スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月27日

バイト面接に関する「時間」まとめ|到着時間から面接日時の変更まで

タウンワークマガジン バイト面接に関する「時間」まとめ|到着時間から面接日時の変更までバイトの面接に初めて行く人には、「何を聞かれるのか」「どんな服を着ていけばいいのか」「必要な持ち物は何か」といろいろな不安があると思います。今回はその中でも、「時間」に関するものをピックアップ。
「面接会場には何分前に到着すればいいのか」「面接時間はどれくらいかかるのか」「面接に遅刻しそうなときは、どうすればいいのか」といった時間に関する疑問について解説します。

【目次】
1. バイトの面接会場には何分前に行けばいいの?
2. バイトの面接にかかる時間はどのくらい?
3. 面接日時を変えてほしい場合は?
4. 遅刻やキャンセルをするときは必ず連絡を

1. バイトの面接会場には何分前に行けばいいの?

タウンワークマガジン バイト面接に関する「時間」まとめ|到着時間から面接日時の変更まで連絡なしの遅刻はもちろん厳禁ですが、30分前など早すぎるのもバイト先に迷惑がかかります。では、いつ到着すればいいのでしょうか。

到着時間の目安は?

◆到着は5〜10分前がベスト
理想は5分前に面接会場のドアを叩くことですが、10分前でも早すぎるということはありません。早く到着した場合は駅やコンビニのトイレなどで身だしなみをチェックして5分前にはチャイムを鳴らしたり、受け付けを済ませたりしておきましょう。相手が返事をしたら「本日〇時からアルバイトの面接のお約束をしております○○と申します。担当の○○さんをお願いします」と明るく元気よく伝えましょう。

◆どうして5〜10分前なの?
約束の時間の少し前から面接官は「そろそろ来る時間だ」と思っています。5分前になっても応募者が現れないと、「もしかして遅刻かも」と不安にさせる可能性があります。そうならないようチャイムを鳴らす(受付を済ませる)のは10分〜5分前にしましょう。面接する建物の前に10分前に到着していると、落ち着いて訪問することができます。

◆よく知らない場所は早めに到着を
一度も訪れたことのない場所の場合は、万が一道に迷っても間に合うよう、早めに最寄り駅に到着し、面接会場の場所を確認しておきましょう。約束の時間までは周辺の散策がお勧めです。面接で雑談になったときに使えるネタがあるかもしれません。前日に地図をプリントしておくと、携帯電話のバッテリーが切れたり突然調子が悪くなったときに役立ちます。

早く着きすぎるのもダメ

自分が早く着いたからといって、早めに訪問するのは避けましょう。面接官は忙しい仕事の合間に面接の予定を入れています。予定時間より早く訪問すると、会議室の準備が整っていなかったり、面接官の仕事を予定より早く切り上げさせたりすることになりかねません。「早く着きすぎることも相手には迷惑」と考え、5〜10分前到着を基本にしましょう。

<注意点>
同じビルのトイレで化粧を直したり、近くのコンビニで漫画を立ち読みしたりするとバイト先の人に見られることがあります。また、バイト先の近くで面接前にカフェなどを利用するときも、座り方や言動に気をつけましょう。隣にいた人が実は面接官だったということもあり得ます。

遅刻は厳禁

当たり前のことですが、遅刻は厳禁です。もし「乗っていた電車が大幅に遅れた」「道に迷った」などの理由で遅刻しそうなときは、早めにバイト先に連絡を入れて指示を仰ぎましょう。次のような会話がスマートにできれば、少々遅れても合否に影響はありません。いずれも最初に「本日○時から面接の○○と申します」と名乗ってから会話を始めます。

◆電車が遅れたとき
電車の遅延の場合は、「遅れる」ということが確定した時点で電話を入れます。
「電車が人身事故で○分以上も遅れており(現在止まっており)、×時ごろ駅に着きそうです。急いで参りますが、到着が□時ごろになると思いますので、少々お待ちいただいてもよろしいでしょうか?」

◆道がわからないとき
「先ほどから御社の近くにいるはずなのですが、道に迷ってしまいました。今〇〇という店の前にいます。お忙しいところ恐れ入りますが、御社までの道順を教えていただけないでしょうか?」

◆遅刻スレスレに到着しそうなとき
「電車が大幅に遅れておりまして、御社に到着するのが13時ちょうどか、もしかすると数分遅れてしまうかもしれません。大変申し訳ありませんが、お待ち頂ますようよろしくお願いいたします」

<ポイント>
ポイントは、遅刻しそうだとわかった時点で可能な限り早く連絡を入れることです。申し訳ない気持ちを心から伝えた上で、遅刻する理由と何分遅刻しそうか、今自分がどこにいるのかなどを具体的に説明しましょう。遅刻する旨を丁寧に伝えられれば、それほど印象は悪くなりません。

その上で、面接の冒頭と最後に「本日は遅刻してしまいまして、大変失礼いたしました。面接開始時間を遅らせていただきまして、ありがとうございます」「道案内をいただきまして、ありがとうございました。お手数をお掛けいたしました」など、謝罪と感謝の言葉を忘れずに述べましょう。

完全なNG行動

いわゆる「ばっくれ」「ドタキャン」は問題外です。「寝坊した」「時間を間違えていた」「明日だと思っていたら今日だった」という絶望的な状況では、逃げ出したくなる気持ちもわかります。でも、相手に貴重な時間を空けてもらっているわけですから、必ず謝罪の電話を入れるのが礼儀です。もしかすると次のチャンスがあるかもしれません。

2. バイトの面接にかかる時間はどのくらい?

