スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月06日

学生に聞きました「お金の節約」をしている人は約78%

学生に聞きました「お金の節約」をしている人は約78%
学業にサークルに、趣味に遊び… と何かと忙しい学生生活。充実した日々を過ごすにはお金も必要! ということで、日々何かしらの節約をしているのか、学生300人にアンケート。その結果、約8割の学生が「節約」のために何かを行っていると回答してくれた。それではさっそく、みんなの日々の節約術を紹介しよう。

「節約」のために、何かしてる?

できるだけ無駄なものは買わない

目立ったのは「無駄な買い物をしない」という人。多くの人が槍玉にあげていたのが「コンビニ」だ。

・ 「コンビニに行かない」(20歳/女性/理学部)
・ 「同じものなら、コンビニではなく、近くの安いスーパーで購入する」(25歳/女性/理学部)
・ 「買い物をするときはスーパーのチラシなどを確認して、良いものを安く手に入れるようにしている」(22歳/男性/法学部)
・ 「値引き商品を選んで買う」(20歳/女性/法学部)

「チラシのチェックを欠かさない」など、主婦並みの努力が涙ぐましい(しかも男性)。無駄な買い物を減らすために、自分なりの工夫で買い方に気をつけている人も多かった。

・ 「買い物をするときはポイントが貯められるところで買う」(21歳/女性/人文学部)
・ 「本やゲームを新品ではなく、中古で買う。」(20歳/女性/社会学部)
・ 「ネットクーポンなどの割引サービスを積極的に利用する」(21歳/女性/法学部)

何より大事なのは衝動買いをしないこと。節約術として多くの人があげていたのが、「買い物をするとき『本当に必要なものかどうか』を考えるようにしている」という回答。「買いたい気持ちがさめるのを待つ」という人もいた。

お金の流れを把握する

無駄遣いをしないために、家計簿を付けて使ったお金をきちんと管理したり、使うお金の額を決めておくという人も多かった。

・ 「家計簿を毎日かかさずつけている」(23歳/女性/工学部)
・ 「毎日、その日に使ったお金を計算している」(21歳/男性/経済・経営・商学部)
・ 「一人で食べるごはんは300円までと決めている」(19歳/女性/法学部)
・ 「食費は一日1000円まで」(22歳/男性/医学部)
・ 「1カ月2万円生活」(21歳/女性/人文学部)
・ 「極力、お金をおろさない」(23歳/女性/教育学部)

飲食代を抑える

節約と聞いて、真っ先に思い浮かべるのが「食費」という人も多いのでは? 実際、多くの人が食事にまつわる節約術を回答しているが、中でも多かったのが「飲み物を外で買わない」という人。

・ 「いつも必要な飲み物は、買わないで自宅で作るようにしている」(22歳/男性/工学部)
・ 「水筒を持ち歩く」(20歳/女性/語学部)

実家暮らしであれば、比較的、食費をかけずに生活することができる。しかし一人暮らしの人は、「ここが力の見せ所」と言わんばかりに様々に工夫しているようだ。

・ 「賞味期限切れが近い食品を買って冷凍保存する」(21歳/女性/人文学部)
・ 「学食で割引になる食券を利用する」(20歳/男性/理工学部)
・ 「バイトは賄が出るところを探す」(19歳/女性/工学部)
・ 「半額になったお惣菜やお弁当を買う」(21歳/男性/工学部)
・ 「スーパーのポイントデーに買い物して食費を浮かせる」(20歳/女性/心理学部)

中でも、「収穫物を食べる」(21歳/女性/農水学部)という節約術は農学部生ならではで、涙ぐましいというよりは微笑ましい。

また、工夫というよりは「使わない派」も。

・ 「朝食昼食を抜く」(21歳/男性/法学部)
・ 「ごはんをたべない」(18歳/男性/理学部)
・ 「飲酒しない。なるべく小食にする。お菓子やジュースを買わない。なるべくお金を使わない」(21歳/男性/理工学部)

光熱費を抑える

意外とかかるのが光熱費。特に夏や冬はエアコンが欠かせない。しかし、そこを我慢するのも節約のためだ。

・ 「クーラーをできるだけ使わないように、図書館へ行く」(19歳/女性/工学部)
・ 「使わない電力のブレーカーを落とす」(20歳/女性/文学部)
・ 「午前4時~午後8時まで電気をつけない」(19歳/男性/工学部)
・ 「LED電球に取り換える」(23歳/男性/社会学部)
・ 「こまめにコンセントを抜く」(18歳/女性/工学部)
・ 「充電は基本的に学校でする」(24歳/女性/医学部)

コツコツ貯める

節約術とは少し違うかもしれないが、お金を「貯める」意識を普段から持つように心がけている人も多く見られた。特に「500円玉貯金」を挙げた人は3人もいた。

・ 「500円玉貯金をしている」(23歳/男性/経済・経営・商学部)
・ 「余った10円を貯金するようにしている」(19歳/女性/理学部)
・ 「”つもり貯金”をやっている」(21歳/男性/社会学部)
・ 「アンケートサイトでポイント集め」(23歳/男性/経済・経営・商学部)

その他

思わず、何のための節約なのか突っ込みたくなる回答も。

・ 「たまにしか遊ばない」(25歳/男性/法学部)
・ 「外に出ない」(21歳/男性/理学部)

「無駄なものを買わないように現金を極力持ち歩かない、寄り道しない、そもそも出歩かない、遊ばない、買い食いしない、本当に必要で長期にわたって使うものしか買わない」(21歳/女性/法学部)というくらいまで徹底していると、それはそれで凄い。

皆さんが実践している節約術はあった? もし、ついつい無駄遣いしてしまうことを悩んでいるなら、さっそくマネしてみよう!

※アルバイト経験者、または現在アルバイトを探している短大・大学・大学院生300人にアンケート(2014年7月25日~7月26日)。調査協力:クロス・マーケティング