スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年06月11日

<やってしまった・笑える>バイトでの失敗あるある!


人間誰にでもミスはつきものです。しかし、バイトをしているときにミスをしてしまうと、店長やお客さんには怒られますし、場合によっては共に働く同僚にも迷惑をかけてしまいます。
今回は、これまでにバイトでやってしまった失敗体験をいくつか紹介しながら、どのようにその危機を乗り越えてきたかについてまとめてみました。

やってしまった。。。な体験

まずはバイト先で思わず「やってしまった!」というような失敗談を紹介します。

・レンタルビデオ店でアルバイトをしていた際に、ゲームソフトの買取業務を行いました。本人の身分証のコピーを頂き、サインを頂いて買取完了。コピーはスキャナーで取り込んだので、お客様よりシュレッダーでの処分を許可頂いたので、実行。同時に誤って、サイン用紙も。売買行為の証明が無くなり、大問題に。(男性)

・チェーン系のコーヒーショップでアルバイトをしていた時でした。お店でサンドイッチを作って提供していたのですが、残り少なくなったマヨネーズを絞り出すために、容器を思い切り振ったら手が滑り、客席まで飛んで行ってしまい、お客様のテーブルに不時着するという事がありました。(女性)

・レストランの配膳のバイトをしていた時、沢山持ちすぎて、食べ終えた後の皿を落として割ったり、残り物のパフェをこぼして座布団を汚したり最悪でした。(女性)

人間は誰しも「失敗をしよう」と思って失敗する人はいません。しかし、職務を忠実にこなすために気合が空回りしてしまい、思わず「しまった」と言いたくなるような失敗がたくさんあります。

残り少なくなったマヨネーズを絞りだすことや、一度にたくさんのお皿を運ぶということは店側にとってみれば利益になるありがたい行動です。

ただし、失敗してしまってはその努力も水の泡になってしまうので、ほどほどに頑張るようにした方がよいかもしれませんね。

今だから笑える失敗談

次に、失敗した当時は落ち込んでしまったけれど、今になると笑えるような失敗談を紹介します。

・居酒屋でアルバイトしていた際に、お客様よりタバコの買い出しを依頼されて出発。空箱を渡すから間違えないでほしいと言われたにもかかわらず、覚えたから大丈夫と言い、結果違う銘柄を購入。お客様のご友人にフォロー頂き無事難を逃れましたが、喫煙者になった今だと『ありえない』と思います。(男性)

・牛丼屋のバイトをしている時に、カウンター席のお客さんにビールをこぼしてしまった事がありました。慌てふためき、床や壁を拭くダスター(雑巾)でお客さんの服を拭き、激怒されるという事が記憶に残っています。(女性)

・納品時の空のケースを積み上げて運ぶ際に、どれだけ積めるかを競っていて、重くてフラつき壁に引っ掛って商品の上にケースをぶちまけた事。夜勤で客が居なくて良かった。
(男性)

アルバイトを始めたての頃は失敗してしまうと、慌ててしまって上手くフォローできない場合があります。

失敗した後に上手く対応することができればその場が収まるのに、上手く対応できないとかえって傷口を広げてしまうことになります。失敗したときこそ冷静さを失わずに対応することを心がけましょう。

どうやってその状況を切り抜ける?

では、上記のような失敗をしてしまった場合、どのように切り抜けたのでしょうか。

・誠意を持ってしっかりと謝る事。丁寧にとか、上手くとかは考える必要は無いと思います。本心から、自分の非を認めてしっかりと謝れば、相手もどうしようもないことに関しては、理解する他無いと理解するしかない。(男性)

・既にビールをかけた時点で怒っているのに、雑巾で拭いた事でより激怒させた状況はその場では平謝りし、後日店の責任者と一緒に菓子折を持って謝罪に行きました。時間をあけた事で怒りも沈静化していた様で、謝罪したらあっけなく放免となりました。(女性)

・商品に破損が無いかを確認して並べ直した。朝、店長に報告したら破損が無ければ良いと笑われて助かった。(男性)

失敗してしまったときに最も大切なことは、「とにかく謝ること」です。失敗してしまった原因はいろいろあるかと思いますが、それを言うと「言い訳がましい奴」と相手に思われてしまい、ますます怒られてしまうことがあります。

そのため、とにかく相手の怒りが収まるまで謝るようにしましょう。原因を話すのは、相手の怒りが収まり冷静な話し合いができるようになってからでも遅くはありません。

また、相手の怒りがなかなか収まらないような場合には、少し時間をあけてみることも効果的です。大抵の場合、時間をおくことで怒りは収まりますので、冷静に話すことができます。

まとめ

バイトをして給料をもらうと嬉しいものですが、給料をもらうからには責任を持って仕事をしなければなりません。失敗そのものは人間誰にでもありますが、大事なのは「失敗した後にどのような行動を起こすか」ということです。

その行動次第で相手の怒りがさらに激しくなる場合もありますが、逆に良い対応をすることで相手から「この店員はしっかりしている」と評価されることもあるでしょう。失敗したときの対応にこそ、人間性がでるものですので、安易に責任逃れをするようなことをせずに誠意をもって対応するようにしましょう。