イトの面接にかかる時間はどのくらい?次に面接にかかる時間についてお伝えします。業種や担当者によっては1時間ほどかかる場合もあります。

面接時間の目安

接客業、販売業…20分~30分程度
塾講師、IT系…1時間程度
派遣会社…登録説明会などは1時間を超えることも

話が弾んだときは、上記以上に長くなることもあります。面接で呼び出す以上、面接官も20~30分くらいは質問をして、応募者のいろいろな側面を探ろうとします。しかし、10分程度で切り上げられても不採用とは限りません。事前にほぼ採用が決まっていて、形式的な面接なのかもしれませんし、たまたま面接官のスケジュールが詰まっていた可能性もあります。
また、派遣会社の登録や集団面接の場合は1時間以上かかることもあります。次の予定を気にしてソワソワしないためにも、当日は余裕を持ったスケジュールを組んでおきましょう。

◆どうしても早めに切り上げたいときは
面接予定時間から1時間半以上はスケジュールを空けておきたいものですが、もしその後に予定している大事な用事に影響するほど長引きそうなときは、「お話の途中で大変申し訳ありません。実は○時から授業がありますので、こちらで失礼させていただいてもよろしいでしょうか」と聞いてみましょう。事前に終了時間についての告知がなく、面接時間が1時間を超える場合は、面接官の心証もそれほど悪くはならないでしょう。

3. 面接日時を変えてほしい場合は?

タウンワークマガジン バイト面接に関する「時間」まとめ|到着時間から面接日時の変更までできるだけ最初の約束を守ることが大切ですが、もしやむを得ない事情があって面接の日時変更をお願いする場合は、次のような対処で乗り切りましょう。

とにかく早めに連絡

都合が悪くなった場合は、わかった時点で電話連絡を入れましょう。当日のキャンセルは体調不良以外、基本的にNGです。連絡が早ければ早いほど、採用側は代替日の調整をしやすくなります。
ただし、飲食店であればランチ時間やディナー時間、会社であれば朝礼の時間などに電話をかけると、「気の利かない人」と思われることがあります。面接日までまだ余裕がある場合は、電話をかける時間帯に注意してください。会社の場合は、午後2~4時くらいが良いでしょう。

面接日時を変えてもらうには?

電話をかける前にスケジュール帳やカレンダーなどを手元に置いておきましょう。電話をかけて担当者につながったら、まずは約束の日時に行けなくなった理由とお詫びの気持ちを伝えます。その後、面接の日時変更をお願いした上で、もう一度チャンスが欲しいという熱意を伝えましょう。再調整後の面接当日は、日時変更のお詫びとお礼を冒頭で伝えることが大切です。

会話例

◆大切な用事が入った場合
「○月○日○時に面接をお願いしている○○と申しますが、担当の○○さんをお願いできますでしょうか?」
「お忙しいところ恐れ入ります。実は面接予定日にどうしても実家に帰らなければならなくなりまして、その日時に伺うことができなくなってしまいました。せっかくお時間をいただきましたのに申し訳ありません」
「このバイトをどうしてもしたいと思っておりますので、もしよろしければ、面接の日時を変更していただくことは可能でしょうか」

◆当日高熱が出てキャンセルする場合
「数日前から体調が悪く、薬を飲んで面接日までに何とか治そうと思っておりましたが、今朝急に39度まで熱が上がりまして……大変申し訳ないのですが、本日お伺いすることができなくなりました。このバイトをどうしてもしたいと考えていますので、もしよろしければ、面接の日時を変更していただくことは可能でしょうか」

<ポイント>
声に「大変申し訳ない」というお詫びの気持ちを込めることです。さらに日時変更のお願いを申し出るときは、「無理だとは思いますが、チャンスをください」という雰囲気を出すと、印象はグッと良くなるはず。
日時変更の連絡をしないまま無断でキャンセルするのは“ばっくれ”です。絶対にやめましょう。

4. 遅刻やキャンセルをするときは必ず連絡を

今回ご紹介した時間の話は、いずれも常識的なことばかりです。しかし、大事な面接に遅刻したり、連絡もなく勝手にキャンセルしたり、早く到着しすぎて面接官を困らせたりする人は意外に多くいるもの。「常識のない人」と判断され、採用されるのは難しいかもしれません。
遅刻しそうになったり、体調が悪くなったりすることは誰にも起こります。そんなときは必ず電話を1本入れてお詫びすることが大切です。そのときの対応が丁寧で礼儀正しければ、たとえ面接時間に遅れてしまったとしても採用される可能性は十分あります。