スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月11日

バイトやパートの募集広告にある「社保完備(社会保険完備)」の意味とは?

4_バイト 社会保険 完備
バイトやパートの募集の広告で「社保完備」という文字を目にしたことがあるだろうか。この記事では、「社会保険完備」についての内容や説明、また社会保険に入ることでどんなメリットがあるのかを解説しよう。

「社会保険」とは、「健康保険」や「雇用保険」等をひとまとめにしたもの

「社会保険」とは、社会保障制度の総称で「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」「労災保険」などをひとまとめにしたもの。バイトであっても、以下の条件を満たしていれば、社会保険に加入することができる。

①健康保険、厚生年金保険

健康保険・厚生年金保険の加入条件は、以下の(1)又は(2)のどちらかを満たしていることが必要となる。

(1)週20時間以上の勤務、年収106万円以上など5つの条件を満たしていること
以下の5基準を満たしていれば、健康保険・厚生年金保険加入の対象になる。

1.週の所定労働時間が20時間以上であること
2.賃金月額が月8.8万円(*)(年約106万円以上)であること
3.1年以上の使用されることが見込まれること
4.従業員501名以上(厚生年金の被保険者数)の勤務先で働いていること
5.学生でないこと(※夜間や定時制など、学生でも加入できる場合もある)

*以下は1ヶ月の賃金から除外できる。
・臨時に支払われる賃金や1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金(例:結婚手当、賞与等)
・時間外労働、休日労働および深夜労働に対して支払われる賃金(例:割増賃金等)
・最低賃金法で算入しないことを定める賃金(例:精皆勤手当、通勤手当、家族手当)

(2)1週間の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が、正社員の3/4以上であること
ただし、最初の雇用契約が2ヶ月以内の期間を定めている場合には、条件にあてはまっていでも加入できない。契約期間が2ヶ月を超えるか、超えることがわかった時点で加入できる。

②雇用保険

1週間の所定労働時間が20時間以上で、31日以上雇用される見込みがあること。
ただし、学業が本分である昼間学生は雇用保険に加入することができない

③労災保険

会社で労働者として使用されていること。

フリーターは社会保険に入っておいた方が安心!

学生や主婦など、家族の扶養に入っているなら、社会保険に入ることで保険料の負担が増えてしまうが、扶養から外れているフリーターの場合は、社会保険完備の企業に勤めたほうが安心といえるだろう。
親の扶養に入っていないフリーターは、勤務先の社会保険に入ることで、厚生年金に加入できるため、将来もらえる年金が手厚くなる。将来を考えると、社会保険に加入しておくほうが安心と言えるだろう。

学生が社会保険に入ると負担が増える

もし自分が学生で、親の社会保険の扶養に入っている場合は、健康保険料の自己負担はないが、年収130万円を超えてしまうと、健康保険の扶養から抜けなければならなくなる。また、年収が103万円を超えてしまうと所得税を払うことになり、年収100万円を超えると住民税が翌年に発生する。
20歳以上になると、国民年金に加入し、保険料は自己負担となるが、収入等によっては免除される場合もあるので役所に確認したい。

扶養に入っている主婦・主夫も、社会保険に入ると自己負担が増える

パートや短時間のアルバイトをしたい主婦や主夫の場合、配偶者の扶養家族であれば、健康保険だけでなく、国民年金の負担もない。年収が130万円以上になると配偶者の扶養を外れてしまい、勤務先で社会保険に加入できない方は、個々に健康保険や国民年金の支払い義務が生じてくるので、負担をさけるためには年収130万円未満に抑える必要がある。
また、パートやアルバイトの勤務先には、社会保険には加入せずに、扶養範囲内で勤務したい旨を伝えておくといいだろう。

社会保険加入の有無は慎重に選択しよう!

「社会保険完備」と聞くと、手当てがきちんとしていて入った方が良いように思えるかもしれないが、実際には、働く人の立場や状況によってメリット・デメリットが異なるため、社会保険に入ることで自分の負担がどうなるのかを把握しておこう。