スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2022年06月29日

バイトデビューにも向いている?寿司屋・回転寿司バイトの評判・キツイところ・ラクなところ・面接対策

寿司 回転寿司 タウンワーク townwork高校生・大学生OK、バイト未経験OKの求人が多い寿司屋・回転寿司のバイト。バイト未経験の人にとって、実際どんな仕事をするのか、キツいことはあるのかなど知っておきたいことはたくさんあるでしょう。ここでは、バイト未経験者が気になる評判や面接対策などを解説します。

寿司屋バイトの仕事内容

勤務をする寿司屋は、大きくわけるといわゆる回らない寿司屋と回転寿司の2種類があります。この2つでは、アルバイトが担当する仕事内容が少し異なります。

いわゆる回らない寿司屋は、ホールのみの募集が中心です。回転寿司はホールに加えてキッチンの求人もあります。どちらも高校生、大学生もOKな場合が多く、勤務はシフト制のため学校の都合に合わせて働くことが可能です。

ホールの仕事内容

お客様を席に案内し、注文を確認、料理が出来たらお客様のテーブルへ運びます。また、食事のタイミングを見ながらお茶を出したり、食べ終わった器を片づけたりもします。

お客様が常に快適な食事ができるよう、醤油やガリ、湯のみなどの補充を行うのもホールの仕事です。仕事に慣れてきたら会計を担当する場合もあります。

回転寿司ではタッチパネル式の注文が増えているので、直接注文を取る業務は少なくなりました。お客様が帰る際には、席でお皿の枚数を数えるか、専用の機械で読み取り、伝票を出してレジを打ちます。

ホールは、お客様と直接接するので、「ありがとう」「美味しかったよ」「また来るね」などの言葉をかけてもらえることもあり、仕事のやりがいにつながるようです。

キッチンの仕事内容

皿洗いや簡単な盛り付けからスタートし、少しずつ調理のサポートや仕込み、簡単な調理を担当するようになることが多いです。回らない寿司店では、調理学校などに行っていないと、魚の仕込みなどをすることは少ないようです。回転寿司店でも、魚の仕込みをすることは、ほぼ無いようですが、マニュアルに沿って寿司を作ることもあります。

キッチンは、お店の種類や、料理の腕前によって任せられる仕事の内容が変わってくるので、事前に募集内容をよく確認すること。面接では希望の働き方をしっかり伝えましょう。

開店準備、掃除、片づけ

開店時にシフトに入っている場合には、暖簾を出す、看板の電気をつける、テーブルのセットをするなど開店準備を行います。

また、テーブルや床の拭き掃除をしたり、グラスを磨いたり、店の前の掃き掃除などは手分けをして行うことが多いようです。

 

経験者に聞いた、キツかったところ

次に寿司屋バイトを経験した先輩たちが感じた仕事をしていてキツかった点を紹介します。

休日などピーク時はとにかく忙しい

・土日のディナータイムが特に忙しくなりますが、少ない人手で回さなければいけない場合もあり大変でした(20歳/大学2年生/女性)

昼食、夕食の時間帯や週末は来店する人が多く、かなり忙しいようです。時期的には年末年始、お盆や夏休み、ゴールデンウィークなどが繁忙期です。一方、「人間関係の大切さと周りを見て行動する必要性を学びました(17歳/高校2年生/女性)」という声も。

長時間立ち仕事で疲れる

・力仕事が多く、何時間も立ちっぱなし歩きっぱなしが大変でした(18歳/高校3年生/女性)

ホールもキッチンも基本的に立って仕事をします。特に忙しい時間帯は、立ち仕事な上に作業が途切れることがありません。納品された材料を冷蔵庫などに運び、片づけるといった力仕事も意外に多いので、慣れるまではキツいと感じることが多いようです。

魚の匂いが気になる

・魚や生ゴミの臭いがきつくてなかなか消えないです。大量に廃棄された商品を見ると精神的にも辛いです(20歳/大学2年生/女性)

鮮魚を扱うため、生臭さが気になってしまう人もいるようです。魚の下処理をさせてもらえるような場合には、手が魚臭いということも。においに敏感な人や臭いが苦手な人は辛いかもしれません。

 

経験者に聞いたラクなところ

一方でバイト経験者が感じたラクなところは何でしょうか。

シフトの融通が効きやすい

・シフト時間の融通が利くので、学校帰りに入ることができてよかったです(21歳/大学3年生/女性)

