スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年09月05日

【職種別】バイト初日の服装はどうするべき?コンビニ/居酒屋/アパレル編

【職種別】バイト初日の服装はどうするべき?コンビニ/居酒屋/アパレル編

バイトの初出勤日を控えて、何を着ていったらいいだろうと頭を抱えていないだろうか。適した服装は業種ごとに違ってくるため、どんなことに気をつけたらよいか確認していこう。

一般的に気をつけたいこと

清潔感がポイント

まず業種に関係なく、清潔感ある服装が大切だ。たとえお客様を相手にする接客業でなくても見た目の印象は大切にしたいもの。

同僚や上司に良い印象を持ってもらうためにも、服の汚れやしわには気をつけて、だらしない格好やルーズなスタイルは避けたほうが無難だ。

また、肌の露出が多い服も出勤着としてふさわしいとは言い難い。職種によってはノースリーブやサンダルはNGなことが多く、わからない場合は避けたほうがいいだろう。

面接時とのギャップがありすぎないように

面接時と出勤時であまりに見た目の印象が変わってしまうのも避けたいところ。

就業先は面接時の姿を見て採用しているので、面接のときとは黒髪だったのに出勤は金髪になっていた、などということがないように、面接時からのギャップを作らないように心がけたい。

バイト先で異なる初日の服装のポイントは?

学生に人気の飲食や販売のバイトではどんな服装がふさわしいだろうか。中でも人気のあるコンビニ、居酒屋、アパレルを例としてみてみよう。

コンビニ

動きやすい服装がおススメ

ほとんどのコンビには上着は制服があるので、出勤は普段着でいいだろう。ただしボトムには注意が必要。そのまま就業するので、パンツスタイルにスニーカーなど動きやすい服装がおススメだ。

居酒屋

他のスタッフと違和感のない服装を

制服がある居酒屋では上のコンビニと同じような服装でいいだろう。もし居酒屋で制服がない場合は、ほかのスタッフと比べて違和感のない服装を心がけたい。

営業中の店舗に行ったことがないなら、服装確認もかねて1度訪ねておいて損はない。

アパレル

お店のコンセプトに近い服装がベター

アパレルはスタップの着こなしが重要な業種なので、面接で服装について話題になることが多いものだ。特に話題に上らず、不安な場合は働くお店のコンセプトに近い服装がいいだろう。

もしそのお店で最近買った服があれば、それがなおベターだ。足元までおしゃれを忘れないように。

アパレルはスタッフ用の洋服の貸し出しがあるところもあるので、勤務先に聞いてみてもいいだろう。

まとめ

採用の通知をもらったときに、出社日と合わせて、当日の服装と、必要な持ち物を確認できれば、その後スムーズに運ぶだろう。もしその際に確認できず、不安であれば勤務先に聞いてみよう。電話で連絡する場合は、先方の忙しそうな時間を避けて連絡するのがマナーだ。