スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年08月25日

バイト応募のメールはどう書く?メールのマナーと例文

バイト応募のメールはどう書く?メールのマナーと例文
メールでバイトに応募する機会も増えてきた。

普段ビジネスメールを出すような機会はない学生であれば、書き出しからどうするか悩むだろう。

その悩みを解消するため、バイト応募のメールについて、マナーを守ったメールの構成と例文を示そう。あわせてきちんと応募したのに返信がこない場合の対応やNG例も説明するので参考にしてほしい。

バイト応募メールを書く時に気を付けたいマナー

メールを書く前に、念頭に置いておきたいマナーは、
「敬語を使う」
「馴れ馴れしい表現は使わない」
「件名・内容ともにできるだけ簡潔に用件を伝える」の3点だ。

例えば、時候の挨拶など入れた方がいいかと迷うだろうが、バイト応募メールでは、丁寧過ぎる表現も相手に時間を取らせるので避けた方が無難。

バイト応募メールの構成と例文

マナーを守りつつ伝えたい事を簡潔にまとめるには、ある程度形に沿った構成が必要だ。
バイト応募メールの構成および例文を説明するので、各自必要な部分を補って活用してほしい。

構成

(1)件名:「【アルバイト応募】(学校名)(自分の氏名)」として、件名だけで差出人と要件が分かるようにする。メールの募集要項に指定があればそちらに従う。

(2)宛先:会社の正式名称と部署名までを1行目に、2行目には「採用ご担当者様」、または採用担当者の名前が分かる場合は○○様と書く。

(3)冒頭の挨拶:あくまでも簡潔に、自分のフルネームは必ず入れる。

(4)用件:バイト応募である事を簡潔に説明する。

(5)自己紹介:住所は省略しない事。電話番号とメールアドレスは、すぐに連絡がつくものにしよう。

(6)志望動機:自己PRも含めしっかりと書きたいが冗長にならないよう注意。

(7)
締めの挨拶:「よろしくお願いいたします。」で締めくくると印象が良い。

(8)
署名:(4)の自己紹介と似た内容だが省略せずに記述。

次に例文を見てみよう。

例文

【アルバイト応募】(学校名)(自分の氏名) (1)

○○株式会社 △△部 (2)
採用ご担当者様

初めてご連絡いたします。(自分の氏名)と申します。(3)
(自分の見た求人媒体名)にて御社の求人情報を拝見し、 (4)
(希望職種)のアルバイトに応募したくメールにて連絡差し上げました。

簡単ではありますが、自己紹介をさせて頂きます。
——-
名前:(自分の氏名) (5)
住所: (都道府県から略さず正確に書く)  
電話番号: (すぐに連絡が付く番号)
メールアドレス: (XXX@XXX.XX.jp)
職業: (○○大学○○学部在学)
——-
(志望動機と自己PR) (6)
お客様と接する仕事が好きで、先月まではファミリーレストランでホールスタッフのバイトをしていました。
キッチンの経験はありませんが、接客とレジ業務の経験はあります。
人と話しをすることが好きなので、これまでの経験とこの性格を活かすことができる仕事がしたいと思い応募いたしました。

以上です。何卒よろしくお願いいたします。(7)
————-
自分の氏名 (8)
住所: (都道府県から略さず正確に書く) 
電話番号 (自宅)XXX-XXX-XXXX (携帯)XXX-XXX-XXXX
メールアドレス:(XXX@XXX.XX.jp)
————-

メール送信時の最終チェックポイント

バイト応募メールを送信する前に、よくありがちなミスをなくしておきたい。送信直前に見直しておきたいポイントを列挙するので、問題ないか必ず確認しよう。

・メールアドレス間違い(送信先・自分のアドレス)
・誤字脱字
・冗長な文章
・顔文字や馴れ馴れしい言葉遣い

返信がこない場合の対処方法

バイト応募メールをきちんと送ったのに回答期日になっても返信がこない場合がある。

その時は、まずバイト先からの返信が迷惑メールとして振り分けられていないか確認し、電話連絡を入れて積極的に確認しよう。

まとめ

バイト応募メールは、マナーを守って必要な事を簡潔に伝える事が重要だ。今回説明したメールの構成は、バイト応募時だけではなく社会人になってからも役に立つので覚えておこう。

▼バイト面接のメールに返信するときのポイントをチェック!
アルバイト面接のメール返信マナーと例文