寿司屋バイトは学生や主婦のパートが多いため、シフトの融通が利くところも多いです。
勤務はシフト制が多く、「1日2時間、週2日からOK」「1日3時間、週1日からOK」など短時間シフトのお店もあります。募集や店舗によって条件は異なるので、事前に確認しましょう。

キッチンは単純作業(主に回転寿司の場合)

・新しいフェア商品が来ない限りは同じ作業の繰り返しなので、作業さえ覚えれば誰でもできて楽でした(19歳/大学1年生/男性)

回転寿司店ではキッチンに入ることもありますが、最近の回転寿司は機械化も進んでおり、バイトは単純作業を担当することが多いようです。一度覚えてしまえば後は単純作業なので楽だったという声が多数ありました。

作業はさほど難しくない

・ホールは配膳や机の片付けがメインなので、簡単できつくはないです(19歳/大学1年生/女性)

込み合う時間帯は大変なこともあるようですが、同じ作業を繰り返すので慣れてしまえばラク、簡単と感じる声がありました。

 

職場の雰囲気

寿司屋のバイトは、職場にもよりますが特に回転寿司店では高校生・大学生も多く働いています。ほかには30代、40代の主婦パートも多くいます。

飲食店なので清潔感や身だしなみに厳しいところはありますが、「同世代が多かったので、たくさん遊びに誘ってくれました(22歳/大学4年生/男性)」「大学生が多く楽しい雰囲気で仲良くできました(19歳/大学1年生/女性)」「全員フレンドリーで、バイト後にみんなでお菓子を食べたりしていました(21歳/大学3年生/女性)」などのコメントにもあるとおり、バイト同士はもちろん、店全体で仲がいい職場が多いようです。

 

面接当日のマナー・服装など

面接時間の5分前には到着する

忙しい中、面接のために時間を取ってもらっていることを意識すること。約束した時間の5~10分前には現地に着いているのがベターです。あまり早すぎても相手が用意できていないこともあるので、到着時間はしっかり計算して準備しましょう。

清潔感のある髪形や服装で行く

寿司屋は年配の方も多く来店することから、清潔感のある人を好みます。髪の色は染めていたとしても落ち着いた色味がベター、長い爪は嫌がられます。服装もきちんと洗濯された清潔感のあるものを選びましょう。

相手の目を見てハキハキと答える

寿司屋バイトは、ホールでは接客を、キッチンではスタッフ同士のコミュニケーションが求められる仕事です。挨拶がきちんとできたり、基本的な礼儀作法ができていると良い印象をもってもらいやすいでしょう。

詳しい面接のマナーをもっと知りたい人はこちら→

 

志望動機の書き方・伝え方

志望動機は、「家から近い」や「お店になじみがある」などシンプルなもので問題ないので、きちんと働く意思が伝わるような内容にします。

接客に興味があるから

「人と話したり、一緒に何かすることが好きなので、接客のアルバイトをしたいと思っています。このお店は家族で何度も来ており、お願いしなくてもさっとお茶を入れてくれるなど細かい気遣いなど、毎回気持ちよく過ごせ、ぜひ一緒に働きたいと思い応募しました」

具体的なエピソードがあると、「うちのことをよく知ってくれているな」と好印象を持ってもらえます。

通いやすい場所だから

「アルバイトが初めてなので、家からも学校からも近い場所が良いと考えています。このお店の前を何度も通って身近に感じたおり、募集している時間帯が学校とかぶらず入りやすいと思ったので応募しました。寿司屋のバイトは初めてですが、大きな声を出すのは得意です。よろしくお願いします」

寿司が好きだから

「僕(私)は小さな頃から食べることが大好きで、中でもお寿司は大好物で、アルバイトするなら寿司屋がいいと思っていました。このお店はメニューが豊富でスタッフの方が元気なので、いつも来るのが楽しみです。ここなら長く働けそうだと思い、応募しました。頑張って仕事を覚え、早く戦力になりたいです」

 

まとめ

いかがでしたか?キツいだけでなく、「美味しいお寿司が割安で食べられた」「接客の力や正しい言葉遣いが身についた」「バイト先のみんなが仲良く、バイト以外でも遊びに行くことが増えた」「お客さんに感謝されたとき、やっていてよかったと思う」など、嬉しい、楽しい点も多いのが寿司屋バイトです。

初めてバイトする人も、いいなと思ったらぜひチャレンジしてみてください。

・アンケート出典:
2022年3月 高校生アルバイト体験調査/N=1030/株式会社マクロミル
2022年3月 大学生アルバイト体験調査/N=2074/株式会社マクロミル

 
更新履歴
2020年12月1日

早速バイトを探してみよう