スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2014年03月28日

Q.バイト応募の電話の時間帯。朝早くや夜遅くは失礼?

A.基本は避けたほうが無難

バイトの面接の電話
「この時間しか電話できない!」ということもあるだろうが、基本的に早朝や深夜などは避けたほうがよい。仮に、夜遅く・朝早くやっているお店でも、採用担当者がいない場合があるからだ。昼の授業やサークル活動の合間を見て連絡を入れられるように時間を調整しよう。問い合わせの連絡ならば、10分~15分見ておけば十分だろう。

また、募集要項に「電話受付時間」が書かれていたら、その時間帯を守ること。
特に書かれていない場合は、業種ごとの「忙しい時間」を避けたほうがいい。
例えば飲食業なら、ランチタイムや夜の営業前の夕方から夜は大混雑。ピーク時には電話に出られないなど忙しくなることもある。

ちなみに、コンビニなど24時間営業のお店や会社などに対しても、夜中に連絡するのは控え、遅くとも午後9時くらいまでには電話するようにしよう。

バイト応募の電話に適した時間帯

■ コンビニ
・午前10時~午前11時頃
・午後2時~午後5時頃
通勤・通学時間や昼食や夕食の時間帯は避けましょう。

■ スーパー
・午後1時~午後4時頃
・午後7時~午後9時頃
昼食や夕食の買い物客が集中する時間帯は避けよう。

■ 居酒屋
・午後3時~午後6時頃
お客さんで賑わう午後6時以降は避けるようにしましょう。

■ ファミレス、カフェ
・午前9時~午前11時頃
・午後2時~午後5時頃
ランチやディナータイムの食事時間は避けよう。

▼業種別、バイト応募の電話を避けた方がいいピークの時間帯は?
スーパーやカフェ、カラオケなど職種によってバイト応募の電話の時間帯は変えるべき!?