スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2017年03月03日

バイトの面接の持ち物、履歴書・筆記用具以外には何が必要?

タウンワークマガジン バイトの面接の持ち物、履歴書・筆記用具以外には何が必要?
アルバイトを始めるにあたって避けて通れない関門、それが「面接」です。面接では答える内容はもちろん、言葉遣いや態度、身だしなみもチェックされますが、「持ち物」も意外によく見られています。
本人の中身ではなく、持ち物でマイナス評価を受けたら損ですよね。
では、どんな持ち物なら評価を落とさず、自己アピールにつなげることができるのでしょうか。また、特に指定がない場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。
今回はバイトの面接を控えた人向けに、面接で必要な持ち物についてご紹介します。

【目次】
1. バイト面接当日に必要な持ち物
2. バイト面接当日にあると便利な持ち物
3. バイト面接で、持ち物に関する指示がなかったら?
4. バイト面接では持ち物でしっかり自己アピール!
5. 持ち物は人物像のひとつ。有効活用して面接を突破しよう

1. バイト面接当日に必要な持ち物

タウンワークマガジン バイトの面接の持ち物、履歴書・筆記用具以外には何が必要?
バイト面接に必要な持ち物とその理由を解説します。

履歴書

応募先によっては、事前に「履歴書不要」という連絡が来るケースもあります。しかし、不要といわれている場合でも念のために持参しておくと安心です。面接会場で面接シートなどに記入する場合でも、履歴書があれば、それを見ながら書くことができて便利です。

面接場所の地図や面接担当者の名前、連絡先などを記したメモ

面接に必要な情報は、事前に書き出しておくとスムーズです。送られてきたメールを見ようとする場合、アプリを起動して、目当てのメールを探し出すという作業は、切迫した状況下でうまくできないこともあります。スマホのメモ帳に打ち出しておく場合も、すぐに内容が見られるよう事前に準備しておきましょう。

面接で聞きたいことのメモ

面接の終わりにしばしば、「何か質問はありますか?」という面接官からの問いかけがあります。意欲を見せるためにも、何か前向きな質問をしておきたいところです。とはいえ、その場で質問を思いつくことは、容易ではありません。
それを防ぐためには、事前に質問を考えておくと安心です。送られてきた資料やメール、会社のWebサイトなどを見ながら、思いついた質問をあらかじめメモにまとめておきましょう。

筆記用具

面接当日は口頭での受け答えだけで終わるとは限りません。待ち時間に面接シートを書く場面や、バイト登録に必要な書類に記入する場合もあり、筆記用具が必要になることが多々あります。他の応募者や面接官に借りて“準備がちゃんとできていない人”という印象を与えないように、常に持参するようにしましょう。

スケジュール帳

面接が終わってその場で採用を告げられると、そのまま「いつから働くことができるか?」と聞かれることがあります。そうした場面にすぐ対処できるように、スケジュール帳を持参して、希望を伝えられるようにしておきましょう。

印鑑

面接終了後にそのまま雇用契約を結ぶ場合、書類に捺印を求められることがあります。もし本当にそのバイトをしたいなら、そうしたケースを想定して、いつでも契約書にサインできるよう印鑑を持参して備えましょう。

ICカード・現金

面接会場へ行く際、鉄道やバスを使う人は多いでしょう。普段は行かない地域に足を延ばすケースもあり、ICカードは多めにチャージしておきましょう。また、会場近くで忘れ物に気づいて買い物をしたり、アクシデントに見舞われたりすることも考えて、現金も多めに持参することをオススメします。

身分証明書

面接の前に本人確認が行われることもあります。その際に必要となるのが身分証明書です。大抵の場合は、顔写真付きの証明書を要求されるため、運転免許証や学生証を持ち物に加えておきましょう。

通帳・キャッシュカード

バイト登録書類の必要事項に「口座番号」という項目が記載されていることがあります。口座番号は普段から意識していない人が多く、何も見ないで書くことは難しいものです。そこですぐ参照できるよう、通帳やキャッシュカードなど口座番号がわかるものを持って行くと良いでしょう。

スマホ・携帯電話

余裕を持って面接会場に向かっていても、鉄道状況や不慮のアクシデントで面接時間に遅れてしまう可能性もあります。無断遅刻は社会人にとってタブー。そうした事態に備えて、担当者と連絡が取れるようスマホや携帯電話を持参しましょう。
しかし、面接中にうっかり着信音を鳴らしてマイナス評価を受けないために、会場に入る前にマナーモードにするか電源を切るようにしてください。

腕時計

最近は時計代わりにスマホや携帯電話を利用する人もいます。しかし面接の待ち時間などにスマホや携帯電話を操作していると、時間をつぶすために遊んでいると誤解されかねません。時間の確認は腕時計を利用しましょう。
ただし、面接中に腕時計を見る行為は失礼にあたるので注意してください。

