スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年01月05日

バイト仲間とのLINEのやりとり、どうしてる?

バイト仲間とのLINEのやりとり、どうしてる?
スマホを持っている人の多くが使っているソーシャルアプリ・LINE。学生の中にはLINEを使い始めて生活が変わった、なんて人もいるのでは? そんなLINE、バイトでのコミュニケーションツールとしてはどう使われているのだろう。短大・大学・大学院生にアンケートをとってみた。

バイト仲間とLINEでどんなやりとりをする?

バイト仲間とLINEでどんなやりとりをする?
メインはシフトの相談や連絡事項のやりとりなど、仕事に直接関係する内容が多いよう。「バイト先のLINEのグループを作って、店長も含めて連絡を取り合っている」という声があるように、バイト先全体でLINEを使いこなしているパターンも。一方で、日常のやりとりや遊びの連絡など、バイト仲間とプライベートな連絡を取り合っている人も少なくないようだ。
次にLINEでどれくらいやりとりをしているかを聞いてみると…、

バイト仲間とLINEで1日何通くらいやりとりする?

バイト仲間とLINEで1日何通くらいやりとりする?
バイト上の連絡が中心のためか、バイト仲間と1日にやりとりするLINEの平均は5.0通と少な目で、1日数通という回答が多かった。友だちとは1日に数十~数百通もやりとりする人がいるのとは大きな違いだ。
バイト内で作成したグループの数は平均1.5。ごく親しいバイト仲間とのグループ、バイト先全体を含めたグループ、といったところだろうか。LINEをメインの連絡ツールとして使っているが、あくまでバイトの連絡程度にしか使っていないのが実態なのかもしれない。
また、LINEの利用もプライベートと分けたいという人もいるので、バイト仲間に連絡するときは注意が必要かも。休憩時間にLINEでやりとりをしていいかどうか聞くなどして、仕事や職場の人間関係がスムーズになる手段として使おう!

※データ:アルバイト経験があり、バイト仲間とLINEのやりとりをしたことのある短大・大学・大学院生18歳~29歳132人にアンケート(2014年10月10日~12日)/アンケート協力:株式会社クロス・マーケティング