スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年09月18日

【在職中の履歴書の書き方】「現在に至る」「以上」「退職予定日」はどう書く?

履歴書イメージ現在就業中の職歴を履歴書に書く際、「現在に至る」「在職中」「以上」の位置や、退職予定日がわかっている場合の書き方など、記入例とともに紹介します。

「現在に至る」と「以上」の書き方見本

在職中に転職活動をしている場合、現在の勤務先への入社歴や所属部署・担当業務を記入し、改行して「現在に至る」または「在職中」と書きます。
さらに、その下の行の右端に「以上」と書くのが基本です。

履歴書 現在に至る 以上の見本

職歴が多くて行数が足りない場合は、「現在に至る」と「以上」を同じ行にまとめることもできます。一行に書くときは、「現在に至る」を左端、「以上」を右端に記入します。

履歴書 現在に至る 以上の1行見本

退職予定日がわかっている場合は?

職歴の「現在に至る」のあとにカッコ書きで「〇〇年〇月〇日退職予定」と書きます。または、履歴書の本人希望欄に記入しても問題ありません。さらに就業可能な日程もわかるときは、続けて「〇〇年〇月〇日より就業可能」と付記してもよいでしょう。

退職予定日の書き方見本

なお、在職中の場合は、本人希望記入欄に連絡の取りやすい時間帯を書いておくと、採用担当者が連絡する時間の目安になります。

退職予定日の本人希望欄の書き方見本

退職予定日、就業可能日が明確でない場合は書かない

退職予定日、就業可能日は、採用担当者が採用スケジュールを組むときの大切な情報になります。そのため、記入する場合は日程が確実に決まっていることが条件です。在職中の会社と退職日を相談中、または変更の可能性が少しでもあるなら書くのは避けましょう。

本人希望欄に書いた方がいいこと、書かない方がいいこと

早速バイトを探してみよう