スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年04月14日

バイト面接の服装、高校生は制服でもいいの?私服やジーパンは避けるべき?

バイト面接の服装、高校生は制服でもいいの?私服はジーパンは避けるべき?高校生がアルバイトの面接を受けに行く際の服装は、制服・私服、どちらを選べばいいのでしょうか?この記事では、高校生がバイト面接で好感を持たれる服装と、気を付ける点をお伝えします。

バイト面接では、制服でも私服でもOK

高校生のバイト面接の服装は、基本的に制服・私服どちらで行っても問題ありません。実際に、アルバイトの採用担当者にアンケートしたところ、高校生のバイト面接で、私服、制服どちらでも良いと答えている人も多いですが、制服の方が印象がよくなりやすいという意見が多くありました(※1)。制服は、ブレザーなどカチッとしたデザインが多く、きちんとした印象を与えやすいのだと考えられます。

では、実際のところアルバイトの採用面接に私服と制服、どちらを着たかを尋ねたアンケートでは62.8%が私服、37.2%が制服という結果になりました(※2)。

どちらにしても、面接の服装で一番大切なのは「清潔感」です。では、制服と私服、それぞれの場合での服装のポイントを解説していきます。

※1)202012月アルバイト採用担当者349人へのアンケート結果より/リクルート
※2)20213アルバイト経験のある高校生400人へのアンケート結果より/株式会社クロス・マーケティング

 

制服で面接:好感度が高いのは校則通りの服装

制服の場合、スカート丈やネクタイ、ソックスなど、校則を守った着こなしで臨むといいでしょう。着崩したりスカート丈を短くしたり、カバンに派手な小物を身に付けるのは避けた方が無難です。
制服は濃い色のものが多く、汚れが目立ちやすいので、前日までに汚れやほつれがないかも確認します。
また、足元も案外目につくので、面接前には靴も綺麗しておきましょう。

<制服面接でのOK例>
・スカートの長さは校則通りにしておく
・シャツ、ブレザーのボタンは締める
・靴下も規定のものをはく
・靴はきれいに磨いておく<制服面接でのNG例>
・短すぎるor長過ぎるスカート
・ダボダボのズボン
・シャツやブレザーのボタンが外れている
・靴下がルーズ
・汚れた靴

 

私服で面接:ルーズに見えない、清潔感ある服装

私服の場合は、清潔感があり、きちんとした印象になるような服装を心がけましょう。
おすすめなのは、白やパステルカラーなどの淡い色のブラウスやシャツに、濃いめの色のパンツやひざ丈前後のスカートです。寒い季節はカーディガンやジャケットを羽織るのも問題ないでしょう。
避けた方が無難なのは、胸元や肩などで露出の高いもの、ヨレヨレのTシャツ、ホットパンツのような短い丈、腰パン、ジャージ、サンダルなど。肩出しや袖から手を少しだけ出す萌え袖も、面接の時はやめておきましょう。
ジーパンなどのデニムは、原則は避けたほうが無難ですが、サイズもあっていてダメージ感が強くなければ、アルバイトの面接なら問題のないところも多いでしょう。

<私服面接でのOK例>
・ブラウスやシャツなど
・無地や薄い柄のパンツや膝丈のスカートなど
・色は、白やパステルなどの淡いものや紺色、グレー、ベージュなどが無難
・何かを羽織る場合はカーディガンやジャケットなど<私服面接でのNG例>
・ダメージのあるデニム
・全体的にルーズな服装
・露出の多いもの
・汚れた靴
・派手なアクセサリー など

 

髪型は清潔感とナチュラルさを意識しよう

髪の毛が長い場合はまとめておき、前髪が目にかかっている場合は、切るかピンで留めて目にかからないようにしましょう。短髪の場合は、ワックスなどで整えておきます。カラーリングは、ナチュラルな茶色であれば問題ありませんが、明るい色にしている場合はNGなバイト先もあるので、面接前に確認しておくといいでしょう。

 

制服でも私服でも清潔感第一にしよう

高校生のバイト面接で大切なのは清潔感です。制服でも私服でも、個性を出すよりも、きちんと・きれいに見える服装を心がけましょう。

※初回掲載2016年9月20日

早速バイトを探してみよう