スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年12月17日

バイトでの失敗経験、隠したことはある?

「黙っててもバレないかも…」。バイトでの失敗経験、隠したことはある?
バイト中、どんなに注意していても失敗してしまうことはある。「ちょっとしたことだから」と上司や先輩に報告をしなかったり、「できれば叱られたくない」と隠してしまった。そんな経験はないだろうか。その場は何事もなく済んだようでも、後で誰かが困ったかもしれない…。あなたはバイト先で、そんな体験をしたことは? バイト経験のある短大・大学・大学院生300人にアンケートをしてみました。

バイトでの失敗を隠した・報告しなかったことはありますか?

「ある」と回答した人の意見

・お釣りの渡し間違い
「間違えてお釣りを多めに渡してしまった」(20歳/女性/看護学部)
「レジを打ち間違えてしまった」(22歳/男性/工学部)
「お客様からいただかなければいけない追加料金をもらいそびれた」(21歳/女性/人文学部)

・備品の破損
「お皿を割ってしまったが、ポケットに入れて隠した」(20歳/男性/語学部)
「調理用の食材が入った箱に足をひっかけて床にミニトマトをぶちまけてしまった」(19歳/男性/工学部)
「オーダーをとる機械を落として壊してしまった」(20歳/女性/経済・経営・商学部)

・料理の作り間違い
「調理で失敗した食材をこっそり捨ててしまった」(19歳/男性/理学部)
「商品を間違えて作ってしまい材料を無駄にしてしまった」(20歳/女性/経済・経営・商学部)
「テイクアウト用の商品を不十分な形のまま提供してしまった」(27歳/男性/農水学部)

・マニュアルミス
「Aの箱にAの物品を入れるはずが、Bの物品を入れてしまった」(22歳/女性/法学部)
「購入者全員プレゼントの特典を渡し忘れた」(20歳/女性/人文学部)
「バイトの終了時間を間違え、1時間早く上がってしまった」(21歳/女性/法学部)

隠した・報告しなかった内容としては、1.お釣りの渡し間違い、2.お皿など備品を壊す、3.料理の作り間違い、4.マニュアルやルールを間違える、などが多かった。全体の傾向として大きなミスはあまりなく、「言わなくてもバレない」程度のものが中心のよう。ただ、ミスをした経験は、苦い記憶として心に残っているのかもしれない。

一生懸命働いていても、ミスの1つや2つは犯してしまうもの。でもそんな時の対処方法で、あなたの真価が問われるのだ。もちろん、わざとじゃないのだから、正直に周囲に伝えて謝るのが誠実な対応だ。その後はいつもよりガンバッて仕事で挽回するといいだろう。しょっぱい思いもしながら、成長の階段を一歩ずつ上っていこう!

※データ:アルバイト経験のある、もしくは現在探している短大・大学・大学院生18歳~29歳300人にアンケート(2014年10月10日~12日)/アンケート協力:株式会社クロス・マーケティング