NGな持ち物

・面接対策本
社員が近くにいないからといって、面接までの待ち時間などに面接対策本を読んでいる人はいませんか?
一見、熱心な印象を与えると思うかもしれませんが、「マニュアル通りの受け答えしか出来ない人」と思われてしまう場合もあります。面接対策本は自宅で読んで頭に叩き込んでおきましょう。

・派手なケースをつけたスマホ
見た目は落ち着いた色合いの服装でまとめているのに、とっさに取り出したスマホに派手なアクセサリーがたくさん付いていたりすると、「遊びにいく感覚で面接に来たのかな?」と思われてしまう恐れがあります。面接官によっては採用に不安を感じる人もいますので注意しましょう。

・面接に関係ないもの
面接の前後にプライベートな予定が入っている場合、荷物の管理に苦労します。しかし、部活の道具や、遊びに行くための私服の着替えなどを大きなバッグに入れて面接会場に持っていくのは避けましょう。面接官に対して、「片手間で面接に来たのでは?」と思われる可能性があります。プライベートな荷物は駅のロッカーなどにしまっておきましょう。

2. バイト面接当日にあると便利な持ち物

タウンワークマガジン バイトの面接の持ち物、履歴書・筆記用具以外には何が必要?
次に、面接に必須ではないものの、いざという時のために、あると便利な持ち物をご紹介します。

折り畳み傘

面接会場に向かう際、突然の雨に襲われる可能性もあります。しかし、その時点で降っていないのに、普通の傘を持って行くと、会場での置き場所に困ったり、邪魔になります。そんなとき、カバンに折り畳み傘を入れておくことで、突然の雨にも服や髪の毛が濡れずに済みます。

口臭予防グッズ

面接前にうっかり臭いの強いものを食べてしまった場合や、緊張して口内が渇くと口臭が出やすい人には、口臭予防グッズがオススメです。面接官とのやり取りの中で、口臭が気になって思うような受け答えができなかったり、面接官に悪い印象を与えないためにも、上がり症の人は特に口臭予防グッズを持参することをオススメします。

ハンカチ・ティッシュ

ハンカチがあれば、緊張による汗を拭いて外見の印象を整えることができますし、ティッシュを持っていれば、花粉症や風邪気味のときに鼻をかんで声の通りを良くすることができます。ポケットに入れておきましょう。

予備のストッキング

破れたり、伝線したままのストッキングで面接に臨むのは恥ずかしいだけでなく、だらしない印象を与えてしまいます。すぐはき替えられるよう予備のストッキングを準備しておきましょう。

雨風や汗、時間の経過などさまざまな要因で、身だしなみは崩れていきます。人と接する機会の多いバイトの場合、だらしない身なりでは大きく評価を落としてしまいますし、時には面接官から見て、やる気がないと受け取られることもあります。
誠実さややる気をしっかりアピールするためにも、鏡を使って身だしなみを確認しましょう。

ヘアケア用品

髪型を整えるためのアイテムとして、ワックスなどのヘアケア用品を使用している場合は、普段使っているものを用意しておくと良いでしょう。特に夏場は汗でヘアケア用品が落ちやすくなります。普段使いのヘアケア用品で髪型を整えてから面接に臨んでください。

3. バイトの面接で、持ち物に関する指示がなかったら?

タウンワークマガジン バイトの面接の持ち物、履歴書・筆記用具以外には何が必要?
バイトの応募先から来た面接の連絡メールや電話に持ち物に関する指示がない場合は、どうすればいいのでしょうか。具体的な例文と一緒にご紹介します。

手ぶらで面接に臨むのはNG

面接会場に手ぶらで現れたら、面接官はびっくりするでしょう。
必要な持ち物を用意するということは、当日の面接の展開を具体的に想像して準備することを意味します。
逆に言うと、手ぶらで面接に臨むということは、面接官に対して、「私は御社のバイト面接のために、何の準備もしていません」と暗に示しているようなものです。必要な持ち物をカバンに入れてから面接に臨みましょう。

指示がない場合は、問い合わせしてもOK

バイトの応募先から来た連絡の中に、具体的な持ち物の指定がない場合、まずは上記で説明した「バイト面接当日に必要な持ち物」を準備しましょう。
その上で、持ち物に関して不安があるようなら、直接問い合わせても問題ありません。
そこで、持ち物を問い合わせる際に使えるメールと電話での例文をご紹介します。

<メールでの問い合わせ>

【件名】求人面接への問い合わせ……(1)
【本文】◯◯株式会社 採用ご担当者様……(2)

前略
貴社のアルバイトに応募しております(所属)の(フルネーム)と申します。……(3)
面接日程のご連絡をいただきまして、ありがとうございます。……(4)
この度は、面接日当日の持ち物につきまして、確認させていただきたくご連絡しました。
貴社からのメールを拝見したところ、持ち物についての記載がありませんでした。
面接に際して、履歴書や印鑑など必要な物はございますでしょうか。
お忙しいところお手数をお掛けいたしますが、ご回答のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
草々

(所属)
氏名:(フルネーム)
連絡先:(住所・電話番号)
アドレス:(パソコン用のメールアドレス)……(5)

