スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年10月01日

Q.アルバイトの労働時間に上限はある?

A.1週間40時間、1日8時間までが上限

労働基準法で、法定労働時間は休憩時間を除いて1週間40時間、1日8時間までと決められている。原則として、この法定労働時間を超えて働いた場合、残業となり、割増賃金となる。

また、バイトを掛け持ちしている場合も、合わせた労働時間が1週間40時間、1日8時間までが上限。一社一社での仕事では法定労働時間を超えてなくても、合わせたら超える場合、後から雇用契約を交わしたバイト先Bが割増賃金を支払う義務がある。ただし、バイト先Aで4時間、バイト先Bで4時間働く予定のところ、双方で4時間(合計8時間で法定労働時間内)働くことを知りながら、労働時間を延長するときは、契約の後先に関わらず延長して働かせたバイト先が割増賃金を負担することになる。掛け持ちしていることと、シフトは両方のバイト先にきちんと報告しておこう。