スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月23日

西井 万理那(生ハムと焼うどん)インタビュー「夢を実現させるためには、“夢”だと思わないこと」【アイドルシゴト Vol.32】

西井万理那(生ハムと焼うどん)

毎週火曜日連載のアイドルシゴト。今回は、断食(活動休止)宣言をし、4月に活動休止前最終ライブを控える生ハムと焼うどんの西井万理那さんに、サードワンマンライブを終えてからの心境について聞きました。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

やることが多いバイトのほうが自分に合っていた

――前回のインタビューでバイトをいくつか経験しているとおっしゃっていましたが、はじめてバイトをしようと思ったキッカケは?

バイトをしている人がカッコいいって思ってたんですよ。Twitterとかでフォローしている人達が、「今日これからバイトだ」「3連勤で大変(涙)」みたいにつぶやいてて、学校行きつつも働いてるのがカッコいいって思った。私も同じようにつぶやきたいって(笑)。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

――最初のバイトはスーパーでしたよね、働いた感想は?

私、同じ場所にずっといるのが苦手なんですよ。そのスーパーではレジをずっと担当しないといけなくて大変だった。たぶん自分に合ってなかったんだと思う。
その後に働いたコンビニは、検品や品出し、あと唐揚げを作ったりとか、仕事がいっぱいあってすごく楽しかった。
でも飲み物を作る仕事は大変だった。種類が多かったから全然覚えられなくて、ずっとメモした紙を見ながらやってたよ。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

一体感を持ってファンと作り上げて行きたい

――前回のインタビューで男性アイドルグループが好きと伺いましたが、どんなところが好き?

TwitterとかSNSをやらないからだと思うんだけど、雲の上の存在みたいな感じかな。「本当に存在してるのかしら」って思ってる(笑)

西井万理那(生ハムと焼うどん)

――対して、生うどん(生ハムと焼うどんの略称)は、どんなアイドル像?

みんなでひとつになることかな。食いしん坊(生うどんのファン)と一緒に何かを作っていくのが楽しいなって思った。
生うどんのファンは、見返りを求めてない人が多くて純粋に応援してくれてるなって感じがする。以前他のアイドルのライブを見たとき、ヲタク(そのアイドルのファン)がMC中にずっと推しの名前を叫んだり、歌ってるときも自分の推しにしかコールしなかったりとか、あんまり楽しくなかった。生うどんのヲタクはコールも均等だし一体感があって、良いヲタクだなって思ってる。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

MC力をつけて活動の幅を広げていきたい

――最近はトークイベントなどを行われていますが、今後の西井さんはどんな活動をしていきたい?

グループでアイドルがやりたい。目指したいところはベビレ(ベイビーレイズJAPAN)なの。歌って踊って全力でステージをやって、ヲタクもあたたかく応援しているっていうのがやりたい。
今はトークイベントをやってるけど、ホントはYouTuberがやりたくて。でも今は生うどんだしもうちょっと後でいいかなって。

――最近のアイドルは個性として特技を持っている方が多いですが、もし持つならどんな特技を身につけたい?

私ガチめに何も特技がないの。今までいくつか趣味とかやってみたことはあるけど、どれもピンと来なかった。ずっと同じことをやれなくて、すごくハマったゲームでも途中で飽きちゃったりする(笑)。だからこれから見つけていければなって感じ。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

――番組やステージ上でのサービス精神は十分特技だと思いますが?

前初めて番組でロケに行ったときは、自分が回さないといけなかったからすごく追い込まれた。場を回せるのってかっこいいよね、テレビとか見てても最初は回せてなかった人がやっていくうちにだんだんできるようになっていくし。
もっと自分でも回せるようになりたい、今はMCができるようになるってのが目標かな。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

淡々とはできなかった断食発表

――前回のインタビューは3rdワンマンライブの直前でしたが、ライブの出来はどうだった?

全然ダメだったよ(笑)。だけど、普段はお客さんとしてしか行かない会場に、自分たちで立てたということだけで本当に嬉しかった。
でもそのときは楽しむ余裕なんてなく、次のセリフなんだっけとか暗転中に確認するのに必死で、最後の曲のときにやっと「あぁ、よかった!ここまで来れた!みんな来てくれているなぁ!」って思ったぐらい余裕はなかったけどね。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

――その後、代々木第一体育館や豊洲PITといったさらに大きな会場にも立つことができましたが、成長は感じる?

自分で成長したなとはあんまり思わないかな。悪い意味で変わってないって思う。
でも、サードワンマンのあとの方が活き活きやれてるとは思う。生うどんの断食は本当に悲しいし、もったいないなって思うけど、今まで自分の中で抱えてて言えなかったものが外に出せたから気持ちは楽になった。

――「断食」発表をした時の心境は?

最初は清竜人25をパロってギャグみたいにやろうと思ってたんだけど、だんだんその瞬間に近づくにつれて悲しくなってきたの。そこまでは淡々とやってたんだけど、今思うとなに淡々とやってるのかしらって思うぐらい。
2年しか活動してないにしてもめちゃめちゃ濃い2年だったからね、「さよなら」って気持ちになっちゃった。

西井万理那(生ハムと焼うどん)

夢を実現させるためには、“夢”だと思わないこと

――チームで何かを成功させるために必要なことは?

やっぱり相手を尊重して、思いやって、譲り合いの精神が大事かな。

西井万理那(生ハムと焼うどん)
――最後に、夢を実現させるために必要なことは?

私は小学校のころの卒業アルバムのときから実行してるんだけど、例えば「女優になりたい」って書かずに「女優になる」って書いたの。”夢“って言うと叶わないかもしれないって思っちゃうけど、”目標”としてそれになるって思ったらすぐ近くにあるように思えるし、なるって思えたらそれはもうなるんだよね。
小学校のころからアイドルになるって思ってたけど、アイドルって書くと周りにからかわれるから、女優って書いたけどね(笑)。

西井万理那(生ハムと焼うどん)西井 万理那(生ハムと焼うどん)インタビュー「小5のときコンサートに行って病んだ」【 アイドルシゴト Vol.8】

3rdワンマンライブ前の心境を語ってくれている西井さん。まさかこのときはこんなことが起こるとは…

東理沙 生うどん 生ハム 焼きうどん タウンワークマガジン東 理紗(生ハムと焼うどん)インタビュー「辛い時はファンや相方に救われた」【アイドルシゴト Vol.38】

断食目前の東さんにもインタビュー。活動休止前最終ライブを控えた今の気持ちや、曲作りエピソードなどについてお話しお聞きました。

▼その他のアイドルのインタビュー記事はコチラ▼
アイドルシゴト バナー
取材・文:SADD
撮影:曽我美芽(@mimeeeeeeeehttp://sogamine.com

 

LINEで最新記事をお知らせ!
『【インタビュー】アイドル』が更新されたらLINEでお知らせします