スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年06月24日

バイトで怒られて辛いときの「心の対処法」4

怒られて辛い
バイトを始めてみたけれど、いつも怒られてばかり…、なんだか辛くなってきた。そんな時、どうしたらいいのか、心の整理のしかたとコツをお教えします。

「怒られた」と感じるのは、「自分の思い込み」だけのことも多い

いつも怒られてばかり。「うまくいかないな」と思っているのは、実はただの思い込みであることも多いものです。
人にはみんな「考え方のクセ」があるもの。たとえば、幼い頃に厳しく育てられた人などは、『名前を呼ばれる→怒られる』と反射的に反応してしまうこともあります。
これはいわゆる考え方のクセによって身についてしまった「自動思考」と言われるものですが、このように心の深い層に刻み込まれた思い込みで「私はダメ→だから完ぺきにやらないといけない→仕事がうまくいかないのは私が完ぺきでないから→また怒られる」という思考ループに陥ってしまうのです。

でも、安心してください。
怒られる感覚が湧き起こる理由は、単に自身の考え方のクセのループにはまっているだけで、あなたがダメというわけではないのです。

1.自分が焦っていることを自覚すると気持ちが落ち着いてくる

「ヤバい、怒られる」と思った瞬間、心臓がドキドキしだしたり、頭の中が真っ白になったり、カーッと熱い感覚が込み上げてきたりしませんか?その感覚が大事です。これは身体反応と言い、その反応がどう出るかは人それぞれ。でも、よく自分を観察していると、焦った時にいつも同じような反応が起こるはず。

そして、大事なのは、その反応が起こったと感じた時、「あ、私はまたいつもの考え方のクセのループにはまっているな」と自分に問いかけてみてください。
こうすることで自然に落ち着いてきて、自分のペースが取り戻せるものです。

2.その場から離れて気持ちを落ち着かせる

これは逃避ではなく、安心できる場所に移動すること。一人になれる更衣室でも大好きなカフェでも構いません。その場を離れるだけで気持ちが落ち着く作用があります。

3.怒った相手も実は怖がりなのかも、と考えてみる

人は誰でも否定されることを恐れるもの。相手だって否定を避けて怒るという感情に出ているだけかも。「私も相手も、誰でもみんな怖いものなんだ」と考えると少し気がラクになりませんか? また、「すみません。怒られているようでちょっと怖いです」と素直に自分の気持ちを切りだすだけでもかなり気持ちがラクになりますよ。

4.日ごろから成功体験をメモして思い出してみる

失敗は誰にでもあるもの。その時に助け合い、許しあうことが大事です。他の人の失敗をカバーして「ありがとう」と感謝されたことなど、小さな成功体験のメモを残しておいて。自身が困った時に見返せば自分の心の癒しになります。

小川先生取材協力:心理カウンセラー 小川菊乃氏
日本総合カウンセリング http://jtc-web.jp/

■バイトをしている方・必見のアプリ
シフトを入力するだけで、給料計算ができるシフト管理アプリ『シフトボード』