スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年03月31日

大好き・シフト融通・学業を活かす|大学生の「自分に合ったバイト選び」

いよいよ新生活が始まり、アルバイトを始めたいと思っている新入生のみなさん、どんなことをしようか、どう選べばいいか迷っていませんか? 先輩たちに、それぞれのアルバイトの選び方を聞いてみました。

“大好きなこと”で選ぶ

大学2年 池田早希さん バイト:パン屋スタッフ

大学2年 池田早希さん/バイト:パン屋スタッフ

■パン好きならではの接客の工夫ができる
パンを焼くのが好きで、パン屋さんに憧れていたから、このバイトが決まった時は「やったー!」と思いました。初めてのバイトだったので最初は緊張したけれど、最近は慣れてきて、お客さまにおいしい食べ方を教えたり、焼きたてをすすめたり、パン好きならではの工夫をしています。「この前教えてもらったパンがおいしかったから、また買いに来たよ」なんて声をかけてもらえると、100種類以上もあるパンの名前や食べ方を覚えた甲斐があったと思いますね。また、敬語が身について、正しい言葉遣いができるようになったのもバイトのおかげです。

“シフトの融通”で選ぶ

大学2年 高尾健太さん バイト:ファミレスホール・キッチンスタッフ

大学2年 高尾健太さん/バイト:ファミレスホール・キッチンスタッフ

■授業や試験はもちろん仲間との予定も充実!
以前のバイト先でシフトの融通がきかなくて困ったことがあったので、シフトの自由度が高いことを最優先にバイトを選びました。大学があるときは週3回、夏休みで稼ぎたいときは週5回出勤とか、シフトの融通がきくバイトは、大学の授業がある日や試験前はもちろん、友だちとの予定も入れやすくて絶対オススメです! 今は、バイト代で友達と沖縄旅行に行く計画をしているので、コツコツ貯金をしています。目標があるとバイトがさらに楽しくなりますね。たくさんシフトに入れてもらって、早く行けるといいなあ!

“学業を活かす”で選ぶ

大学4年 福田圭祐さん バイト:プログラマー

大学4年 福田圭祐さん/バイト:プログラマー

■勉強したことがバイトに活きている
大学で勉強しているプログラミングの知識をバイトにも活かしたいと思い、この仕事を選びました。学校で習ったことが、実務ではどんなふうに使われているのか知ることができるのが、何よりうれしいですね。大学の講義内容もイメージしやすくなって、どんどん頭に入ってくるようになりました。パソコンさえあれば、どこでも仕事ができるのも僕には合っています。卒業後は研究職に就くか、エンジニアになるか……まだ迷っていますが、このバイトを通してプログラミングの基礎を学ぶことは、間違いなく自分の将来にプラスになると思います!

<みんなのコラムデータ>
自由時間が増え、行動範囲も広がる新入学生の時にバイトを始める人が66.5%。新生活で新しいことにチャレンジする人が多いよう。

自由時間が増え、行動範囲も広がる新入学生の時にバイトを始める人が約7割。新生活で新しいことにチャレンジする人が多いよう。

※アンケート実施期間:2014年2月20日〜21日。対象:バイトをしている大学生、短大生、専門学校生500人

※制作/アルタイル