スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2015年09月22日

イベントスタッフの面接・説明会で聞かれる質問や服装マナー


熱気溢れるコンサート会場やスポーツイベント会場で、イベントを盛り上げる「イベントスタッフ」のバイト。短期で稼げるバイトで、長期休暇中に働きやすいことから学生を中心に人気です。ここではイベントスタッフの面接・説明会へ行く人ために、志望動機やよく聞かれる質問、服装や当日のマナーなどについて解説します。

志望動機の答え方

イベントスタッフのバイトは、派遣会社に登録して派遣されるものと、イベント会社に応募してそこが運営するイベントで働くもの、特定のイベントの募集に応募して働くものなど、さまざまな働き方があります。
派遣会社の登録制の場合は面接がないこともありますが、担当者と簡単な面談がある場合もあるので、志望動機やその他の質問には答えられるようにしておくといいでしょう。

イベントスタッフバイトの志望動機は、対象イベントのアーティストやコンテンツがどれだけ好きかという事より、スタッフとしてきちんと仕事をしていきたい姿勢をアピールするのがおすすめです。

<志望動機の回答例>
「部活などでもチームで目標に向けて頑張ることが好きで、色んな人と協力してイベントを作り上げる経験をしたいと思い、応募しました」

面接・説明会でよく聞かれる質問と回答例

志望動機以外にも、シフトや希望勤務地などについて聞かれることが多いので、事前に回答を用意しておくといいでしょう。

■良く聞かれる質問
・シフトの希望:週あたりの出勤日数、曜日、時間帯
・勤務希望地や通勤時間や手段
・勤務開始希望日
・バイト経験や掛け持ち状況
・趣味 など■自分から確認すると良いこと
・シフトや勤務日程をどう決めているのか
※随時イベントがあるバイト先の場合

シフトの希望の答え方

大規模なイベントは土日や長期休暇中に集中します。人手を求める仕事も土日に増えやすいため、土日に働けることはアピールポイントになります。
時間帯については終日勤務となるケースが多いです。ただし会場の設営・機材搬入などを深夜に行うイベントも多いため、深夜働けるスタッフは活躍の場が広がります。

<回答例>
「週に1日程度を希望します」
「普段は授業があるので土日のみ働けます。夏休み中は平日も大丈夫です」
「深夜勤務が可能なので、設営スタッフもできます」

勤務希望地や通勤手段の答え方

複数ある勤務地から、自分の好きな場所を選べるイベントバイトもあります。自宅や学校に近い場所を優先したい人は、どのエリアで働きたいのかを伝えましょう。交通費支給のところも多いので、おおよその住所や使う交通手段を答えるようにしましょう。

<回答例>
「自宅が○○なので、都内エリアでの勤務を希望します」
「家と学校の通学区間から通いやすい、新宿から横浜方面が働きやすいです」

勤務開始希望日、いつから働けるか

面接や説明会を終えたあと、いつ頃から働けるのか答える質問です。すぐに勤務したいときはその旨を伝えます。

<回答例>
「8月1日から働けます」
「明日からすぐに勤務できます」

バイト経験について

イベントスタッフの仕事は、チケットもぎり、会場案内、グッズ販売、会場設営、警備などと多岐にわたる内容です。過去に接客・販売系のバイトをした経験があればコミュニケーション力を活かせます。バイト初心者さんは、正直に未経験だと伝えて問題ありません。代わりに仕事に対する本気度を伝えましょう。

<回答例>
「去年まで、ファストフード店でレジと接客のアルバイトをしていました」
「アルバイトは初めてです。仕事は責任をもってやらせていただきます」

趣味について

面接担当者から「あなたの趣味は何ですか?」と聞かれる場合があります。イベントに関係する趣味をアピールし、アクティブさを印象づけましょう。ただし、特定のアーティストへの思いをアピールしすぎると、仕事に集中できなくなるのではないかと不安を抱かれる場合もあるので気をつけましょう。

<回答例>
「サッカーが好きで、フットサルサークルに入っています」
「音楽鑑賞が趣味です。音楽フェスやライブにもよく行きます」

イベントスタッフの面接・説明会の服装は私服でOK?

イベントスタッフの面接・説明会は「私服OK」がほとんどです。バイト当日には「動きやすい服装」と指示される場合もありますが、面接では襟付きシャツやコットンパンツなどの清潔感のある服装を選びましょう。大学生であれば、Tシャツやジーンズでも問題ありませんが、色や柄、ダメージなどのないきれいなもので行くようにしましょう。
髪型も、表情が見えるよう、前髪が目にかかったり、長い場合はまとめて行きましょう。髪の色や長さに関しては「髪型自由」となっている募集もありますが、イベント内容により「接客スタッフは染髪不可」等のルールが設けられているバイトもあるので説明会や面接の際に確認しておくといいでしょう。

あくまで仕事の面接になるので、好きなアーティストのTシャツに派手な茶髪、目立つアクセサリーなど、遊びに行く時のような服装は避けた方が無難です。

イベントスタッフの面接・説明会当日の流れ

面接当日は、履歴書や筆記用具などを持参して面接会場へと向かいます。会場に着いたら受付のスタッフに「14時からの面接(登録会)で伺いました○○です」等と声をかけましょう。その後案内されたら面接やバイトの説明を受けて終了です。

<トーク例>
「お忙しいところ失礼します。アルバイトの面接で伺いました○○と申します。(採用担当者)〇〇さんはいらっしゃいますか?」

短期バイトでイベントの裏側を知ることができ、大きなやりがいと様々な人との出会いも楽しめるイベントバイト。色々な場所で「自分の好きなこと」に触れたい人にぴったりのバイトで、まわりに自慢したくなるような貴重な体験をしたいですね。

▼イベントスタッフの関連記事
「イベントスタッフ」バイトってどんな仕事?
「イベントスタッフ」バイトのお得なところ
「イベントスタッフ」バイトのトホホ体験談

早速バイトを探してみよう