スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年06月19日

大学生の「掛け持ちバイト」事情:おすすめバイト・理由・シフト等

居酒屋バイト
授業のある平日でも、夏休みなどの長期休暇でもバイトを複数掛け持ちしたい人はいますよね?そこで、現役大学生に、掛け持ちバイト事情をアンケート。おすすめのバイトの組み合わせや、シフトのバランス、掛け持ちしようと思った理由などを聞いてみました。
>夏冬春休みでの掛け持ちバイト派はこちら

授業のある掛け持ち派

学期中の平日や週末に掛け持ちしたバイト数は?

授業やサークルなどもある学期期間中に、掛け持ちバイト経験が「ある」という人は46.4%。また、一度に掛け持ちをした数は「2つ」という人が圧倒的で、約9割でした。忙しい合間をぬってみんな頑張っているんですね。

【一度に掛け持ちしたバイト数は?】
同時に掛け持ちしたバイト数は?

掛け持ちバイトのおすすめの組み合わせは?

掛け持ちバイトの職種の組み合わせ方で多かったのは、知識やノウハウがそのまま活かせる同職種同士(ex.フード系×フード系)。また、メイン職種が何かにかかわらず、サブは「フード系」を選ぶ人も多いよう。求人が豊富なことと、普段利用する機会も多いことから身近に感じてチャレンジしやすいのかもしれないですね。

【ノウハウが活かせる同じ職種で掛け持ち】
【ノウハウが活かせる同じ職種で掛け持ち】

【求人が多くチャレンジしやすいフード系とで掛け持ち】
【求人が多くチャレンジしやすいフード系とで掛け持ち】

【掛け持ちバイトの組み合わせランキング】
WS000007

WS000008

WS000009

掛け合わせバイトの人気職種ランキング

半数以上の人がメインバイトに選んでいたのがフード系。シフトの調整がしやすく、授業やサークルとの両立もしやすいのがメリットのよう。サブ職種トップの塾講師や家庭教師は、思うようにシフトに入れないこともあるようで、あくまで「サブ」的に入れている人が多いみたいですね。

【メイン職種ランキングトップ5】

1位 フード 59.1%
2位 塾講師・家庭教師 30.7%
3位 コンビニ 8.7%
4位 スーパー 8.7%
5位 販売 3.9%

  
【サブ職種ランキングトップ5】

1位 塾講師・家庭教師 39.4%
2位 フード 36.2%
3位 イベントスタッフ 18.1%
4位 事務作業(データ入力、事務補佐等) 10.2%
5位 コンビニ 6.3%
5位 販売 6.3%

  

掛け持ちバイトを選ぶ際に重視した項目は?

重視した項目のトップは「シフトの融通が利く」こと。学業に支障がないよう、何かあったら休める環境であることに重きを置いているよう。通いやすさや時給も重要だけど、「どうせなら好きなことをやりたい」と仕事内容を重視した意見も。長く掛け持ちを続けるためにも、「仕事の楽しさ」は必要なのかも。

【重視した項目】(※複数回答)
重視した項目

【「重視した理由」を具体的に教えて!】
・遠くまで勤務地に向かうと、行くだけで疲れるから。(メイン:塾講師、掛け持ち:試験監督)
・学校との両立を実現したかったから、融通のきくとこで働きたく、次の日にも疲れが残らないようにしたかった。(メイン:上記以外の飲食店スタッフ、掛け持ち:塾講師)
・いつものバイトは頭をつかうものなのでたまには運動がてら肉体労働をしてみたかったから(メイン:事務作業(データ入力、事務補佐等)、掛け持ち:塾講師試飲・試食)

・レポート提出やテストなどの時期は避けるように希望したいから。(メイン:事務作業(データ入力、事務補佐等)、掛け持ち:イベントスタッフ)
・大学での研究の支障にならない上、好きな仕事で時給もいいから(メイン:ティーチングアシスタント、掛け持ち:清掃員)
・大学と自宅の間にある方が通いやすいのでこの点を重視した。(メイン:コンビニ、掛け持ち:コンビニ)

・メインのバイト先はシフトが絶対変更できないので(メイン:塾講師、掛け持ち:塾講師商品梱包)
・学校から近く、時給が高いと、働く意欲が枠から(メイン:スーパー、掛け持ち:サンプリング・ポスティング)
・メインに支障をきたすことなく、かつ自分の教養の向上に意味のあるものを行いたかったため(メイン:カフェ、掛け持ち:調査スタッフ)
・メインのバイトが疲れる仕事だから、掛け持ちはラクにできるものを選んだ(メイン:カフェ、掛け持ち:塾講師)

メインと掛け持ちバイトのシフトのバランスは?

メインは「平日の長期バイト」という人が6割以上。また、サブにも、同じく平日の長期バイトを組み合わせた人が多いよう。メイン・サブにかける時間は、平均すると約2:1という割合に。3回に1回はサブを入れる、というバランスなんですね。

【メインバイトの形態は?】
【メインバイトの形態は?】

【掛け持ちしたバイトの形態は?】
【掛け持ちしたバイトの形態は?】

【メインと掛け持ちの比率は?】
【メインと掛け持ちの比率は?】

掛け持ちしようと思った理由は?

理由のトップは「自分のためのお金が欲しかった」から。欲しい物を買ったり、海外旅行などが用途のよう。そのほかにも、「就活前に貯めておきたい」という生活目的や、「学生のうちにいろいろな経験を積みたい」など、社会経験を目的とした理由も。アルバイトはお金を稼ぐだけでなく、マナーが身に付いたり仲間ができたり、付加価値も多いもの。ぜひいろんなバイトにチャレンジしてみてくださいね。

【掛け持ちバイトを始めた最大の理由】
【掛け持ちバイトを始めた最大の理由】

【「掛け持ちしよう」と思った最大の理由を具体的に教えて】
・メインが閑散期だった為、暇な時間に稼ぎたかった(メイン:アパレル販売、掛け持ち:試飲・試食)
・留学するためのお金がいるから(メイン:ファストフード、掛け持ち:引っ越し)
・将来のために貯めたかった(メイン:塾講師、掛け持ち:事務作業(データ入力、事務補佐等))

・メインのバイトが夜からなので、昼間のバイトがしたかった(メイン:塾講師、掛け持ち:ファミレス、塾講師)
・就職活動が始まるので今までよりもお金が必要になると思ったから(メイン:試飲・試食、掛け持ち:試飲・試食、家電・携帯販売)
・大学院に進学するため蓄えておきたかったから(メイン:その他販売業、掛け持ち:イベントスタッフ)

・長期休みで時間ができたため。また、今年は、学業のほうが忙しくなるのでバイトをする時間を確保できなくなるとわかっていたから(メイン:コンビニ、掛け持ち:コンビニ、パチンコ)
・インターンの代わりにしたいと思った(メイン:居酒屋、掛け持ち:事務作業(データ入力、事務補佐等))
・子どもに関わるバイトを掛け持ちしたいと考えていたら、母校の中学校で学習支援員を募集していたから。(メイン:家庭教師、掛け持ち:学習支援員)

・もともとカフェでアルバイトをしていたが、教育にも興味があった。しかし大学の学部は教育関連ではないため、大学在学中のうちにしか経験できないと考え、掛け持ちをした。(メイン:塾講師、掛け持ち:カフェ)
・普段生活している環境とは違う所で働きたかったから。(メイン:事務作業(データ入力、事務補佐等)、掛け持ち:塾講師)
・様々な仕事をし、人と触れ合うことで世界を広げ、新たな知識を得たかった(メイン:上記以外の飲食店スタッフ、掛け持ち:スーパー、イベントスタッフ)