スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2022年08月17日

バイトは複数応募しても問題ない? 複数応募する場合のスケジュールの組み方、保留、辞退の伝え方

バイト アルバイト パート 応募 複数 同時 タウンワークマガジン
良さそうなアルバイトが複数見つかった場合、同時に複数応募して良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。ここでは、バイトやパート探しで複数応募をしても問題ないのか、また、複数応募する際のスケジュールの組み方やトラブルを起こさない進め方をご紹介します。

バイトの複数応募は問題ない

アルバイトやパートの求人に並行して複数応募することは問題ありません。複数応募する際は、内定の返事を待ってもらう可能性があるので、応募先同士の優先度を考えたスケジュール調整ができると良いです。第一志望が決まっている場合は、志望度の高い順に面接日程の調整ができると理想です。決まっていない場合は、面接日をなるべく固めて調整できるとスムーズに進めやすいです。

面接の際、複数応募していることは必ずしも伝える必要はありません。ただし、応募先から聞かれた場合や、内定の連絡が他の選考と被りそうな場合は、他にも応募している先があることを伝えましょう。

バイトの複数応募のメリット・デメリット

複数応募のメリット

・早く決まる確率が高くなる
・面接を通して応募先を比較検討できる
・面接に慣れることができる

応募するバイト先が多ければ多いほど、早くどこかに採用される確率は高まります。また、面接を短期間で複数行うことで、面接に慣れ、応募先企業や店舗の特徴を比較・検討できます。アルバイト経験が浅くても自分にあったアルバイトが見つけやすくなることでしょう。

複数応募のデメリット

・面接の日程調整が難しい
・辞退する際は連絡が必要
・他の合否結果を待ってもらえないことがある

複数応募する場合、思った通りに面接日程を調整するのが難しことも多いので、内定の返事を待ってもらう必要があるのか等を把握することが大切です。それでも、応募先によっては返事を待ってもらえないこともあるため、そこを承知の上で進めることが必要です。

内定の返答を保留したい時の伝え方

内定後に返答を保留したい場合は、他にも面接を受けているので待ってほしいことを丁寧に伝えましょう。

<伝え方の例文>
「内定のご連絡ありがとうございます。実は、他にも面接を受けており、〇日まで返答を待っていただくことは可能でしょうか?」

ポイントは、いつまでに返答するか明確に伝えることです。ただし、バイト・パート先によっては保留してもらえないケースもあります。そのため、連絡する際は、あらかじめ辞退するのか、内定を承諾するのか、事前に決めておくのが良いです。即答できない場合は、相手が待てる所までに、改めて連絡させてもらえるかを確認すると良いでしょう。

内定を辞退する時の断り方

他の志望先に受かり、他の応募先の内定を辞退する際は、なるべく早く連絡することが大切です。連絡方法は、内定を貰ったのがメールならメール、電話なら電話で伝えます。メールで1日経っても返信が来ない場合は、電話で改めて連絡しましょう。

<伝え方例文>
「アルバイトの採用内定を頂いた〇〇と申します。返事を待って頂いた中で大変恐縮ですが、他のアルバイト先で働くことを決めたため、今回は辞退させてください。お時間を取って頂いたにも関わらず申し訳ありません」

断る理由は必ずしも伝える必要はありませんが、聞かれることもあるので、「他のところに決めた」「家庭の事情が変わった」「シフトなどの条件面で難しいと感じた」など、すぐに答えられるよう理由を整理しておくと良いでしょう。

※初回公開2019年7月1日を更新しました。

早速バイトを探してみよう