(1)件名は用件がひと目でわかるようにします。
(2)採用担当者の名前がわかる場合、宛名は「採用ご担当 ◯◯様」とします。
(3)まず挨拶と自分の身元を明らかにすることから書き出します。
(4)面接日程の連絡をいただいたお礼を忘れずに入れます。
(5)最後に署名を加えることで、連絡がとりやすくなります。

<電話での問い合わせ>

面接の電話がかかってきたケースを考えてみます。提示された面接日程を承諾した後に続けて、持ち物について問い合わせるには次のように聞きましょう。

応募者「はい、◯◯です。」

担当者「こんにちは。◯◯株式会社採用担当の◯◯と申します。今回はご応募いただいたアルバイトの面接日程について、お電話を差し上げました」

応募者「ご連絡ありがとうございます」……(1)

担当者(面接日程を告げる)

応募者「◯月◯日◯曜日の◯時からですね。承知いたしました。当日は履歴書のほかに持参するものはありますか」……(2)

担当者(必要な持ち物がある場合は、その場でメモをとる)

応募者「ありがとうございます。持ち物について、かしこまりました。当日はよろしくお願いいたします。それでは、失礼いたします」……(3)

(1)まずは電話のお礼を言います。
(2)日時や場所など、応募先から伝えられた情報は復唱するようにしましょう。また、持ち物を聞く場合、常識的な持ち物を自分から挙げたほうが、相手に伝わりやすくなります。
(3)質問への回答には必ずお礼を述べます。電話を切る際はいきなりではなく、「失礼いたします」の後に一拍おいてから切ると、失礼になりません。

4. バイトの面接では持ち物でしっかり自己アピール!

タウンワークマガジン バイトの面接の持ち物、履歴書・筆記用具以外には何が必要?
なぜ面接時の持ち物に気をつける必要があるのでしょうか。それは社会の一員として働く上で欠かせない2つの理由があります。

理由1:必要な持ち物が何かを考える力があることの証明になる

持ち物を過不足なくそろえて面接に臨むことは簡単そうに見えますが、実は意外に難しく、面接の場でどのような展開があるかを事前に考える必要があります。

例えば、バイト登録のための面接を想像してみてください。
面接の中で働き方の説明を受ける際、メモ帳が必要になります。そのためには筆記用具も欠かせません。また、面接を通過して登録までたどり着いた場合には、書類に捺印する印鑑や、身分証明書を求められるでしょう。さらに、その日の天気や体調を考えると、傘や胃薬も必要になるかもしれません。

このように、面接という場面を具体的に想像できなければ、必要な持ち物をそろえることはできません。そうした想像力が欠けている人は、働いていても気が利かなかったり、お客様のことを考えて行動するという力が劣っていると見なされてしまうかもしれません。

理由2:持ち物で「人となり」を判断されるおそれがある

この特徴はうまく活用すれば、面接官に対する自己アピールにもつながります。

具体例を挙げます。身だしなみや清潔感、さらには面接での受け答えも完璧な人がいるとします。しかし、その人は筆記用具を忘れて面接官に借り、さらに印鑑や身分証明書も忘れて、後日出直すことになってしまいました。
本来一度で済む手間を2日間に増やしただけでなく、その人のために再び時間や人を割かねばならなくなりました。会社側はその人を採用したいと考えるでしょうか。

一方で、持ち物の効果的な活用が、自分の欠点を補ってくれることもあります。
上がり症で面接の受け答えがなかなかうまくできない場合でも、筆記用具を出して、採用担当者が話すことをメモを取りながら面接に臨むことで、誠実でしっかりとした人物だという印象を与えることもできるのです。

つまり、持ち物ひとつで自分の評価がプラスにもマイナスにもなる可能性があるということです。

5. 持ち物は人物像のひとつ。有効活用して面接を突破しよう

面接の合否を左右しかねない持ち物についてご紹介しました。面接に必要な持ち物をしっかりそろえることは、どれだけその面接のために事前に考えて準備したかを素直に反映しています。つまり、持ち物によって、やる気や誠実さをアピールしたり、逆に評価を落とすきっかけにもなり得るということです。特に指定はなくても、手ぶらではなく、必要なものを準備して面接に臨みましょう。

 

▼こちらもチェック▼
たのしいバイト4コマ せきの【たのしいバイト4コマ】第15回「人気バイト面接」
ネットで話題の4コママンガ「たのしい4コマ」がタウンワークマガジンに登場!第15回目のテーマは「人気バイト面接」。
まめきちまめこ【ときどきバイト!? まめきちまめこの非日常】第17回「まめこ、初めての面接の思い出」
この連載は、WEB漫画「まめきちまめこ ニ〜トの日常!」のスピンオフ企画です。
亞さめ【漫画】バイト面接(作:亞さめ)
twitterで話題の漫画家・亞さめ氏の4コマ漫画がタウンワークマガジンに登場。狂気を秘めたシュールな世界観をお楽しみください。