スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月14日

北村諒インタビュー2 〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜

北村諒 タウンワークマガジン

今回はアルバイト時代のお話について伺います。舞台俳優をしながらアルバイトをしていたという北村さん。どんなお仕事をしていたのでしょうか…気になります!

先輩とのつながりがきっかけで始めたアルバイト

北村諒 タウンワークマガジン
―アルバイトはどんなことをされていましたか?

アルバイトといえば、僕はいくつか経験はあるんですけど、一番印象的だったのは、モデルから俳優にシフトしはじめた頃のアルバイトかな。

まず、当時は舞台の仕事もあまりなくてヒマで(笑)。だからお金がなかったし、バイトしようと思って選んだのがアパレルショップSRIVERの店員。で、その理由は…ラクそうだから!(笑)

―ファッションに興味があったから、ではなかったんですね?

もともと、服自体にすごいこだわりがある方じゃなかったんです。コーディネートとか、好みはあるけど、自分の好きな服を着てただけで、服がすげー好きだ!とかじゃなかった。

でも、以前同じ雑誌でモデルをしていた先輩が、デザイナーを始めたと聞いて、そこの服がどんぴしゃで好みだったんで、働かせてくれませんかってお願いして始めました。仕事が急に入っても融通きいてくれるっていうのも理由の一つだったんですけど。

北村諒 タウンワークマガジン
―当時はどんな店員さんでしたか?

僕がバイトを始める時に思ったのは、一定の距離感を保ったアパレルショップの店員をやってみよう、と。

僕、服を買いに行って店員さんに声かけられたくない人なんですよ。「いや自分で選んでるし、そんな服の説明されても…」と思うから、逆に声をかけないでみようと思ったんですね。

こういうのもありますよ、とか提案はするけど、押し付けは絶対しないようにしようと思ってて。結果、売れなければ売れないでしょうがない。それは店員としてどうなんだ?っていうのはあるけど(笑)。でもそうやって、押し付けて買ったお客さんって、もう来てくれないと思うんですよね。

その分、お客さんとは、久しぶり!とか、自然に会話することで
距離を縮めることを心がけていました。それが結果として、服が売れるってことにつながればいいし、何回も来てくれるような関係性になればいいなって。

そうやって接客したお客さんが、買った服を着て来てくれたり、自分がショップに立ってる時に、その服と同じものが欲しいです、とか言ってもらったこともあって、そういうのはうれしかったなー。

やりたいことは、やってみた先にある

北村諒 タウンワークマガジン
―これからアルバイトを始めようとする人に一言お願いします。

アルバイトのいいところって、新しいものと出会えるっていうのが第一にあると思うんです。僕も最初はすごく服が好きってわけじゃなったけど、お客さんに服をすすめるってことはやっぱり自分がその服を知らないといけない。それで服のことを知ると、楽しくなってくるんですよね。縫い方ひとつ、生地ひとつに奥が深いなって思うことがたくさんある。服をつくっている人と話してても面白いし。

だから、これからアルバイトをしてみようと思う人には、アルバイトって知らないことを知れるから面白いんだよって言いたい。たとえこれがやりたい!っていう強い目標がなかったとしても、絶対知らなかったことってそこにあるから。自分の世界も広がるし、やっておいて損はないんじゃないかな。お金も入るしね!(笑)

働くのは面倒くさいという人もいるかもしれないけど、アルバイトは、好きなことを発見できる場として、どんどん利用すればいいと思う。就職するわけじゃないんだし、いろんなバイトで、いろんなことをやってみる。そうすれば、自分のやりたいことも見つかるかもしれない。

僕自身も、やってみてはじめてファッションの面白さに気づけたってことがあるし。お芝居がやりたいっていうのもそう。無理にやりたくないことするよりは、やりたいことをやって楽しく生きる方がいい。つらいときもあるかもしれないけど、楽しいのが一番、笑顔が一番!一人が好きなら一人も一番!(笑)と思ってます。

北村諒 タウンワークマガジン
始めてみたら意外な発見がある。アルバイトの醍醐味ってそういうところにあるのかもしれませんね。次回は北村さんのこれからの活動について伺います。お見逃しなく!

■Profile
北村 諒
Ryo Kitamura

1991年1月25日、東京都生まれ。 前山田健一氏プロデュース「Unknown Number!!!」メンバー。舞台を中心に、TV、雑誌などで俳優、声優として活動中。出演する主な舞台作品は『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』、 『ホイッスル!~BREAK THROUGH 壁を突き破れ~』、 『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』、 『刀剣乱舞』、『弱虫ペダル』シリーズなど多数。今後の出演作は 舞台『真・三國無双』など。

公式ブログ:http://ameblo.jp/gdgd-37458/

撮影:山本あゆみ

▼関連記事▼

北村諒 インタビュー タウンワークマガジン北村諒インタビュー1 〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜

今話題の人物にアルバイト経験をリレー形式で語ってもらう『バトンでつなぐ「明日のつくり方」』。記念すべき第1回目は、舞台『おそ松さん』にも出演予定の俳優、北村諒さんのお話。3回に渡ってご紹介します!

北村諒 タウンワークマガジン北村諒インタビュー3 〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜

アルバイトを通して自分が変わったという北村さん。今回のお話がいよいよ最終回です。最後はこのバトンが誰に渡るのか、北村さんからの友人紹介もお楽しみに!

北村諒 廣瀬大介 染谷俊之 タウンワークマガジン北村諒・染谷俊之・廣瀬大介 座談会〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜SPECIAL 1

たくさんのゲストに貴重なアルバイト経験を語っていただいた『バトンでつなぐ「明日のつくり方」』。記念すべき第15回は、記事をよくチェックしてくれていたという北村諒さん、染谷俊之さん、廣瀬大介さんの3人を迎え、座談会でお届けします!全3回の配信のうち1回目の今回は、これまでのゲストを振り返りつつ、最もバイト衣装の似合っていた方を大賞に選出していただきます!次回からも特別企画が盛りだくさん。是非お見逃しなく!

北村諒 廣瀬大介 染谷俊之 タウンワークマガジン北村諒・染谷俊之・廣瀬大介 座談会〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜SPECIAL 2

3回に渡ってお届けしている『バトンでつなぐ「明日のつくり方」』スペシャル企画。2回目の今回は、読者の皆さんに投稿いただいた下記「#バイトの悩みあるある」ツイートに3人が回答します!どなたのツイートが読まれるか…ドキドキです!

北村諒 廣瀬大介 染谷俊之 タウンワークマガジン北村諒・染谷俊之・廣瀬大介 座談会〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜SPECIAL 3

3回に渡ってお届けしてきた『バトンでつなぐ「明日のつくり方」』スペシャル企画。最終回は3人が「やってみたかったバイト」の衣装で登場!お一人ずつ、じっくり語っていただきますよ!

▼その他のインタビューはこちら▼

バトンでつなぐ「明日のつくり方」バナー