 撮影:田形千紘

撮影地:浅草花やしき
    〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1 電話:03-3842-8780

◆花やしきBBQガーデン開催◆

花やしき
花やしき
*ランチBBQ(入園料付) 大人2,500円・子供2,300円(60分制)
営業時間11:00~17:00 (11:00~/12:30~/14:00~/15:30~)
手ぶら・雨でもOK!

※詳しくはこちら

▼関連記事▼

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン ジャンパー プレゼントRoom2: 久保田悠来×桐山漣 インタビュー6/6 【僕らの休憩室】

今話題の俳優二人に、バイト先の休憩室のように楽しくアルバイト経験を語ってもらう「僕らの休憩室」。久保田悠来さんと桐山漣(※正しくは、サンズイに連)さんの対談をお届けしているRoom2も、ついに最終回!今回は、お二人の描く未来について話してもらいました。役者としての将来について熱く語るお二人に注目です!

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼントRoom2: 久保田悠来×桐山漣 インタビュー4/6 【僕らの休憩室】

今話題の俳優二人に、バイト先の休憩室のように楽しくアルバイト経験を語ってもらう「僕らの休憩室」。久保田悠来さんと桐山漣(※正しくは、サンズイに連)さんの対談4回目の今回は、久保田さんから桐山さんのバイト時代の話を聞いてもらいました。バイトで落ち込んだ桐山さんを支えてくれたアノ曲とは?

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼントRoom2: 久保田悠来×桐山漣 インタビュー3/6 【僕らの休憩室】

今話題の俳優二人に、バイト先の休憩室のように楽しくアルバイト経験を語ってもらう「僕らの休憩室」。久保田悠来さんと桐山漣(※正しくは、サンズイに連)さんのインタビューをお届けしている本連載も3回目となりました。今回からは、いよいよ二人の対談です!ユーモア溢れる、お互いの印象コメントに注目してください!

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼントRoom2: 久保田悠来×桐山漣 インタビュー2/6 【僕らの休憩室】

今話題の俳優2人に、バイト先の休憩室のように楽しくアルバイト経験を語ってもらう「僕らの休憩室」。全6回でお届けしている久保田悠来さんと桐山漣(※正しくは、サンズイに連)さんの対談。2回目となる今回は、桐山さんのインタビューをお届けします!芝居の話から休日の過ごし方まで、余すことなくお話しいただきました!

久保田悠来 桐山漣 インタビュー 対談 タウンワークマガジン チェキ プレゼントRoom2: 久保田悠来×桐山漣 インタビュー1/6 【僕らの休憩室】

今話題の俳優2人に、バイト先の休憩室のように楽しくアルバイト経験を語ってもらう「僕らの休憩室」。Room2は、映画『新宿スワンⅡ』や現在放送中のドラマ『CODE:M コードネームミラージュ』などで共演される久保田悠来さんと桐山漣(※正しくは、サンズイに連)さんの対談です。1回目の今回はまず、久保田さんにお話を伺いました。全6回でお届けします!

▼その他の記事はこちら▼