スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年12月27日

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
嫌いではないけれど、一緒にいるとなんとなく疲れる人って学校やバイト先にいませんか。そんな「疲れる人」といるときの対処法を『一緒にいると楽しい人、疲れる人』の著者であるエッセイスト・有川真由美さんにお聞きしました。

疲れる人のタイプは「気にしなさすぎ」か「気にしすぎ」

「疲れる人」のタイプは大きく2つに分かれます。それは「気にしなさすぎ」と「気にしすぎ」。この両極端なタイプは一緒にいると、なんとなく疲れを感じてしまう傾向があります。

特に気をつけたいのは「気にしなさすぎ」な人。気分屋だったり、自慢が多かったり、自己中心だったり。この手のタイプは自分の感情を抑えることができず、周りのことが見えにくい傾向があります。

バイト先や学校などでそんな“疲れる人”と一緒にいなくてはいけないとき、こんな対処法を試してみてください。

1.疲れる部分を意識しない。別のことに意識を向ける

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
たとえば気分屋や愚痴が多いなど、相手の疲れる言動を見たときは目をそらす。相手に対してネガティブな感情が出そうになったときは「バイトを真面目にやろう」「他の人と話そう」など別のことに意識を向けましょう。残念ながら、私たちは相手を変えることはできません。そうなると自分の意識を変えることが疲れる人を回避する一番、簡単な方法です。

2.疲れないところまで距離をとる。感情移入すると疲れが倍増

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
疲れる相手の顔が曇ったり、愚痴が出そうなときはさっと引くなど、相手の反応を察知して距離をとりましょう。優しい人だと「相手に悪いかな」と思うかもしれませんが、感情移入しすぎると疲れは倍増します。お互い無理せず“ほどほど”の距離感を保つことが、いい関係を続けるコツですよ。

3.先手を打って行動する。その場を離れるなど事前に行動を起こす

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
自慢が出そうなときは、先に自分から別の話を振ったり、気分屋の機嫌が悪くなってきたら「私、あっちの仕事手伝ってくる」などその場から離れるなど、事前に行動するのがオススメです。

4.話の流れを変える。ネガティブな話題はポジティブな話題で切り返す

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
楽しい空気に持っていきたいなら話の主導権を握りましょう。たとえばバイトで「私の仕事が多い」と不満モードな人には「それは頼りにされているからだよ!」とポジティブな返しをしたり、「この間、彼氏に鎌倉連れていってもらって~」と彼氏自慢が始まりそうなときは、「鎌倉だったら、あの店がいいよね」など別のキーワードに焦点を合わせるのも手です。

5.「嫌だ」を簡単に決めつけない。良し悪しの判断を放棄すると嫌悪感が薄らぐ

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
人は一度、「嫌だ」と思うと嫌なところばかり目につくものです。でも、疲れるけれどなんとなく憎めない人もいるはず。いい・悪いの判断を手放すと嫌悪感は薄らぎます。話がしつこい人は「忘れっぽいんだろう」とか、自慢がすぎる人は「自己アピールが必要な環境で育ってきたのかな」など背景を想像してみましょう。そうすると「しょうがない」という気持ちが出てきて嫌悪感が減るはずです。

まとめ:自分を責めず、スルーすることを覚えよう

会話しているだけで心がヘトヘト…、一緒にいると「疲れる人」を交わす5つの対処法 有川真由美
疲れる人の対処に困っている人は、優しく、考えすぎてしまう人が多いです。ただ、相手の性格や感情は私たちにはどうすることもできず、責任もないので、反応しなかったり距離をとることが一番。だから、自分を責めることはありません。大事なポイントだけ汲み取り、疲れる部分はスルーする。このテクニックだけで大分、ラクになるはずですよ。

■Profile
有川真由美さん

作家・写真家。多くの転職経験をいかし、働く女性のアドバイザーとして著書多数。また、世界各国を旅する旅作家でもある。著書に『一緒にいると、楽しい人、疲れる人』『質素であることは、自由であること~世界でいちばん質素な大統領夫人が教えてくれたこと』『感情に振りまわされないー働く女(ひと)のお金のルール』などがある。

■著書

一緒にいると楽しい人、疲れる人
1,296円(税込)
PHP研究所 刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4569838162

取材・文:中屋麻依子