スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月06日

バイトに遅刻!求められるのは電話連絡?嘘や言い訳には要注意!

バイトに遅刻!求められるのは電話連絡?嘘や言い訳には要注意!

電車の都合や寝坊など、バイトを遅刻してしまう原因は様々だ。いくら遅刻をしないようにと心がけていても、ふとしたアクシデントで遅刻になってしまうこともある。

そんな時に大切なのが正しい連絡方法と伝え方。遅刻をしてしまっても、信頼を損ねにくい連絡方法を紹介する。

職場はどのような連絡方法を求めている?

遅刻をしてしまった場合、連絡方法としてメールやLINEは避けた方が無難。

直接上司に伝えることができる電話で連絡しよう。なぜなら職場としては遅刻をする事実だけではなく、ほかにも知りたいことがあるからだ。

遅刻をしてしまった場合、職場が一番に知りたいのはいつ到着するのかということ。

早めに到着できるのであれば今いるメンバーで対応することもできるかもしれないが、数時間後になるのであれば他の人員を確保する必要がある。

遅刻をしてしまった場合、まずはバイト先に電話連絡をする方が良い。

嘘や言い訳を言うデメリットとは?

バイトを遅刻してしまった場合、気まずさからついつい嘘をついてしまう人もいるかもしれない。

しかし本当は寝坊なのに電車の遅延などという嘘を言うのは危険だ。どこから嘘がバレてしまうか分からないし、バレてしまった場合の信頼度の低下が激しいからだ。

バイト先からすると、電車の都合でも寝坊でも結果として遅刻されることには変わりがない。嘘や言い訳を並べるのではなく、正直に謝罪をするのが一番好感を持たれるようだ。

バイトで遅刻してしまった場合、大切なことは?

バイトで遅刻をしてしまう場合、遅刻の理由や言い訳ではなく、どのように対応し信頼回復を図るかが大切になる。

まずはきちんとした謝罪を行い遅刻の理由を言い、今後遅刻しないためにどのような対応策をとるかを伝えた方が良い。

また仕事になるべく早く戻り、遅刻をしてしまったぶん、よりいっそうバイトに励むようにしよう。

バイトに遅刻する場合は素早い対応が大切

バイトに遅刻をしてしまう場合、バイト先のメンバーや社員に必ず迷惑をかけてしまう。

大事な戦力として働いているからこそ責任を持って素早く電話連絡をすることが大切だ。