スマートフォン用サイトを表示

アルバイトや転職に役立つ情報が満載!最新のお仕事ニュースなら【タウンワークマガジン】

2019年09月18日

【履歴書の日付はいつ】書いた日?送る日?面接当日?

履歴書 日付 いつ タウンワーク townwork
履歴書の日付をいつにするかは、郵送やメール提出、面接当日の持参など、提出方法によって異なります。ここでは、それぞれの日付の書き方、郵送での封筒や添え状の日付、西暦?和暦?などの年号表記も含め、日付の書き方の基本マナーを解説します。

郵送は投函日、持参は面接当日、メールは送信日を書く

履歴書に記入する日付は「書いた日」ではありません。面接日に直接持っていく場合は面接日の日付、郵送する場合はポストや郵便局での投函日、メールで送る場合には送信日を記入します。履歴書(や職務経歴書)は、応募先企業に自分の最新状況を伝える意味があるので、先方へ提出する日を書くのが基本です。

年号は西暦でも和暦でもOK

年号表記は西暦(例:2019年)でも和暦(例:令和元年)でもOKです。履歴書の他の項目含めてどちらかに統一するようにしましょう。

他の応募書類や封筒も、履歴書の日付と統一する

転職の場合、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められることが多いです。その際は、履歴書と職務経歴書の日付は同じものを記入します。また、郵送時に入れる送付状(添え状)や、封筒の裏面に日付を記入する際も、履歴書の日付と揃えましょう。
一日で全ての書類を用意できないときは、日付欄は空白にしておき、最後にまとめて記入すると安心です。

日付を書き間違えてしまったら?

日付に限らず、履歴書の書き間違えを修正液や修正ペン、修正テープなどで直さないのが基本的なマナーです。数日ずれる分には、致命的なミスではありません。気になるほどの間違いの場合は、最初から書き直すことをおすすめします。

早速バイトを探してみよう