スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2021年04月14日

バイト応募の電話をしたら「担当者不在」と言われた時の対処法

求人 問い合わせ 電話 タウンワーク townwork
アルバイトの応募で電話をしたとき、担当者が不在だっというケースは珍しくありません。その際の適切な対応方法や、正しいトークマナーなどを解説します。

担当者が不在だったときのトーク例

応募の電話をして担当者が不在だった場合は、担当者の戻り時間を確認して、改めて連絡することを伝えます。

戻り時間を確認する場合のトーク例

(自分)「アルバイトの求人を見てお電話をさせていただきました○○と申します。採用のご担当者はいらっしゃいますか?」

(応募先)「あいにくですが、今担当者が不在にしておりまして・・・・・・」(自分)「そうですか。何時ごろお戻りになりますか」

(応募先)「予定では18時戻りとなっております」

(自分)「ありがとうございます。それでは18時以降にお電話いたします。失礼いたします」

(相手が電話を切ってから自分も切る)

いつ戻るか分からないという返事だった場合のトーク例

(応募先)「いつ戻るか分かりません」

(自分)「そうですか。では、後日改めてご連絡いたします。どうぞよろしくお願いいたします」

(相手が電話を切ってから自分も切る)

担当者につながりやすい時間帯

基本は、募集要項に記載してある受付時間に電話をします。その中でもバイト先ごとに繋がりやすい時間帯を紹介します。

コンビニ・スーパーなどの電話しやすい時間
通勤通学時間の後 10:00〜11:00
夕食の買い出しや学生の帰宅ラッシュ前 14:00〜16:00
ファミレスなど飲食店の電話しやすい時間
ランチタイム後からディナータイム前 14:00~17:00
一般企業の電話しやすい時間
始業開始2時間後からランチタイム前 11:00~12:00
ランチタイム後から終業1時間程度前 13:00〜17:00

まとめ

採用担当者はバイト採用以外の業務を行なっているので、タイミングが合わないことはよくあることです。今回紹介した正しい手順と時間帯を考慮して、応募の連絡をしましょう。

※2014年10月1日公開の記事を更新しました。

早速バイトを探してみよう