スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年09月24日

「家庭教師のバイト面接」で聞かれる質問や当日の流れなど

家庭教師
個人の家に出向いて勉強を教える家庭教師は、大学生や短大生、専門学生から人気のバイトのひとつです。これから家庭教師のバイトをしたいという方に向けて、面接の際に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

家庭教師バイトの面接でよく聞かれる質問と回答のコツ

・大学や高校などの学校名
・教えたい教科、生徒
・志望動機
・出勤日数・曜日・時間
・通勤エリア

大学や高校などの学校名・選考

どういった学校で勉強しているのかという自己紹介になります。自分が所属している学校や学部、学科名を答えます。

教えたい教科や生徒

特に高校生を希望する人は、教科は「現国、古文」など具体的に答えましょう。受験経験の有無や、受験が筆記だったのか、AO式なのかなども聞かれることがあるでしょう。

志望動機

家庭教師は、生徒と1対1で接する仕事で、他の仕事よりも相手との距離が近く、責任も多い仕事です。なぜ家庭教師をしたいのか、きちんとやる気が伝わるようにしましょう。

<回答例>
「友人にテスト期間などに勉強を教えていたことがあり、教えることにやりを感じたからです」
「自分も中学受験で、わからない問題があると大変でしたが、わかった時の嬉しさも大きく、これから受験を控える生徒にも勉強する楽しさを伝えていきたいと考えいます」

「出勤日数・曜日・時間」などのシフト希望

1回の授業が2時間程度であることが多いです。基本は、生徒の学校が終わった後ですので、それを踏まえて働ける曜日や日数を答えましょう。

「火曜日から金曜日までの間で週3日以上、16時からでしたらうかがえます」

通勤エリア

登録制の場合、面接のときに通勤可能エリアを聞かれます。無理のない範囲での場所を答えるようにしましょう。

面接当日の身だしなみ

私服でOKですが、信頼感が大事な仕事ですので、清潔感のあるきちんとした格好でいきましょう。襟付きのシャツやブラウス、きちんとしたパンツや短すぎないスカート、革靴やパンプスなど。
個人的に家庭教師をする場合は、家庭教師先に行くこともあります。靴を抜いだときの靴下やストッキングにも注意を払いましょう。素足はNGです。

面接当日の流れ

当日は、面接開始の5~10分前に会場に着くようにしましょう。早すぎても迷惑になるので、相手の自宅の場合は5~3分前に呼び鈴を鳴らすと良いでしょう。
登録制の場合は、その場で筆記試験が行われる場合も多いですので、筆記用具を忘れないようにしましょう。