スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2016年08月25日

バイト応募のメールはどう書く?メールのマナーと例文

バイト応募のメールはどう書く?メールのマナーと例文
バイトへの応募をメールでする必要がある場合、メールの書き出しや、本文の内容、絞めの言葉など、どう書けばいいか、普段ビジネスメールを出す機会がない学生は悩んでしまうかもしれません。
ここでは、バイト応募のメールの構成と例文と、応募後に返信がこなかった時のメールでの対応例も紹介します。

バイトの応募メールを書く際の基本マナー

きちんとしたメールで気を付けたいのは「最低限の敬語を使うこと」「件名・内容を完結にまとめること」です。
「拝啓 時下ますますご清栄のことと…」など時効の挨拶や、「頂きます…頂きます」の重複など、丁寧すぎる表現は、読みにくくなるので、シンプルな文章を心がけましょう。

バイト応募メールの構成と例文

マナーを守りながら伝えたい事を簡潔にまとめるためには、ある程度決まった構成に沿うのがおすすめです。基本的なバイト応募メールの構成および例文は以下になります。

【応募メールの例文】

【アルバイト応募】(学校名)(自分の氏名) (1)○○株式会社 △△部 (2)
採用ご担当者様

初めてご連絡いたします。(自分の氏名)と申します。(3)
(自分の見た求人媒体名)にて御社の求人情報を拝見し、 (4)
(希望職種)のアルバイトに応募したくご連絡いたしました。

簡単ではありますが、自己紹介をさせて頂きます。
——-
名前:(自分の氏名) (5)
住所: (都道府県から略さず正確に書く)
電話番号: (すぐに連絡が付く番号)
メールアドレス: (XXX@XXX.XX.jp)
職業: (○○大学○○学部在学)
——-
(志望動機と自己PR) (6)
お客様と接する仕事が好きで、先月まではファミリーレストランでホールスタッフのバイトをしていました。
キッチンの経験はありませんが、接客とレジ業務の経験はあります。
人と話しをすることが好きなので、これまでの経験とこの性格を活かすことができる仕事がしたいと思い応募いたしました。

以上です。
応募を受け付けてくださる場合は、今後の選考についてご返信頂けると幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。(7)
————-
自分の氏名 (8)
住所: (都道府県から略さず正確に書く)
電話番号 (自宅)XXX-XXX-XXXX (携帯)XXX-XXX-XXXX
メールアドレス:(XXX@XXX.XX.jp)
————-

【応募メールの構成要素の解説】

(1)件名:「【アルバイト応募】(学校名)(自分の氏名)」として、件名だけで差出人と要件が分かるようにします。メールの募集要項に指定があればそちらに従いましょう。

(2)宛先:会社の正式名称と部署名までを1行目に、2行目には「採用ご担当者様」、または採用担当者の名前が分かる場合は○○様と書きます。

(3)冒頭の挨拶:あくまでも簡潔に、自分のフルネームは必ず入れます。

(4)用件:バイト応募である事を簡潔に説明する内容を記入します。

(5)自己紹介:住所は省略しない事。電話番号とメールアドレスは、すぐに連絡がつくものにしましょう。

(6)志望動機:自己PRも含めしっかりと書きたいが長文にならないように。

(7)
締めの挨拶:「よろしくお願いいたします。」で締めくくると印象が良くなります。

(8)
署名:(4)の自己紹介と似た内容ですが省略せずに記述しましょう。

メール送信前の最終チェックポイント

応募メールを送信する前に、ミスがないか確認しておくことは重要です。送信直前に見直しておきたいポイントを列挙したので、問題がないか確認しておきましょう。

・送信先のメールアドレスが正しいか
・自分のメールアドレスが正しいか
・社名や相手の名前に間違いがないか
・誤字脱字がないか

返信がこない場合の対処方法

応募メールをきちんと送ったのに数日たっても返信がこない場合があります。まずは、バイト先からの返信が迷惑メールとして振り分けられていないか確認します。振り分けられていない場合は、応募先に電話で応募が受付けられているか連絡を入れて確認すると良いでしょう。

※2016年08月25日公開の記事を更新しました。

▼バイト面接のメールに返信するときのポイントをチェック!
アルバイト面接のメール返信マナーと例文

早速バイトを探してみよう