スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年02月08日

本命とギリには1000円の差!女子大生バレンタイン予算のせきららレポート

Funny Valentine's Day
もうすぐバレンタイン! そこで18~23歳の女子大生・大学院生・短大生・専門学校生にアンケートをとったところ、今年のバレンタインデーにチョコレートをあげると答えた人は約63%。気になる本命、ギリ、友達チョコの予算の違いやこだわりなどを聞いてみました。

予算は本命2000円代が多数! ギリとの差は1000円

予算

本命は2000~3000円代という答えが半数以上。そしてギリ&友チョコの予算は1000円代というのが一般的のよう。ちなみにギリ&友チョコは何人ぐらいにあげるか聞いたところ5人以内か10人以上の2通りに。こじんまり派と大量に渡す派にパックリ別れた結果となりました。

同じ手作りでも相手によって中身や包装で差別化!

入手方法

本命&ギリ&友チョコすべて1位は手作り! 本命にいたっては約70%の人が手作りするとの結果が。でも、友チョコも約65%が手作りするとのことで、何に違いがあるか調べてみると「練習を重ねる」「チョコ以外にプレゼントも渡す」など本命に対しては“気合い”が入っているよう。それは購入派も同じようで本命には「有名店の高価なチョコを選ぶ」などの声が。そこで、それぞれ何にこだわっているか具体的に聞いてみました!

◆プラスαで本気を伝える「本命チョコ」

・チョコ以外に本やハンカチなど1000円以内のちょっとしたプレゼントも渡す。(21歳/手作り派)

・バレンタインの前に何度も練習して納得いくまで作ります。(23歳/手作り派)

・相手が手作りOKか事前に確認してから手作りにするか購入するか決める。事前に相手の好みを調べるのも大切。(24歳/手作り派)

・義理チョコや友チョコも手作りしますが、本命は見た目にひと工夫加えたり、ハートのモチーフを多く使います。(24歳/手作り派)

・手作りの場合、なるべく使用する材料は、砂糖の量も控え、オーガニック素材にするようにしている。(23歳/手作り派)

・お菓子作りは自信がないので、本命だからこそ見た目がキレイで美味しい市販のチョコを買う。(21歳/購入派)

◆とにかく安さ重視の「ギリチョコ」

・差がでないように全員同じものを買うようにしている。(23歳/購入派)

・予算を抑えるために手作りするが、見栄えがそこそこよくて一気に量が作れるものにします。(22歳/手作り派)

・値段はそこまで高くなくても、包装が可愛いかったり、味がちょっと変わっていたりなど、面白みのある変わり種チョコレートを探す。(24歳/購入派)

・ギリチョコはスーパーで大量買い!(19歳/購入派)

・予算を抑えるために大容量パックのチョコレートを購入し、振り分けてかわいい袋に入れています。(22歳/購入派)

◆見た目のカワイイさ話題性が大切「友チョコ」

・女の子だからこそ作るのが楽なものか大変なものかわかるため、手抜きに見えないものを作ります!ラッピングは安いけど可愛さを重視。(23歳/手作り派)

・自分がもらって嬉しいようなオシャレなものを選びます。(21歳/購入派)

・雑誌に取り上げられていたり、テレビで紹介されていたりと「見たことある~!」と言ってもらえるような話題性のあるものにしています。その方がインスタやSNSにアップしやすい!(22歳/購入派)

・イタズラチョコ入りを混ぜたり、おみくじチョコを入れたり、ユーモアを大切にする。(19歳/手作り派)

・自分の趣味ではなく、相手の好きそうなデザインになるように気をつけています。アニメ好きな子にはキャラチョコ(痛チョコ)を作るとか!(23歳/手作り派)

この時期だけ。「自分へのご褒美」は高級チョコで

そして、自分のための「ご褒美チョコ」を買うという人も! こちらは手作りよりも圧倒的に「購入する」という声が。みんなどんなご褒美を選んでいるの?

・テレビのバレンタイン特集で取り上げられているような高級チョコを「この時期だけ!」と思って買っちゃう。(23歳)

・買うときは外国産のちょっとお高いものを。作るときは少し高価でおいしいクーベルチュールを使います。(23歳)

・とにかく食べたいものを3000円までと決めて買う!そして、何日間かかけて食べるのが幸せ♪(24歳)

参考になりましたか? 本命がいる人も友達とワイワイ交換する人も楽しいハッピーバレンタインになるといいですね!

出典:18~23歳の女子大生・大学院生・短大生・専門学校生300人を対象に調査。調査期間:1/20~1/25、調査協力/株式会社クラウドワークス

文:中屋麻依子